映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャン・ピエール・バクリ

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2018年 まで合計12映画作品)

2018年

セラヴィ!

『最強のふたり』の監督コンビが、結婚式で起きる珍事を描くコメディ。30年のキャリアを誇るウェディングプランナーの元に舞い込んできた17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式の依頼。ところが、集まったスタッフがポンコツばかりだったことから大騒動に発展していく。名優ジャン=ピエール・バクリが主人公のマックスを演じる。

監督
オリビエ・ナカシュ エリック・トレダノ
出演キャスト
ジャン=ピエール・バクリ ジル・ルルーシュ ジャン=ポール・ルーヴ ヴァンサン・マケーニュ
2010年

サブウェイ(2010年再公開版)

  • 2010年9月25日(土)公開
  • 出演(バットマン刑事 役)

「アデル/ファラオと復活の秘薬」のリュック・ベッソンが26歳で作り上げ、セザール賞3部門に輝いた作品。パリを舞台に、大富豪の人妻に恋をし、重要書類を盗み出した青年を主人公にしたアクション。出演は、「ハイランダー/悪魔の戦士」のクリストファー・ランバート、「カミーユ・クローデル」のイザベル・アジャーニ。

監督
リュック・ベッソン
出演キャスト
イザベル・アジャーニ クリストフ・ランベール リシャール・ボーランジェ ミシェル・ガラブリュ
2004年

みんな誰かの愛しい人

  • 2004年10月30日(土)公開
  • 脚本、出演(Etienne Cassard 役)

「ムッシュ・カステラの恋」のアニエス・ジャウイ監督による、心温まる群像劇。切実な悩みを抱えて懸命に生きる男女の人間模様を、笑いや皮肉を交えて軽妙につづる。

監督
アニエス・ジャウイ
出演キャスト
マリルー・ベリ アニエス・ジャウイ ジャン・ピエール・バクリ ロラン・グレヴィル
2001年

ムッシュ・カステラの恋

  • 2001年12月22日(土)公開
  • 脚本、出演(Castella 役)

仏のセザール賞主要4部門を独占し、世界的に絶賛された注目作。恋によって情熱を取り戻す中年男と周囲の人々の群像劇が、軽妙なユーモアと鋭い人間観察でつづられる。

監督
アニエス・ジャウイ
出演キャスト
アンヌ・アルヴァロ ジャン・ピエール・バクリ アラン・シャバ アニエス・ジャウイ
1999年

ヴァンドーム広場

  • 1999年9月3日(金)公開
  • 出演(Jean-Pierre 役)

美貌の元宝石ディーラーがダイヤモンドをめぐり再び輝きを取り戻していく姿を描いたドラマ。監督は女優で本作が監督第3作目となるニコール・ガルシア(映画祭上映作品『お気に入りの息子』)。脚本はガルシアとジャック・フィエスキ。製作はアラン・サルド。撮影は。音楽は「ハワーズ・エンド」のリチャード・ロビンス。美術はテェエリー・フラマン。編集はリュック・バルニエ、フランソワーズ・ボノ。衣裳はナタリー・デュ・ロスコー、エリザベート・タヴェルニエ。出演は「夜の子供たち」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「ニルヴァーナ」のエマニエル・セニエ、「勝手に逃げろ/人生」のジャック・デュトロン、「恋するシャンソン」のジャン=ピエール・バクリほか。

監督
ニコール・ガルシア
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ エマニュエル・セニエ ジャック・デュトロン ジャン・ピエール・バクリ
1998年

恋するシャンソン

  • 1998年8月1日(土)公開
  • 脚本、出演(Nicolas 役)

パリの空の下、家探しをきっかけに知り合った7人の男女が繰り広げる勘違いを、エディット・ピアフからジェーン・バーキンまで永遠のシャンソン、フレンチ・ポップス36曲で綴った軽妙な恋愛映画。監督は「二十四時間の情事」「去年マリエンバートで」「お家にかえりたい」の巨匠アラン・レネ。製作はブリュノ・ペセリ。脚本は主演のアニエス・ジャウィとジャン=ピエール・バクリ(「家族の気分」でも共演)。撮影はダニエル・シュミット作品などで知られる名手である「不倫の公式」のレナート・ベルタ。音楽はブリュノ・フォンテーヌ。美術は「去年マリエンバートで」以来のレネ組であるジャック・ソルニエ。編集は「死と乙女」のエルヴェ・ド・リューズ。衣裳はジャッキー・ビュダン。録音は「とまどい」のピエール・ルノワール。出演は他に、「私の男」のサビーヌ・アゼマ、「カドリーユ」のアンドレ・デュソリエ、「地に墜ちた愛」のジェーン・バーキン、「女優マルキーズ」のランベール・ウィルソン、「男と女、嘘つきな関係」のピエール・アルディティほか。98年セザール賞最優秀作品賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、編集賞、録音賞、98年ベルリン映画祭生涯芸術貢献賞を受賞。

監督
アラン・レネ
出演キャスト
アニエス・ジャウイ ジャン・ピエール・バクリ サビーヌ・アゼマ アンドレ・デュソリエ

ディディエ

  • 1998年4月18日(土)公開
  • 出演(Jean-Pierre Costa 役)

人間に生まれ変わった犬とサッカーチームのマネージャーである中年男との交流を描くハートウォーミング・コメディ。監督・脚本・主演をひとりでこなすのは、「カンヌ映画祭殺人事件」で話題を呼んだお笑いトリオ、レ・ニュルのメンバーであり、「彼女の彼は、彼女」「ボーマルシェ フィガロの結婚」などの出演作があるアラン・シャバ。製作は「愛と宿命の泉」「ジェルミナル」の名監督クロード・ベリで、出演も兼ねている。撮影は「堕ちてゆく女」のローラン・ダイヤン。音楽はフィリップ・シャニー。美術はジャン=マルク・ケルデルエ。編集はロラン・ボボーとアニク・フィレー。衣裳はシルヴィー・ゴトルレ。録音はドミニク・ヴァルヴィエとフレッド・デュボワ。共演は「家族の気分」のジャン=ピエール・バクリ、「ソフィー・マルソーの愛、革命に生きて」のイザベル・ジェリナス、「サロメの季節」のカロリーヌ・セリエほか。他にジョジアーヌ・バラスコ、シャンタル・ロビーらが顔を見せる。

監督
アラン・シャバ
出演キャスト
アラン・シャバ ジャン・ピエール・バクリ イザベル・ジェリナス カロリーヌ・セリエ
1997年

家族の気分

  • 1997年9月20日(土)公開
  • 脚本、出演(Henri 役)

仲良し家族が毎週集まる食事会の中で起こった口喧嘩を描いたアイロニカルなコメディ。「猫が行方不明」「百科店大百科」のセドリック・クラピッシュ監督の長編第4作。パリで8ヶ月のロングランを記録した95年モリエール演劇賞で最優秀喜劇賞受賞した同名舞台劇の映画化で、クラピッシュにとって初の原作ものとなる。主演者もすべて舞台と同じ俳優で固められた。脚本は原作者のアニエス・ジャウイ、ジャン=ピエール・バクリにクラピッシュが参加。製作は「ボーマルシェ フィガロの誕生」のシャルル・ガッソ。部分的に撮影は「猫が行方不明」と並行して進められ、撮影のブノワ・ドゥロム、美術のフランソワ・エマニュエリ、録音のフランソワ・ヴァルディッシュ、編集のフランシーヌ・サンベールはいずれもそのスタッフ。音楽は「夏物語」のフィリップ・エデル。出演は原作者でもある「サブウェイ」のジャン=ピエール・バクリ、アニエス・ジャウイのほか、「私の男」のジャン=ピエール・ダルッサン、「トムとローラ」のカトリーヌ・フロ、「Mr.レディ Mr.マダム」のクレール・モーリエ、「めぐり逢ったが運のつき」のウラディミール・ヨルダノフなど。96年モントリオール世界映画祭審査員特別賞、観客最高人気賞、97年セザール賞助演男優賞(ダルッサン)、助演女優賞(フロ)、脚本賞受賞。

監督
セドリック・クラピッシュ
出演キャスト
ジャン・ピエール・バクリ ジャン・ピエール・ダルッサン カトリーヌ・フロ アニエス・ジャウイ
1993年

セ・ラ・ヴィ(1990)

  • 1993年8月28日(土)公開
  • 出演(Leon_Mandel 役)

一九五八年の夏のリヨンを舞台に、ある一家の最後のヴァカンスを描く人間ドラマ。監督・脚本は「愛のあとに」のディアーヌ・キュリス。エグゼクティヴ・プロデューサーはロベール・ベンムッサ。共同脚本はアラン・ル・アンリ。撮影は「ジョニーの事情」のジュゼッペ・ランチ。音楽は「ピストルと少年」のフィリップ・サルドが担当。出演は「夏に抱かれて」のナタリー・バイ、「男と女II」のリシャール・ベリ、「ラ・ブーム2」のザブー、「サブウェイ」のジャン・ピエール・バクリ、「僕と一緒に幾日か」のヴァンサン・ランドンなど。

監督
ディアーヌ・キュリス
出演キャスト
ナタリー・バイ リシャール・ベリ ザブー ジャン・ピエール・バクリ
1987年

C階段

  • 1987年3月14日(土)公開
  • 出演(Bruno 役)

パリのアパルトマンを舞台に、そこに住む若き芸術家たちの愛と苦悩を描く。製作はマリー・ドミニク・ジロデ、監督は「さよならの微笑」のジャン・シャルル・タケラ、女性作家エルヴィール・ミュライの小説“Escalier C”をミュライ本人と監督のタケラが共同で脚色、撮影はジャック・アシュエリス、音楽はレイモン・アレッサンドリーニが担当。出演はロバン・ルヌッチ、ジャン・ピエール・バクリほか。

監督
ジャン・シャルル・タケラ
出演キャスト
ロバン・ルヌッチ ジャン・ピエール・バクリ カトリーヌ・ルプランス ジャック・ボナフェ
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャン・ピエール・バクリ

ムービーウォーカー 上へ戻る