映画-Movie Walker > 人物を探す > ニーノ・バラーリ

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2004年 まで合計12映画作品)

2004年

マンマ・ローマ

  • 2004年5月18日(火)公開
  • 編集

ピエル・パオロ・パゾリーニ監督のヒューマンドラマ。

監督
ピエル・パオロ・パゾリーニ
出演キャスト
アンナ・マニャーニ エットレ・ガロファーロ フランコ・チッティ シルヴァーナ・コルシーニ
1997年

心のおもむくままに

  • 1997年4月19日(土)公開
  • 編集

孫にあてた祖母の手紙をめぐる自分探しの旅を描いた一編。監督は「ブーベの恋人」で知られるルイジ・コメンチーニの娘クリスティーヌ・コメンチーニ。イタリアで戦後最大のベストセラーとなった、スザンナ・タマーロの同名小説(草思社刊)を基に、コメンチーニとロベルタ・マッツォーニが脚色。主演は老女のヒロインに「王妃マルゴ」のヴィルナ・リージ、若き日の役に「イタリア不思議旅」のマルゲリータ・ブイがそれぞれ扮した。共演は「ゴールデンアイ」のチェッキー・カリョほか。

監督
クリスティーヌ・コメンチーニ
出演キャスト
ヴィルナ・リージ マルゲリータ・ブイ ガラテア・ランツィ マッシモ・ギーニ
1996年

鯨の中のジョナ

  • 1996年7月22日(月)公開
  • 編集

78年にオランダで出版されて以来、世界16カ国で翻訳されているヨナ・オバースキーの小説『チャイルドフッド』(邦訳・キネマ旬報社)を原作に、ホロコースト下、ナチス強制収容所を舞台に、苛酷な現実の中で生き抜いた少年ジョナの成長を描いたドラマ。監督は「コップキラー」のロベルト・ファエンツァ、音楽は「明日を夢見て」の巨匠エンニオ・モリコーネ、撮影は「ハンガリアン狂詩曲」のケンデ・ヤーノシェ。出演は、タイトルロールのジョナに、4歳時にはルーク・ペーターソン、7歳時にはジョネー・デル・ヴェッチオが、ジョナの父マックスには「とまどい」のジャン=ユーグ・アングラードがそれぞれ扮している。

監督
ロベルト・ファエンツァ
出演キャスト
ジャン・ユーグ・アングラード ジュリエット・オーブリー ルーク・ペーターソン フランチェスカ・デ・サピオ
1993年

マラケシュ・エクスプレス

  • 1993年10月9日(土)公開
  • 編集

友人が投獄されたという知らせに、昔の仲間が再び集まり、長い旅に出るという一種のロード・ムービー。監督は「エーゲ海の天使」(九二年アカデミー外国語映画賞受賞)のガブリエーレ・サルヴァトレス。製作はジャンニ・ミネルヴィーニ。脚本はカルロ・マッツァクラーティ、ウンベルト・コンタレッロ、ヴィンセンツォ・モンテレオーネ。撮影はイタロ・ペットリッチョーネ。美術はガブリエレ・セッラ。衣装はフランチェスコ・パンニ。録音はティツィアーノ・クロッティ。編集はニーノ・バラーリ。音楽はロベルト・チオッティ。製作監督はアレッサンドロ・ヴィヴァレッリ。モロッコ・ロケのコーディネーターはモハメド・アリが担当。出演は「エーゲ海の天使」のディエゴ・アバタントゥオーノとジュゼッペ・チェデルナ、「オペラ座・血の喝采」のクリスティーナ・マルシリャチ、「アメリカから来た男」のファブリツィオ・ベンティヴォリオら。なお本作は、八七年ソリナス賞の脚本賞を受賞している。

監督
ガブリエーレ・サルヴァトレス
出演キャスト
ディエゴ・アバタントゥオーノ ファブリツィオ・ベンティヴォリオ クリスティーナ・マルシリャチ ジュゼッペ・チェデルナ

エーゲ海の天使

  • 1993年5月8日(土)公開
  • 編集

エーゲ海を舞台に八人のイタリア兵たちの姿をユーモアと風刺を混じえて綴ったドラマ。九一年度アカデミー外国語映画賞受賞作品。監督はTurne(89 末)のガブリエーレ・サルヴァトレス。製作はジャンニ・ミネルヴィーニと「ボイス・オブ・ムーン」のマリオ&ヴィットリオ・チェッキ・ゴーリ。脚本はヴィンセンツォ・モンテレオーネ。撮影はイタロ・ペットリッチョーネ。音楽はジャンカルロ・ビガッツィが担当。主演はギリシャ出身でこの作品で海外デビューのヴァンナ・バルバ、サルヴァトレス作品は三作目となるディエゴ・アバタントゥオーノ。

監督
ガブリエーレ・サルヴァトレス
出演キャスト
ヴァンナ・バルバ ディエゴ・アバタントゥオーノ クラウディオ・ビガリ ジュゼッペ・チェデルナ
1988年

インテルビスタ

  • 1988年6月23日(木)公開
  • 編集

50周年を迎えるイタリアの撮影所チネチッタを記念して、そこで新作映画を撮ろうとするフェリーニと、彼にインタビューする日本のテレビ局の取材班や、撮影所で働く俳優やスタッフの様子を描く。製作総指揮はピエトロ・ノタリアンニ、製作はイブラヒム・ムーサ。監督・脚本は「ジンジャーとフレッド」のフェデリコ・フェリーニ。共同脚本はジャンフランコ・アンジェルッチ、撮影は「薔薇の名前」のトニーノ・デリ・コリ、音楽は「ジンジャーとフレッド」のニコラ・ピオヴァーニが担当。なお音楽はニーノ・ロータに捧げられており、ロータの「白い酋長」「崖」「甘い生活」「フェリーニの道化師」の音楽が引用されている。編集はニーノ・バラーリ、美術・衣装は「ジンジャーとフレッド」のダニーロ・ドナーティが担当。出演はフェリーニ及び「黒い瞳(1987)」のマルチェロ・マストロヤンニ、「甘い生活」のアニタ・エクバーグが本人の役で登場するほか、セルジオ・ルビーニ、アントネラ・ポンツィアーニほか。カンヌ映画祭40周年記念特別賞、モスクワ映画祭グランプリ受賞。

監督
フェデリコ・フェリーニ
出演キャスト
フェデリコ・フェリーニ アニタ・エクバーグ マルチェロ・マストロヤンニ セルジオ・ルビーニ

鏡の向う側

  • 1988年5月21日(土)公開
  • 編集

アルベルト・モラヴィアの『関心』が原作の本作品は、禁じられた愛と家族の崩壊、ショッキングな性の苦悩を描いた人間心理ドラマ。製作はフランチェスコ・カサッティ、セルジオ・マルティネリ、監督はジョヴァンニ・ソルダティ、脚本はロドルフォ・ソネゴ、レオーネ・コロッナ、ジョヴァンニ・ソルダティ、撮影はシルヴァーノ・イッポリティ、音楽はピノ・ドナジオが担当。出演は「炎のランナー」のベン・クロス、ステファニア・サンドレッリほか。

監督
ジョヴァンニ・ソルダティ
出演キャスト
ベン・クロス ステファニア・サンドレッリ アマンダ・サンドレッリ アーノルド・フォア
1987年

女テロリストの秘密

  • 1987年9月12日(土)公開
  • 編集

ある女テロリストの行動を通じて様ざまな女たちの生き方を描く。製作はジャンニ・ミネルヴィーニ、監督・脚本はベルナルドの弟ジュゼッペ・ベルトルッチ、共同脚本はヴィンセンツォ・チェラミ、撮影はレナート・タフリ、音楽はニコラ・ピオヴァーニ、編集はニーノ・バラーリ、美術はフランチェスコ・フリジェッリが担当。出演はリナ・サストリ、ジュリア・ボスキ、アリダ・ヴァリほか。

監督
ジュゼッペ・ベルトルッチ
出演キャスト
リナ・サストリ ジュリア・ボスキ ロッサナ・ポデスタ アリダ・ヴァリ
1986年

ジンジャーとフレッド

  • 1986年12月26日(金)公開
  • 編集

《ジンジャーとフレッド》という芸名で30年代に人気を博した芸人コンビが30年ぶりにテレビで再会する姿を描く。製作はアルベルト・グリマルディ。監督・脚本・原案は「そして船は行く」のフェデリコ・フェリーニ。共同脚本はトニーノ・グエッラ、トゥリオ・ピネリ、共同原案はトニーノ・グエッラ、撮影はエンニオ・グァルニエリ、トニーノ・デリ・コリ、音楽はニコラ・ピオヴァーニ、編集はニーノ・バラーリ、ウーゴ・デ・ロッシ、ルッジェーロ・マストロヤンニが担当。出演はジュリエッタ・マシーナ、マルチェロ・マストロヤンニなど。

監督
フェデリコ・フェリーニ
出演キャスト
ジュリエッタ・マシーナ マルチェロ・マストロヤンニ フランコ・ファブリッツィ Frederick von Ledenburg
1984年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

アウトローの世界に身を投じた若いユダヤ移民たちのつかの間の栄光と挫折を描く。製作はアーノン・ミルチャン。エグゼキュティヴ・プロデューサーはクラウディオ・マンシーニ。監督は「夕陽のギャングたち」のセルジオ・レオーネ。彼の遺作となった。ハリー・グレイの原作をレオ・ベンヴェヌッティ、ピェロ・デ・ベルナルディ、エンリコ・メディオリ、フランコ・アルカーリ、フランコ・フェリーニ、レオーネが共同で脚色化、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はニーノ・バラリ、衣裳はガブリエラ・ペスクッチ、美術はカルロ・シーミが担当。出演はロバート・デ・ニーロ、ジェームズ・ウッズ、エリザベス・マクガヴァン、トリート・ウィリアムズ、チューズデイ・ウェルド、バート・ヤングなど。日本版字幕は進藤光太。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1984年作品。後に229分の完全版が発表された。

監督
セルジオ・レオーネ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ジェームズ・ウッズ エリザベス・マクガヴァン トリート・ウィリアムズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ニーノ・バラーリ