TOP > 映画監督・俳優を探す > ウォン・ウィンハン

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2006年 まで合計20映画作品)

2006年

THE MYTH 神話

  • 2006年3月18日(土)
  • 撮影監督

人気アクション・スター、ジャッキー・チェンの主演最新作。21世紀の現代と、秦が世を支配する2200年前という2つの時代の物語が複雑に絡みあう壮大なるラブ・ストーリーだ。

監督
スタンリー・トン
出演キャスト
ジャッキー・チェン キム・ヒソン チェ・ミンス レオン・カーフェイ
2003年

ブルー・エンカウンター

  • 2003年6月7日(土)
  • 撮影

香港のSF作家、ニー・クァンの人気シリーズ小説を映画化。国連上級職員と美しいエイリアンとの恋を軸に、彼女を追うFBI、凶悪な異星人たちとの三つ巴の死闘が展開する!

監督
アンドリュー・ラウ
出演キャスト
アンディ・ラウ ロザムンド・クァン スー・チー アルメン・ウォン
2000年

喜劇王

  • 2000年5月20日(土)
  • 撮影

 99年香港映画興業成績第1位に輝いた痛快コメディ。スターを目指す男のドタバタ騒動を、名作映画のパロディをタップリと盛り込みながら、笑いと涙でつづる爆笑作だ。

監督
リー・リクチ チャウ・シンチー
出演キャスト
チャウ・シンチー セシリア・チャン ン・マンタ カレン・モク

ホーク B計画

  • 2000年9月30日(土)
  • 撮影

 題材のせいで、日本公開が見送られていた傑作アクションがついに公開。街頭での大量車両爆破など、香港映画界ならではのパワーを満載した、凄まじい見せ場が連発!

監督
ブルース・ロウ
出演キャスト
澤田謙也 スー・チー チャン・チーラム テレサ・リー
1996年

DEAD HEAT デッドヒート(1995)

  • 1996年3月2日(土)
  • 撮影

香港映画界最高のアクション・スター、ジャッキー・チェン主演によるカー・アクション快作。監督は『フィスト・オブ・レジェンド/怒りの鉄拳』(V)のゴードン・チャン。スタント指導はジャッキーの盟友の「カンフー・カルト・マスター」のサモ・ハン・キンポー。共演は「月夜の願い」のアニタ・ユン、ドイツの新鋭トースティン・ニッケル、「男たちの挽歌4」のマイケル・ウォンとロー・ホイクゥンほか。また日本から加山雄三らが参加。オリジナルは110分。

監督
ゴードン・チャン
出演キャスト
ジャッキー・チェン アニタ・ユン トースティン・ニッケル 加山雄三

マッド・モンク 魔界ドラゴンファイター

  • 1996年11月16日(土)
  • 撮影

道を誤った人間を改心させようと奮戦する天界の神の姿を描いたコメディ・ファンタジー。主演は90年代香港最高のコメディアン、「チャイニーズ・オデッセイ」のチャウ・シンチーで、同作でも組んだ名コンビ、ン・マンタが脇を固める。監督は「城市特警」のジョニー・トウ。共演は『ワンダー・ガールズ/東方三侠』(V)のマギー・チャンほか。

監督
ジョニー・トー
出演キャスト
チャウ・シンチー マギー・チャン ン・マンタ アンソニー・ウォン
1995年

大陸英雄伝

  • 1995年11月11日(土)
  • 撮影

かつて“殺人王”と呼ばれた過去を持つ男が、運命のいたずらで再び流血の世界へと戻るまでを描くアクションロマン。主演は“亜州影帝”こと香港一の大スター、「ゴッド・ギャンブラー 完結編」のチョウ・ユンファで、「男たちの挽歌」シリーズでコンビを組んだ、ジョン・ウーの製作のもと、今回は原案にも名を連ねた。監督・脚本・原案(ユンファと共同)はテレビ界出身で、映画は『アンディ・ラウ/獅子よ眠れ』(V)の脚本をつとめたワイ・カーファイで、本作が監督デビュー作となった。撮影は「ドラゴン・イン新龍門客棧」のウォン・ウィンハン、音楽はウォン・カーチンとヘルシー・プーン、美術は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のユー・チュンマンと「恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS」のヤウ・ワンミン、編集は「悪漢探偵」のトニー・チョウと「君さえいれば 金枝玉葉」のチャン・キーポップ、アクション指導は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのマ・ヨクシン、衣装は「君さえいれば 金枝玉葉」のン・リローがそれぞれ担当。共演は「風の輝く朝に」「野獣特捜隊」のイップ・トン、「ラスト・ブラッド 修羅を追え」のチン・ホウのほか、「ゴッド・ギャンブラー 完結編」「恋人たちの食卓」のン・シンリンが友情出演。

監督
ワイ・カーファイ
出演キャスト
チョウ・ユンファ イップ・トン チン・ホウ ラウ・シュン

ゴッド・ギャンブラー 完結編

  • 1995年3月4日(土)
  • 撮影

“亜州影帝”ことチョウ・ユンファ主演、バリー・ウォン監督のギャンブル・アクション「ゴッド・ギャンブラー」(90)の続編。前作は香港で大ヒットし、アンディ・ラウ主演の『ゴッド・ギャンブラーII』(V)、チャウ・シンチー主演の『ゴッド・ギャンブラー3』(V)をはじめ数々の番外編や亜流を生んだが、正統な続編は本作のみ。94年のクリスマス・シーズンに公開され、5000万HKドル以上の興収を記録した。監督・脚本は「ゴッド・ギャンブラー」「シティハンター」などで、笑いとアクション豊かな演出を披露したバリー・ウォン。製作は「愛と復讐の挽歌」「ゴッド・ギャンブラー」のジミー・ヒョン、撮影は「男たちの挽歌」のウォン・ウィンハン、音楽は「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」のローウェル・ロー、美術はジェーソン・マク、特殊効果はティン・ユンタイとタン・ワイヨクがそれぞれ担当。共演は「愛人 ラマン」のレオン・カーフェイ、「ゴッド・ギャンブラー」のチョン・マン、「シティハンター」のチンミー・ヤウ、「フル・ブラッド」のン・シンリンら。

監督
バリー・ウォン
出演キャスト
チョウ・ユンファ レオン・カーフェイ ン・シンリン ン・ヒンゴッ
1992年

ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌

  • 1992年10月31日(土)
  • 撮影

巨人密輸組織を相手に闘う警官と裏刑事の姿を描くアクション。監督は「狼たちの絆」のジョン・ウー、製作はリンダ・クックとテレンス・チャン、脚本は本作が遺作となった「鬼喰う鬼」のバリー・ウォン、撮影は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のウォン・ウィン・ハン、音楽はマイケル・ギブスが担当。

監督
ジョン・ウー
出演キャスト
チョウ・ユンファ トニー・レオン テレサ・モー フィリップ・チャン

ツイン・ドラゴン

  • 1992年4月25日(土)
  • 撮影

赤ん坊の時に生き別れた双子が再会、マフィアを相手に戦いながら繰り広げられる恋のさやあてを描いたアクション・コメディ。監督は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のツイ・ハークと「スペクターX」のリンゴ・ラム、製作はウー・セイエン、音楽はローウェル・ローが担当。2014年4月5日より、ツインの配給にてシネマート六本木で<春のプチ香港・中国エンターテイメント映画まつり>の1作品として再上映された。

監督
ツイ・ハーク リンゴ・ラム
出演キャスト
ジャッキー・チェン マギー・チャン テディ・ロビン・クァン ニナ・リー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウォン・ウィンハン

ムービーウォーカー 上へ戻る