映画-Movie Walker > 人物を探す > イングマール・ベルイマン

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2013年 まで合計35映画作品)

2013年

リヴ&イングマール ある愛の風景

  • 2013年12月7日(土)公開
  • 出演

「処女の泉」「野いちご」「叫びとささやき」などのスウェーデン人監督イングマール・ベルイマンと、女優リヴ・ウルマンの秘められた愛と友情の軌跡を辿るドキュメンタリー。監督と女優として出会い、男と女として愛し合い、最後は人間同士として尊敬と理解を深めあった二人の物語を、ウルマンへのインタビューとベルイマンの手紙、二人の人生が投影された作品の数々を通して見つめていく。

監督
デーラジ・アコルカール
出演キャスト
リヴ・ウルマン イングマール・ベルイマン
2006年

サラバンド

  • 2006年10月21日(土)公開
  • 監督、脚本

北欧の名匠、イングマール・ベルイマンが20年ぶりに放つ新作。30年ぶりに再会した元夫婦とその子供たちが織り成す愛憎劇と、そのてん末を繊細に映し出した家族ドラマだ。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
リヴ・ウルマン エルランド・ヨセフソン ボリエ・アールステット ユーリア・ダフヴェニウス
2002年

不実の愛、かくも燃え

  • 2002年3月2日(土)公開
  • 脚本

スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンの自伝的脚本を、大女優リブ・ウルマンが映画化。富も名声もある大人の男女の激しい情愛と葛藤を、じっくりと克明に見つめた愛憎ドラマ。

監督
リヴ・ウルマン
出演キャスト
レナ・エンドレ エルランド・ヨセフソン クリスタル・ヘンリクソン トーマス・ハンソン
1994年

日曜日のピュ

  • 1994年10月4日(火)公開
  • 脚本

「ファニーとアレクサンデル」を最後の劇映画としたスウェーデン映画の巨匠、イングマール・ベルイマンが自身の幼年時代の体験を元に書き下ろした脚本を、実子で本作が監督デビューとなるダニエル・ベルイマンが、伝統的な北欧児童映画のスタイルで映画化した家族史ドラマ。やはりベルイマン脚本によるビレ・アウグスト監督「愛の風景」(92)の続編に当たるが、自分の両親の恋人・新婚時代を描いた前作に対して、父との関係を主題に描いた、自伝的色彩の濃い一編。原題の「日曜の子供」とは、日曜日に生まれた子は不思議な力を持つ幸運な子、という言い伝えからきている。製作はカティンカ・ファラゴー、撮影はトニー・フォルスバーグ、音楽はクラス・エングストレム、美術はスヴェン・ヴィグマンが担当。主人公のピュは、テレビ用児童映画で活躍するヘンリク・リンロース。父親役に「みじかくも美しく燃え」「ジョー・ヒル」のトミー・ベルグレン。共演は「私は好奇心の強い女」のボリエ・アールステットほか。

監督
ダニエル・ベルイマン
出演キャスト
トミー・ベルグレン レナ・エンドレ ヘンリク・リンロース ヤコブ・レイグラーフ
1993年

愛の風景(1992)

  • 1993年1月15日(金)公開
  • 脚本

神学校に学ぶ貧しい青年と、上流階級の娘が結婚し、互いの価値観の違いを乗り越え理解し合うまでを描く人間ドラマ。「ファニーとアレクサンデル」のイングマール・ベルイマンが、引退後、自叙伝執筆の最中に構想した脚本を基に、「ペレ」のビレ・アウグストが監督した。一九九二年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール(グランプリ)、主演女優賞受賞。アウグスト監督は「ペレ」に続いて二度目の受賞となった。製作はラーシュ・ビィエルケスクーグ。エグゼクティヴ・プロデューサーはイングリッド・ダールベリ。撮影は「ペレ」のヨルゲン・ペルソン。音楽はステファン・ニルソンが担当。出演は、ベルイマンの母アンナに、スウェーデンの舞台出身で、アウグスト監督夫人でもあるペルニラ・アウグスト、父ヘンリクに、テレビ出身の人気俳優サミュエル・フレイレルが抜擢された。ベルイマン映画の常連の名優マックス・フォン・シドーが、アンナの父ヨハン役で共演している。

監督
ビレ・アウグスト
出演キャスト
サミュエル・フレイレル ペルニラ・アウグスト マックス・フォン・シドー ギタ・ノービィ
1992年

渇望

  • 1992年10月10日(土)公開
  • 監督

譲歩することができず傷つけあう倦怠期の夫婦が、第二次大戦後のドイツを旅しながら、夫婦の存在意味を確認していく姿を描く。監督は「ファニーとアレクサンデル」のイングマール・ベルイマン、製作はヘルゲ・ハーゲルマン、脚本はヘルヴェット・グレヴェーニウス、原作・原案はビルギット・テーングロート、撮影は「野いちご」のグンナール・フィッシャー、音楽は「処女の泉」のエリク・ノルドグレンが担当。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
エヴァ・ヘニング ビルイェル・マルムステーン ビルギット・テーングロート ミミ・ネルソン

夏の遊び

  • 1992年9月26日(土)公開
  • 監督、原案、脚本

将来の選択に迷いをみせるバレリーナが、若かりし頃のひと夏の恋を回想することで、迷いを断ち切っていく姿を描く。監督・脚本・原作・原案は「ファニーとアレクサンデル」のイングマール・ベルイマン、製作はアラン・エーケルンド、撮影は「野いちご」のグンナール・フィッシャー、音楽は「処女の泉」のエリク・ノルドグレンが担当。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
マイ・ブリット・ニルソン ビルイェル・マルムステーン アルフ・チェリン Georg Funquist
1991年

牢獄

  • 1991年2月22日(金)公開
  • 監督、脚本

“地上の地獄”というテーマの映画化をめぐる考察を、そのまま一本の劇映画に成立させてしまったベルイマンの初期にあって最も重要かつ実験性に富んだ作品。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
ハッセ・エクマン ビルイェル・マルムステーン ドーリス・スヴェードルンド エヴァ・ヘニング

闇の中の音楽

  • 1991年2月15日(金)公開
  • 監督、脚本

訓練中に失明した若い軍人と、彼を慕う女性の恋を描いた、巨匠イングマール・ベルイマンの監督第四作。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
ビルイェル・マルムステーン マイ・セッタリング

インド行きの船

  • 1991年2月8日(金)公開
  • 監督、脚本

イングマール・ベルイマン監督の長編第三作目にあたり、フィンランドの劇作家マッティン・セーデルイェルムの同名戯曲の映画化。

監督
イングマール・ベルイマン
出演キャスト
イェートルド・フリード オルガー・ローウェンアドラー ビルイェル・マルムステーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > イングマール・ベルイマン