映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・ドナルドソン

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1926年 まで合計10映画作品)

1926年

百貨店

  • 1926年
  • 出演(Mr._Schwartz 役)

ジョン・V・A・ウィーヴァーとジョージ・アボットの合作舞台劇に基づいてタウンセンド・マーティンが脚色し「猿飛カンター」「駆落相手違ひ」等と同じくフランク・タトルが監督したもので、主役はパラマウント新入社の「女ロビンフッド」「愛の虚言」等出演のイヴリン・プレント、「三日伯爵」「駄法螺大当たり」等出演のルイズ・ブルックス及び「猿飛カンター」「女王蜂」等出演のローレンス・ブレイが演じ、オスグッド・パーキンス、マーシャ・ハリス、アーサー・ドナルドソン等が助演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
イヴリン・ブレント ルイズ・ブルックス ローレンス・グレイ アーサー・ドナルドソン
1925年

五十と五十

  • 1925年
  • 出演(Grand_Duke_Popovitch 役)

フランス連続映画監督として有名なアンリ・ディアマン・ベルジュー氏が渡米後最初の作品で数年前ノーマ・タルマッジ嬢がトライアングル社で主演した映画と同一の物語でアラン・ドワン氏の原作脚色になり、ディアマン・ベルジュー氏が監督したものである。「晩年の誘惑」出演のホープ・ハンプトン嬢「目醒めよ女性」「巨星燦たり」等主演のライオネル・バリモア氏の共演になるもので久しく映画界を離れていたルイズ・グローム嬢が珍しく顔を見せている。

監督
アンリ・ディアマン・ベルジュー
出演キャスト
ライオネル・バリモア ホープ・ハンプトン ルイズ・グローム J. Moy Bennett

虚栄に勝てり

  • 1925年
  • 出演(Jordan_B._Lynch 役)

レオナード・メリック氏作の「リンチ家」に基づき新進監督ヴィクター・ユーゴー・ホルペリン氏が脚色監督した家庭劇で、主役には「妻還る」「野の百合」等出演のコンウェイ・タール氏が扮し相手役は「涙の街」「有閑階級」等出演のシグリッド・ホルムキスト嬢で、アーサー・ドナルドソン氏、ペギー・ケリー嬢、ドロシー・アレン嬢等が助演している。

監督
ヴィクター・ユーゴー・ホルペリン
出演キャスト
コンウェイ・タール シグリッド・ホルムキスト ペギー・ケリー アーサー・ドナルドソン
1924年

修羅の闘牛

  • 1924年
  • 出演(Juan 役)

ボール・グイン氏の小説に基づき「歩き疲れて」「喇叭島」等と同じくトム・テリ ス氏が脚色監督したもので主役は「女性の敵」「武士道華かなりし頃」等出演のペドロ・デ・コルドヴァ氏で相手役は「氷原の雄叫び」等出演のルネ・アドレー嬢が演じ、グスタフ・フォン・セイファーティッツ氏マメエル・グラナド氏、ドロシー・ルース嬢等が助演している。

監督
トム・テリス
出演キャスト
ペドロ・デ・コルドヴァ ルネ・アドレー グスタフ・フォン・セイファーティッツ マメエル・グラナド

アメリカ(1924)

  • 1924年
  • 出演(King_George_III 役)

ロバート・W・チェンバースの小説を基として製作されたグリフィスの愛国映画である。主役は「ホワイト・ローズ」のニール・ハミルトンと「恐怖の一夜(1922)」「ホワイト・ローズ」のキャロル・デンプスター。「俺が犯人だ!(1924)」「目醒めよ女性」のライオネル・バリモアも出演している。その他チャールズ・エメット・マック、ルイス・ウォルハイムなどが助演している。

監督
デイヴィッド・ウォーク・グリフィス
出演キャスト
ニール・ハミルトン アーヴィル・アルダーソン キャロル・デンプスター チャールズ・エメット・マック
1922年

怪指紋(1922)

  • 1922年
  • 出演(Maaurice_Beiner 役)

アーサー・ソマーズ・ローシェの原作「歩み疲れて」「神の変えし女」等と同じくドティー・ホバートが脚色し、「死人無言」「歩み疲れて」等と同じくトム・テリスが監督したもの。主役は「ユーモレスク(1920)」等出演のアルマ・ルーベンス、「影に怖えて」「浮気女房」等出演のハリソン・フォードで「暗黒の妖星」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のノーマン・ケリーも出演する。

監督
トム・テリス
出演キャスト
アルマ・ルーベンス Eileen Huban ハリソン・フォード ジョージ・マックァリー
1921年

令嬢と女賊

  • 1921年
  • 出演(Friend_of_Baxter 役)

「レ・ミゼラブル」「地獄の天使」等出演のジウエル・カーメン嬢がフォックス退社後暫く映画界を去り、メトロ社に入り再び斯界に復帰した第1回作品で、ローランド・ウェスト氏の原作監督になる女賊劇である。脚色はD・J・ブカナン氏とチャールズ・H・スミス氏。レスリー・オースティン氏が相手役、その他ヴァージニア・ヴァリ嬢が出演している。

監督
ローランド・ウェスト
出演キャスト
ジウエル・カーメン レスリー・オースティン Co Albertson ヴァージニア・ヴァリ

恋の巡礼

  • 1921年
  • 出演(O'Rell 役)

サミュエル・マーウィン氏の小説をロバート・G・ヴィニョーラ氏の監督で映画化したコスモポリタン映画。主役は「嵐」「美貌の力」等同様のマット・ムーア氏で、其他ジュリア・スウェイン・ゴードン嬢、クレア・ウィットネー嬢、ルビー・デ・レマー嬢等が共演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マット・ムーア Mary Newcomb ジュリア・スウェイン・ゴードン トム・ガイス
1916年

女優の誓

  • 1916年
  • 出演(Vincent_Bland 役)

「ミッド・チャンネル」の原作者で、英国著名の劇作家であるアーサー・ウィング・ピネロ卿の舞台劇を脚色したもので、監督はウィリフレッド・ノース氏である。主役は、アニタ・スチュアート嬢とコンウェイ・タール氏。「原作も良いし、監督手腕も美事、如何なる種類の観客にも満足を与える映画。」とニュース誌は評している。

監督
ウィルフレッド・ノース
出演キャスト
アニタ・スチュアート コンウェイ・タール Victor Steele テンプラー・ザクス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・ドナルドソン