映画-Movie Walker > 人物を探す > リザ・クロイツァー

年代別 映画作品( 1977年 ~ 1993年 まで合計4映画作品)

1993年

傷ついた男

  • 1993年11月20日(土)公開
  • 出演(Elisabeth 役)

野性的で危険な雰囲気を漂わせる男に思いを寄せる、繊細で孤独な青年の危険な“恋”の物語。「ラスト・オブ・モヒカン」などの出演作や「蘭の肉体」などの監督作で知られるパトリス・シェローが、当初予定されていたジャン・ジュネの「泥棒日記」の映画化を断念した末に、その精神を生かしたオリジナル企画に変更。小説「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」で知られ、九一年にエイズで死去した作家・写真家のエルヴェ・ギベールと共同で脚本を執筆し、監督を手がけた。製作は「愛と宿命の泉」などの監督として知られるクロード・ベリ。撮影は一連のダニエル・シュミット作品や「満月の夜」のレナート・ベルタ。音楽はフィオレンツォ・カルピが担当。主演は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のジャン・ユーグ・アングラード。共演は「季節のはざまで」のヴィットリオ・メッゾジョルノ(フランス語の吹き替えは「グリーン・カード」のジェラール・ドパルデュー)、「髪結いの亭主」のローラン・ベルタンら。「ポンヌフの恋人」のドニ・ラヴァンが脇役で出演。

監督
パトリス・シェロー
出演キャスト
ジャン・ユーグ・アングラード ヴィットリオ・メッゾジョルノ ジェラール・ドパルデュー ローラン・ベルタン
1988年

都会のアリス

  • 1988年11月19日(土)公開
  • 出演(Lisa 役)

旅行記を書くために旅に出た青年作家と、彼が偶然出あった9歳の少女アリスとの触れ合いを描く。製作はヨアヒム・フォン・メンゲルスハオゼン、監督・脚本は「ベルリン・天使の詩」のヴィム・ヴェンダース、脚本協力はファイト・フォン・フェルステンベルク、撮影はロビー・ミュラー、音楽はCANが担当。出演はリュディガー・フォーグラー、イエラ・ロットレンダーほか。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
リュディガー・フォーグラー イエラ・ロットレンダー リザ・クロイツァー エッダ・ケッヒェル
1977年

アメリカの友人

  • 1977年10月11日(火)公開
  • 出演(Marianne Zimmermann 役)

完全犯罪を企むトム・リプレーが、思わぬ友情のはざまで揺れ動く姿を描く。製作はミハエル・ヴィーデマンとピエルー・コトレル。パトリシア・ハイスミスの原作をもとに「パリ、テキサス」のヴィム・ヴェンダースが監督・脚本を手掛ける。撮影はロビー・ミュラー、音楽はユルゲン・クニーパー、編集はペーター・プルツィゴッダが担当。出演はデニス・ホッパー、ブルーノ・ガンツほか。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
デニス・ホッパー ブルーノ・ガンツ リザ・クロイツァー ジェラール・ブラン

さすらい(1975)

  • 1977年1月26日(水)公開
  • 出演

さりげない男の旅を通じ、人の生きざまを描く。'74年度カンヌ国際映画祭国際映画批評家連盟賞受賞作品。監督・脚本は'45年生まれで映画評論家を至て本作品が10作目のヴィム・ヴェンダース、撮影はロビー・ミュラー、音楽はインプルブド・サウンドが各々担当。出演はリュディガー・フォーグラー、ハンス・ジッヒラー、リザ・クロイツァーなど。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
リュディガー・フォーグラー ハンス・ジッヒラー リザ・クロイツァー ルドルフ・シュンドラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リザ・クロイツァー