映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・ラドフォード

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2019年 まで合計11映画作品)

2019年

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール

  • 2019年11月15日(金)
  • 監督、脚本

世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリの半生を、本人が執筆した自伝的小説を基に映画化。12歳の時、学校の授業中の事故が元で失明したアモスは、叔父に連れられ、音楽学校を訪れる。その美声が評価され、コンテストで見事に優勝するが……。出演は『ゲーム・オブ・スローンズ』のトビー・セバスチャン、「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラス。監督は「トレヴィの泉で二度目の恋を」のマイケル・ラドフォード。なお、主人公の歌唱シーンはすべてボチェッリ本人が吹き替えている。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
トビー・セバスチャン エンニオ・ファンタスキーニ ルイザ・ラニエリ ジョルディ・モリャ
2015年

トレヴィの泉で二度目の恋を

  • 2015年1月31日(土)
  • 監督、脚本

「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーン、「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマー、アカデミー賞受賞経験を持つベテラン俳優2人が共演したラブストーリー。人生の晩年を迎えて出会った正反対の性格の男女が、少しずつ愛情を育んでゆく様子を描く。監督は「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
シャーリー・マクレーン クリストファー・プラマー マーシャ・ゲイ・ハーデン クリス・ノス
2012年

情熱のピアニズム

  • 2012年10月13日(土)
  • 監督、脚本

「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード監督が、36年という短い生を駆け抜けたフランスのジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの生涯に独自のアプローチで迫るドキュメンタリー。ミシェル・ペトルチアーニの数奇な人生は、1962年、全身の骨が折れた状態で生まれた時から始まる。ガラスのような骨を持つ病気のため、幼少の頃は歩くこともできず、身長は成人してからも1メートルしかなかった。だが、彼は桁外れの音楽的才能と、誰にでも愛されるカリスマ的人格を神から与えられた。8歳で初舞台を踏み、13歳でプロデビュー。渡米後は数々の伝説的ミュージシャンとセッションを重ね、フランス人として初めてブルーノート・レコードと契約を交わし、彼の才能は世界中に知れ渡ることとなる。幼少期から亡くなる直前までの日常や演奏風景のほか、彼を良く知る錚々たるミュージシャンやレーベルプロデューサーのインタビューを交え、人々を魅了し続けたカリスマの人生に迫る。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
ミシェル・ペトルチアーニ
2005年

ヴェニスの商人

  • 2005年10月29日(土)
  • 監督、脚本

16世紀末のベニスを舞台にしたシェイクスピア劇をアル・パチーノ主演で映画化。衝撃の“人肉裁判”をクライマックスに男女の愛、友情、確執が重厚に描かれる。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
アル・パチーノ ジェレミー・アイアンズ ジョセフ・ファインズ リン・コリンズ
2002年

星に魅せられて

  • 2002年
  • 監督、脚本

世界の映画監督15人が、“時間”をテーマに競作した短編集「10ミニッツ・オールダー イデアの森」の1本。監督は「ブルー・イグアナの夜」のマイケル・ラドフォード。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
ダニエル・クレイグ ローランド・ギフト
2003年

10ミニッツ・オールダー イデアの森

  • 2003年12月20日(土)
  • 監督

鬼才ジャン=リュック・ゴダールら名だたる巨匠が、10分の限られた長さで“時間”というテーマを探求。哲学的かつ実験的な映像表現が観る者に刺激をもたらすオムニバス映画だ。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ マイク・フィギス イジー・メンツェル イシュトヴァーン・サボー
出演キャスト

ブルー・イグアナの夜

  • 2003年1月25日(土)
  • 監督、製作、脚本

「イル・ポスティーノ」の俊英マイケル・ラドフォード監督最新作。町外れにたたずむストリップ・クラブを舞台に、そこで働くショーガールたちの日常を描き出す。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
シャーロット・アヤナ ダリル・ハンナ シェイラ・ケリー イライアス・コティーズ

Bモンキー

  • 2003年5月10日(土)
  • 監督

「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード監督による異色ラブ・サスペンス。一瞬の輝きを求めるギャングの生きざまと彼らの人生を変えた運命の恋がミステリアスに交錯する。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
アーシア・アルジェント ジャレッド・ハリス ルパート・エヴェレット ジョナサン・リース・マイヤーズ
1996年

イル・ポスティーノ

  • 1996年5月18日(土)
  • 監督、脚本

ナポリ沖合の小さな小島を舞台に、貧しい純朴な青年が、島を訪れた詩人との友情を通して次第に自己に目覚め、愛を知り、人間として成長していく姿を、温かくユーモラスに描いた感動編。実在したチリの偉大な詩人パブロ・ネルーダ(1904~73)をモデルに、同じチリの作家アントニオ・スカルメタが書いた小説『バーニング・ペイシェンス(燃える忍耐)』(本邦未訳)を、「スプレンドール」などに主演したイタリアの喜劇俳優マッシモ・トロイージが映画化した作品。10年来の親友であるイギリスのマイケル・ラドフォード(「白い炎の女」)に監督を依頼し、予定していた心臓移植の手術を延期してまで撮影に臨んだが日に日に極度に体力が衰えて、クランク・アップの12時間後、95年6月4日に41歳の若さで夭折した。アメリカではジュリア・ロバーツ、スティング、マドンナら、この映画に感動した人々がサントラ盤用に、ネルーダの詩の朗読に参加したのも話題となった。脚本はトロイージとラドフォード、トロイージの全監督作に協力した脚本家アンナ・パヴィニャーノ、「続・夕陽のガンマン」などのベテラン、フリオ・スカルペッリとその子ジャコモ・スカルペッリの5人。撮影は「サン・ロレンツォの夜」のフランコ・ディ・ジャコモが担当。哀愁に満ちた鎮魂のピアノ演奏が印象的な音楽はルイス・エンリケ・バカロフ。共演は「ニュー・シネマ・パラダイス」のフィリップ・ノワレ、イタリアの映画、TV界で活躍するモデル出身のマリア・グラッツィア・クチノッタほか。第98回アカデミー賞オリジナル作曲賞(ドラマ部門)受賞。96年度キネマ旬報外国映画ベストテン第1位。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
マッシモ・トロイージ フィリップ・ノワレ マリア・グラッツィア・クチノッタ リンダ・モレッティ
1989年

白い炎の女

  • 1989年8月5日(土)
  • 監督、脚本

40年のケニアのハッピーバレーを舞台に、〈ケニアの白い女王〉と呼ばれたダイアナ・デラメアの半生を描く。ジェームズ・フォックスの同名小説の映画化で、エグゼキュティヴ・プロデューサーはマイケル・ホワイト、製作はサイモン・ペリー、監督・脚本は「1984」のマイケル・ラドフォード、共同脚本はジョナサン・ジェムズ、撮影はロジャー・ディキンス、音楽はジョージ・フェントンが担当。出演はグレタ・スカッキ、チャールズ・ダンス、ジョス・アクランドほか。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
グレタ・スカッキ チャールズ・ダンス ジョス・アクランド サラ・マイルズ

関連ニュース

ミシェル・ペトルチアーニ。今年は記念すべき生誕50周年
あまりのモテモテぶりに驚愕!?身長1mのピアニストが送った数奇な人生とは? 2012年10月10日 18:22

ドキュメンタリーで映し出される人物のドラマには、普通の劇映画で描かれる登場人物よりも心を揺さぶられることがある。それは壮絶な運命を乗り越え、力強く生きる姿が虚構ではなく、現実のものであるからだろう。そんなドキュメンタリー…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・ラドフォード