映画-Movie Walker > 人物を探す > グンナール・ビヨルンストランド

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1988年 まで合計16映画作品)

1988年

シークレット・オブ・ウーマン

  • 1988年4月30日(土)公開
  • 出演

ストックホルム郊外の小島の別荘に集まった4人の妻たちと一組の若い恋人の、ある夏の夕べを描く。製作はアラン・エーケルンド、監督・脚本は「ファニーとアレクサンデル」のイングマール・ベルイマン、撮影はグンナール・フィッシャー、音楽はエリク・ノルドグレンが担当。出演はアニタ・ビョルク、カール・アーネ・ホルムステーンほか。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
アニタ・ビョルク Karl Arne Holmsten ヤール・キューレ マイ・ブリット・ニルソン
1985年

ファニーとアレクサンデル

  • 1985年7月6日(土)公開
  • 出演(Filip Landahl 役)

スウェーデンの古い大学町ウプサラを舞台にブルジョワ階級エクダール家の人々の姿を1970年のクリスマスから約2年間の流れの中で描く。全5部より構成されている。エグゼキュティヴ・プロデューサーはヨルン・ドンナー。監督・脚本は「秋のソナタ」のイングマール・ベルイマン。撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はダニエル・ベル、美術はアンナ・アスプが担当。出演はグン・ヴォールグレーン、エヴァ・フレーリングなど。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
Kristina Adolphson ボリエ・アールステット ペルニラ・アルヴィーン グン・ヴォールグレーン
1982年

鏡の中の女

  • 1982年6月27日(日)公開
  • 出演(Grandpa 役)

恵まれた生活を送っていた一人の女医が突然精神的な病いに陥りはじめて絶望的な苦悩を経験するという、生と死と愛をテーマにした人間ドラマ。製作・監督・脚本は「秋のソナタ」のイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、モーツアルトの『幻想曲』ハ短調のピアノ演奏はチェービー・ラレテイ、編集はシブ・ラングレン、製作デザインはアンネ・ハーゲゴード、メークアップはセシリア・ドロットが各々担当。出演はリヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、アイノ・トーベ・ヘンリクソン、グンナール・ビヨルンストランド、カリ・シルバン、シフ・ルード、スヴェン・リンドベルイなど。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
リヴ・ウルマン エルランド・ヨセフソン アイノ・トーベ・ヘンリクソン グンナール・ビヨルンストランド
1981年

秋のソナタ

  • 1981年10月10日(土)公開
  • 出演(Paul 役)

異なった環境で生活をする母と娘の微妙な絆を描く。監督・脚本は「ある結婚の風景」のイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、編集はシルヴィア・イングマーシッドッテルが各々担当。出演はイングリッド・バーグマン、リヴ・ウルマン、レナ・ニーマン、ハルヴァール・ビョルク、エルランド・ヨセフソン、グンナール・ビヨルンストランドなど。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
イングリッド・バーグマン リヴ・ウルマン レナ・ニーマン ハルヴァール・ビョルク
1975年

冬の光

  • 1975年9月13日(土)公開
  • 出演(Tomas 役)

ベルイマン作品の最高傑作といわれ、病を押して神の栄光を説き続ける牧師のうつろな姿を通して一貫したモティーフである“神の沈黙”を描き出す。原題は「聖体拝受者」という宗教用語で、「冬の光」は海外用の題名。一九六三年度OCIC国際カトリック映画局グランプリ、同年第八回ウィーン宗教映画週間で最優秀外国映画賞を受賞。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
イングリッド・チューリン グンナール・ビヨルンストランド マックス・フォン・シドー グンネル・リンドブロム
1970年

欲情の島

  • 1970年9月15日(火)公開
  • 出演(Prof. Lindmark 役)

二組の男女を通して、肉体と精神の相剋、現代人の愛の断絶を描く。製作は「バスタード」のトゥリ・ヴァジーレ、監督は「星空の用心棒」のフロレスターノ・ヴァンチーニ。脚本はフロレスターノ・ヴァンチーニ、マッシモ・フェリザッティ、ファビオ・ピットールの共作。撮影は「炎」のエンニオ・グァルニエリ、英語台詞はデニス・ホール、美術は「バスタード」のルイジ・スカッチャノーチェ、音楽は「裏切りの荒野」のカルロ・ルスティケリがそれぞれ担当。出演は「荒野の大活劇」のジュリアーノ・ジェンマ、「ペルソナ」のビビ・アンデショーン、「セックス・オブ・エンジェル」のローズマリー・デクスター、「ペルソナ」のグンナール・ビヨルンストランドなど。

監督
フロレスターノ・ヴァンチーニ
出演キャスト
ジュリアーノ・ジェンマ ビビ・アンデショーン グンナール・ビヨルンストランド ローズマリー・デクスター
1969年

夜の儀式

  • 1969年当年公開
  • 出演(Hans 役)

ベルイマンが初めて手がけたテレビ作品だが、好評を博したので三五ミリの劇場用フィルムにブローアップされた作品。監督・脚本はイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、美術はレナルト・ブロムクビスト、音楽はレナルト・エングホルムが各々担当。出演はイングリッド・チューリン、アンデルス・エク、グンナール・ビヨルンストランド、エリック・ヘルなど。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
イングリッド・チューリン アンデルス・エク グンナール・ビヨルンストランド エリック・ヘル
1968年

狂った白夜

  • 1968年5月17日(金)公開
  • 出演(Dr. Webster 役)

ラルス・マグヌス・リンドグレンとロマン・フォン・ヤン・エクストロームの共同脚本を「天使なんかあるものか」のラルス・マグヌス・リンドグレンが監督したミステリー。撮影はトニー・フォルスバーグ、音楽はボー・ニルソンが担当した。出演は「仮面ペルソナ」のグンナール・ビヨルンストランドのほかにエシー・ペルソン、カトリン・ベステルルンドなど。

監督
ラルス・マグヌス・リンドグレン
出演キャスト
グンナール・ビヨルンストランド エシー・ペルソン カトリン・ベステルルンド Elsa Prawitz

歓喜のたわむれ

  • 1968年1月20日(土)公開
  • 出演(Jacob Lewin 役)

アグネス・フォン・クルセンチェルナの小説を、「夜のたわむれ」の女流監督マイ・セッタリングと彼女の夫デイヴィッド・ヒューズが脚色、セッタリングが監督にあたった。撮影は「愛する」のスヴェン・ニクヴィスト、音楽はロジャー・ウォリスが担当した。出演「蛇」のハリエット・アンデルソン、「断罪」のグンネル・リンドブロム、「沈黙の歓び」のジオ・ペトレ、「仮面ペルソナ」のグンナール・ビヨルンストランドほか。

監督
マイ・セッタリング
出演キャスト
ハリエット・アンデルソン グンネル・リンドブロム ジオ・ペトレ グンナール・ビヨルンストランド
1967年

仮面ペルソナ

  • 1967年10月21日(土)公開
  • 出演(Mr. Vogler 役)

「沈黙」のイングマール・ベルイマンが製作・脚本・監督した。撮影はコンビのスヴェン・ニクヴィスト、音楽はラーシュ・ヨハン・ワーレが担当した。出演は「砦の29人」のビビ・アンデショーン、舞台俳優で、映画には初登場のリヴ・ウルマン、「愛のレッスン」のグンナール・ビヨルンストランドほか。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
ビビ・アンデショーン リヴ・ウルマン マルガレータ・クルーク グンナール・ビヨルンストランド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > グンナール・ビヨルンストランド