映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・フリーズ

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1964年 まで合計8映画作品)

1964年

秘密兵器リンペット

  • 1964年8月19日(水)公開
  • 出演(Crusty 役)

テオドール・プラットの原作をジェームソン・ブレワーとジョン・C・ローズが脚色、「南海ピンク作戦」のアーサー・ルービンが演出した、アニメーションを用いた海軍コメディ。「ブラック・ゴールド」のハロルド・スタインが撮影を、「パームスプリングの週末」のフランク・パーキンスが音楽を担当した。製作はジョン・C・ローズ。出演は「おかしな、おかしな、おかしな世界」のドン・ノッツ、「パームスプリングの週末」のジャック・ウェストン、アンドリュー・デュガン、キャロル・クックほか。

監督
アーサー・ルービン
出演キャスト
ドン・ノッツ キャロル・クック ジャック・ウェストン アンドリュー・デュガン
1960年

ドナルド・ダックの算術教室

  • 1960年11月22日(火)公開
  • 出演(声)(The True Spirit of Adventure 役)

ディズニーの人気キャラクター、ドナルド・ダックが活躍する中編アニメ。製作はウォルト・ディズニー、総監督はハミルトン・S・ラスクが担当。別邦題「ドナルドのさんすうマジック」「ドナルドの数学教室」。

監督
ハミルトン・S・ラスク レス・クラーク ウォルフガング・ライザーマン ジョシュア・メダー
出演キャスト
クラレンス・ナッシュ ポール・フリーズ
1956年

雨のランチプール

  • 1956年4月3日(火)公開
  • 出演(Sundar 役)

タイロン・パワー、マーナ・ロイ共演で「雨ぞ降る」という日本題名で公開された映画の再映画化で、原作はルイス・ブロムフィールドのピュリッツアー受賞小説『雨季来たる』。製作は「聖衣」のフランク・ロス、脚色は小説家マール・ミラー、監督は「足ながおじさん」のジーン・ネグレスコ。音楽は「夢去りぬ」のヒューゴー・フリードホーファー、撮影監督は「七年目の浮気」のミルトン・クラスナー。パキスタンに2ヵ月ロケをした。出演者は「プロディガル(1955)」のラナ・ターナー、「聖衣」のリチャード・バートン、「殺人者はバッジをつけていた」のフレッド・マクマレイ、「楽し我が道」「恋人騒動」のジョーン・コールフィード、「一獲千金を夢見る男」のマイケル・レニー。

監督
ジーン・ネグレスコ
出演キャスト
ラナ・ターナー リチャード・バートン フレッド・マクマレイ ジョーン・コールフィールド
1955年

三人の狙撃者

  • 1955年1月15日(土)公開
  • 出演(Benny_Conklin 役)

「十二哩の暗礁の下に」のロバート・バスラーが製作するスリラー映画。「マラガ」のリチャード・セイルの脚本より「対決」のルイス・アレンが監督した。撮影は「夜の人々(1949)」のチャールズ・G・クラーク。「地上より永遠に」のフランク・シナトラ、「大砂塵」のスターリング・ヘイドン、「女性よ永遠に」のジェームズ・グリースン、「剣豪ダルタニアン」のナンシー・ゲイツ、キム・チャーニー、ポール・フリーズらが出演する。

監督
ルイス・アレン
出演キャスト
フランク・シナトラ スターリング・ヘイドン ジェームズ・グリースン ナンシー・ゲイツ
1954年

こぐま物語(1947)

  • 1954年8月9日(月)公開
  • 出演(声)(Ludwig Von Drake 役)

「ダンボ」のウォルト・ディズニーが提供するテクニカラー色彩の長篇漫画映画。シンクレア・ルイスの原作による第1話と、童話『ジャックと豆の木』に基づいた第2話との2篇からなり、第1話にはダイナー・ショアの解説が入り、第2話では「ママの思い出」のエドガー・バーゲンが出演する。後に邦題が「ファン・アンド・ファンシーフリー」と改題された。

監督
ウィリアム・モーガン
出演キャスト
エドガー・バーゲン チャーリー・マッカーシー モーチマー・スナード ルアナ・パットン

第十一号監房の暴動

  • 1954年6月19日(土)公開
  • 出演(Monroe 役)

「駅馬車(1939)」のウォルター・ウェンジャーが製作する1954年映画で、リチャード・コリンズの書き下ろし脚本を新人ドン・シーゲルが監督する。撮影は「果てしなき蒼空」のラッセル・ハーラン、音楽は「月蒼くして」のハーシェル・ギルバート。特にスタアは出演させず、「赤い山」のネヴィル・ブランド、「シェーン」のエミイル・メイヤー、「限りなき追跡」のレオ・ゴードン、「ギャングを狙う男」のフランク・フェイレン、「乱暴者」のロバート・オスターロー、「宇宙戦争」のポール・フリーズ、ドン・キーファーらが共演する。

監督
ドン・シーゲル
出演キャスト
ネヴィル・ブランド エミル・メイヤー フランク・フェイレン レオ・ゴードン
1953年

果てしなき蒼空

  • 1953年4月27日(月)公開
  • 出演(MacMasters 役)

「遊星よりの物体X」と同じくウィンチェスター・プロ作品で、主宰者ハワード・ホウクス「赤い河」が製作・監督に当たった1952年作西部劇である。プリッツァ賞受賞作家A・B・ガスリー・ジュニアの原作を「狙われた駅馬車」のダドリー・ニコルズが脚色、「激戦地」のラッセル・ハーランが撮影した。音楽は「都会の牙」のディミトリ・ティオムキン。主演は「探偵物語」のカーク・ダグラス、「遊星よりの物体X」のデューウィ・マーティン、新人エリザベス・スレットで、「遠い太鼓」のアーサー・ハニカット、「凸凹猛獣狩」のバディ・ベア、スティーヴン・ジェレイ、ハンク・ウォーデン、ジム・デイヴィス、アンリ・レトンダルなどが助演する。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
カーク・ダグラス デューイ・マーティン エリザベス・スレット アーサー・ハニカット
1952年

陽のあたる場所

  • 1952年9月16日(火)公開
  • 出演(Morrison 役)

シオドア・ドラーサーの原作小説「アメリカの悲劇」の映画化(2度目。前作はジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督)で、「ママの思い出」のジョージ・スティーヴンスが製作及び監督に当たった1951年作品。「勇者のみ」のハリー・ブラウンとマイケル・ウィルスンが脚色し、撮影はウィリアム・C・メラー(「シンガポール珍道中」)、作曲はフランツ・ワックスマン「青いヴェール」の担当。主演は「赤い河」のモンゴメリー・クリフト、「緑園の天使」のエリザベス・テイラー 、「その男を逃すな」のシェリー・ウィンタースの3人で、アン・リヴィア「永遠のアンバー」、新進キーフ・ブラッセル、フレッド・クラーク、レイモンド・バー、ハーバート・ヘイスらが助演する。なお本作品は、51年度アカデミー監督賞、脚色賞、黒白撮影賞、作曲賞、編集賞、編集賞、黒白衣装デザインと6つのオスカーを獲得した。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
モンゴメリー・クリフト エリザベス・テイラー シェリー・ウィンタース キーフ・ブラッセル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・フリーズ