映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・パトリコラ

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1947年 まで合計8映画作品)

1947年

アメリカ交響楽

  • 1947年3月公開
  • 出演

「ステイト・フェア」「バッド・ガール」等の脚色者ソニア・レヴィーンの原作を小説家ハワード・コッホとエリオット・ポウルの二人が脚色し、「小麦は緑」「情熱の航路」のアーヴィング・ラバーが監督したアメリカン・ジャズの作曲家ジョージ・ガーシュインの伝記映画。撮影は「ゴールド・ディガース」「フットライト・パレード」のソル・ポリートが担当した。主演者はいずれもわが国に初めて紹介される新進であるが、「ジャズ王」ポール・ホワイトマン、人気歌手アル・ジョルソン、黒人歌手ヘイズル・スカット、ピアニスト兼俳優のオスカー・レヴァント、芸能界の大立者ジョージ・ホワイトらがそれぞれ自分自身の役で特別出演している。1945年度製作。

監督
アーヴィング・ラパー
出演キャスト
ロバート・アルダ ジョーン・レスリー アレクシス・スミス チャールズ・コバーン
1930年

夫なき妻

  • 1930年当年公開
  • 出演(Eddie_Calcio 役)

「サラアと其の子」「医者の秘密」のルース・チャッタートン嬢と「シャーロック・ホームズ(1929)」「桃色の盗賊」のクライヴ・ブルック氏とが共演する映画で、ガヴァナー・モリス氏の原作による小説より「サラアと其の子」のゾー・エイキンス女史と「恋愛運動場」「ウォール街の狼」のドリス・アンダーソン女史とが脚色し、「サラアと其の子」「底抜け騒ぎ」のドロシー・アーズナー女史が監督したもの。助演者として「若き翼」「桃色の盗賊」のポール・ルーカス氏、「恋愛運動場」のハントリー・ゴードン氏、ヴァージニア・ハモンド嬢、トム・パトリコラ氏、セシル・カニンガム嬢その他が出演、キャメラは「命を賭ける男(1930)」「アパートの殺人」のチャールズ・ラング氏が担任している。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
ルース・チャッタートン クライヴ・ブルック ポール・ルーカス ハントリー・ゴードン

三人姉妹(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Tony 役)

ジョージ・ブルックスと「キャバレーの秘話」「クリスティナ」のマリオン・オースとが合作したストーリーからジョージ・ブルックスと「黒時計連隊」のジェームズ・マクギネスとが脚色し、「ディキシー歌舞曲」「ダニューブ河の漣」のポール・H・スローンが監督したもので撮影は「鉄骨エロ騒動」「心許すな殿方に」のL・ウィリアム・オコンネル。主なる出演者は「母ぞよく知る」「キャバレーの秘話」のルイズ・ドレッサー、「最後の一人」のケネス・マッケンナ、「最敬礼」「友愛天国」のジョイス・コンプトン、「ハッピイ・デイス」「南海の薔薇」のトム・パトリコア、アディー・マックフォールなどである。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー トム・パトリコラ ケネス・マッケンナ ジョイス・コンプトン

ワン・マッド・キス

  • 1930年当年公開
  • 出演(Paco 役)

アドルト・ポールの原作を「摩天楼の悲劇」のダドリー・ニコルズが脚色し、「ハリウッド結婚」のマーセル・シルヴィーが監督した映画で主演者は米歌劇界に知られたドン・ジョーセ・モジカ。助演者として「アリゾナ怪盗異聞」のモナ・マリス、「山の覇者」のアトニオ・モレノ、トム・パトリコラが出演、カメラは「友愛天国」のチャールズ・ヴァン・エンジャーが担当している。

監督
マーセル・シルヴァー
出演キャスト
ジョーセ・モジカ モナ・マリス アントニオ・モレノ トム・パトリコラ
1929年

踊るカレッジ

  • 1929年当年公開
  • 出演(Hannibal 役)

フレセリック・ハヅリット・プレナン及びジャック・マック・エドワード両氏合作の原作を「輝く天国」「離婚結婚」のジェームズ・ティンリング氏が監督した全発声の歌舞曲映画で、俳優には「サモアの花」「モダン出世鏡」のロイス・モーラン嬢、「化物行進曲」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ嬢、「青空」のウィリアム・オーラモンド氏、デーヴィット・パーシー氏、エリザベス・パタスン嬢、デューク・モリソン氏等が出演している。キャメラは「極北恋の滑走」「紅の踊」のチャールズ・パーシー氏担当。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
ロイス・モラン デイヴィッド・パーシー ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ ウィリアム・オーラモンド

南海の薔薇

  • 1929年当年公開
  • 出演(Willie_Gump 役)

かつて「ロッキーの薔薇」に出演した舞台スターのレノア・ウルリック嬢が主役を演ずる映画で、トム・カッシング氏作の舞台劇「ラ・グリンガ」に基いて「我が心の歌(1930)」「巴里見るべし」のソニア・レヴィーン女史が脚色し、「鐵假面」「遥かなる叫び」「悲恋の楽聖」等をものしたアラン・ドワン氏が監督し、「女の一生」「三週間」「アビーの白薔薇」のハロルド・ロッソン氏が撮影した。助演者は「砂漠の生霊」のチャールズ・ビックフォード氏、「最後の一人」のケネス・マッケンナ氏、「我が心の歌(1930)」のJ・ファーレル・マクドナルド氏「踊るカレッジ」のエリザベス・パターソン嬢、「ハッピイ・デイス」のトム・パトリコラ氏及びジョージ・マクファーレーン氏、イルカ・チェイス嬢、ダフネ・ポラード嬢、かつてスターたりしシャーロット・ウォーカー嬢、エミール・ショータール氏等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ルノアー・ウルリック チャールス・ビックフォード ケネス・マッケンナ J・ファーレル・マクドナルド

氷原の情炎

  • 1929年当年公開
  • 出演(Dancer 役)

「南海の薔薇」「鉄仮面」「世話女房」等のアラン・ドワンの監督に成るもの。エリオット・レスターの舞台劇をば、「老番人」「幸運の星」等のソニア・レヴィーンが脚色し「氷に閉ざされて」等のオーウェン・デイヴィスが台詞を受け持っている。「紐育の波止場」「女の一生」「アビーの白薔薇」等のハロルド・ロッソンが撮影を担当している。俳優は、ベラスコ門下のレノア・ウルリックが第1回のトーキー主演であり、「沙漠颪(1926)」「ドレーク事件」等のロバート・フレイザーと、「ソレルとその子」「テムペスト(1928)」「西部戦線異状なし」等のルイス・ウォルハイムとが助演する。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ルノアー・ウルリック ロバート・フレイザー ルイス・ウォルハイム ウルリッヒ・ハウプト

ホリウッド結婚

  • 1929年当年公開
  • 出演(Mahai 役)

トーキー・オペレッタとして特に書卸されたもので、レオポールド・ジャコブソン氏ブルーノ・ハート・ウォードゥン氏及びハーラン・トンプソン氏が原作を書き、トンプスン氏が歌詞を他の2者が台本を執筆し、「ムービートーン・フォーリス」のレヴュー場面を監督したマーセル・シルヴァー氏が監督した。歌曲はオスカー・ストラウス氏、デーヴ・スタンパー氏、アーサー・ケイ氏が分担し、歌舞場面はエドワード・ロイス氏が指揮した。撮影は「ムービートーン・フォーリス」「踊るカレッヂ」のチャールズ・ヴァン・エンジャー氏がソル・ホルペリン氏と共同担任している。主役はブロードウェイの人気俳優J・ハロルド・マレイ氏とノーマ・テリス嬢が勤め、「浮気発散」のウォルター・カトレット氏、「ツエッペリン倫敦襲撃」のジョン・ギャリック氏、匈牙利から来た舞台女優アイリーン・パラスティー嬢、トム・パトリコラ氏、「藪睨みの世界」のレイラ・カーネリー嬢、レノックス・ポール氏、イヴリン・ホール嬢等が助演している。

監督
マーセル・シルヴァー
出演キャスト
J・ハロルド・マレイ ノーマ・テリス ウォルター・カトレット アイリーン・パラスティー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・パトリコラ