映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・ラスロップ

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1987年 まで合計40映画作品)

1987年

デッドリー・フレンド

  • 1987年2月11日(水)公開
  • 撮影

恋人のために異常に高いIQを利用して大人をあざむく青年のラヴ・ストーリー・ホラー・ムーヴィ。監督はウェス・クレイヴン、製作はロバート・M・シャーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはパトリック・ケリー、ダイアナ・へンステルの原作をブルース・ジョエル・ルービンが脚本化、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はチャールズ・バーンスタインが担当。出演はマシュー・ラボートー、クリスティ・スワンソンほか。

監督
ウェス・クレイヴン
出演キャスト
マシュー・ラボートー クリスティ・スワンソン マイケル・シャレット Anne Twomey
1985年

ハメット

  • 1985年12月21日(土)公開
  • 撮影

ハードボイルド小説の開祖として名高いダシール・ハメットが私立探偵社を退社し作家活動に移った時に巻き込まれた事件を描く。製作はフレッド・ルース、ロナルド・コルビー、ドン・ゲスト、監督は「パリ、テキサス」のヴィム・ヴェンダース、エグゼクティヴ・プロデューサーはフランシス・フォード・コッポラ、ジョー・ゴアズの同名小説(角川文庫)をロス・トーマスとデニス・オフラハティが共同で脚本化、撮影はジョセフ・バイロックとフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・バリー、プロダクション・デザインはディーン・タヴォラリス、衣裳デザインはルス・モーサーが担当。出演はフレデリック・フォレスト、ピーター・ボイル。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
フレデリック・フォレスト ピーター・ボイル マリル・ヘナー ロイ・キニアー
1981年

LOVEシーズン

  • 1981年6月6日(土)公開
  • 撮影

結婚21年目を迎えた夫婦に訪れる奇妙な四角関係を描くラブ・コメディ映画。製作はマーティン・ランソホフ。監督は「ワイオミング」のリチャード・ラング、原案・脚本はエリック・シーガル、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はヘンリー・マンシーニ、編集はドン・ジンマーマン、製作デザインはビル・ケニーが各々担当。出演はシャーリー・マクレーン、アンソニー・ホプキンス、ボー・デレク、マイケル・ブランドン、′メアリー・ベス・ハート、エドワード・ウィンター、ポール・レジナなど。

監督
リチャード・ラング
出演キャスト
シャーリー・マクレーン アンソニー・ホプキンス ボー・デレク マイケル・ブランドン

フーリング

  • 1981年3月14日(土)公開
  • 撮影

アメリカ中西部の、ミネソタ大学を舞台に、1人の一本気な青年が婚約者のいる大金持ちの娘を獲得するまでを描く。製作はアーノルド・コペルソン、監督は「マイ・ライフ(1978)」のリチャード・T・ヘフロン、脚本はマイク・ケインとデイヴィッド・スウィフト、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はシールズ&クロフツが各々担当。出演はゲイリー・ビジー、アネット・オトゥール、ジョン・カルビン、エディ・アルバート、クロリス・リーチマン、トニー・ランドールなど。

監督
リチャード・T・ヘフロン
出演キャスト
ゲイリー・ビジー アネット・オトゥール ジョン・カルヴィン エディ・アルバート
1979年

年上の女(1979)

  • 1979年当年公開
  • 撮影

夫の浮気に悩む中年の人妻と、ふと出会った町の若者との愛を描く。エグゼクティブ・プロデューサーはケヴィン・マコーミック、製作はロバート・スティグウッド、監督・脚本はジェーン・ワグナー、撮影はフィリップ・ラスロッブ、音楽はリー・ホールドリッジ、製作デザインはハリー・ホーナーが各々担当。出演はリリー・トムリン、ジョン・トラヴォルタ、アンドラ・エイカーズ、バート・クレイマー、シェリー・R・ボーナス、デブラ・フューアー、ジェームズ・ルイジなど。

監督
ジェーン・ワグナー
出演キャスト
リリー・トムリン ジョン・トラヴォルタ アンドラ・エイカーズ バート・クレイマー

エアポート’80

  • 1979年12月15日(土)公開
  • 撮影

ワシントンからモスクワに向かって飛行する超音速ジェット機を舞台に、数度の危機を無事に乗りこえるパイロットと乗客たちの姿を描くシリーズ4作目。製作はジェニングス・ラング、監督は「猫」のデビッド・ローウェル・リッチ。ジェニングス・ラングの原案を基にエリック・ロスが脚色。撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はラロ・シフリン、編集はドロシー・スペンサー、製作デザインはヘンリー・バムステッドが各々担当。出演はアラン・ドロン、スーザン・ブレイクリー、ロバート・ワグナー、シルヴィア・クリステル、ジョージ・ケネディ、エディ・アルバート、ビビ・アンデルソン、デイヴィッド・ワーナー、ジョン・デイヴィッドソン、アンドレア・マルコヴィッチなど。

監督
デイヴィッド・ローウェル・リッチ
出演キャスト
アラン・ドロン スーザン・ブレイクリー ロバート・ワグナー シルヴィア・クリステル
1978年

ザ・ドライバー

  • 1978年9月2日(土)公開
  • 撮影

夜のロスアンジェルスを舞台に、ギャングや強盗の逃走を請負うプロの『逃げ屋』ドライバーを中心に都会に生きる人々を描くカー・アクション映画。製作はローレンス・ゴードン、監督・脚本はウォルター・ヒル、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はマイケル・スモール、編集はティナ・ハーシュとロバート・K・ランバート、美術はデビッド・ハバー、メイクアップはガリイ・リディアード、スタント構成はイベレット・クリーチが各々担当。出演はライアン・オニール、ブルース・ダーン、イザベル・アジャーニ、ロニー・ブレイクリー、マット・クラーク、フェリチェ・オーランディ、ジョセフ・ウォルシュ、ルディ・ラモス、フランク・ブルーノなど。

監督
ウォルター・ヒル
出演キャスト
ライアン・オニール ブルース・ダーン イザベル・アジャーニ ロニー・ブレイクリー
1977年

エアポート’77 バミューダからの脱出

  • 1977年4月23日(土)公開
  • 撮影

ハイジャッカーを乗せたジャンボ機が海中に墜落し、脱出する人々を描く。製作総指揮はジェニングス・ラング、製作はウイリアム・フライ、監督はTVムービー「恐怖のエレベーター」のジェリー・ジェイムソン、脚本はデイヴィッド・スペクターとマイケル・シェッフの共同、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・カカバスが各々担当。出演はジャック・レモン、ジェームズ・スチュアート、リー・グラント、ブレンダ・ヴァッカロなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1977年度作品。

監督
ジェリー・ジェームソン
出演キャスト
ジャック・レモン ジェームズ・スチュアート リー・グラント ブレンダ・ヴァッカロ

カリブの嵐

  • 1977年4月2日(土)公開
  • 撮影

18世紀初めのカリブ海を舞台に活躍する海賊映画。製作総指揮はエリオット・カストナー、製作はジェニングス・ラング、監督は「大捜査」のジェームズ・ゴールドストーン、脚本は「さらば愛しき女よ」のジェフリー・ブルーム、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・アディソンが各々担当。出演はロバート・ショウ、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ピーター・ボイル、ボー・ブリッジスなど。本国公開原題は Swashbuckler。

監督
ジェームズ・ゴールドストーン
出演キャスト
ロバート・ショウ ジェームズ・アール・ジョーンズ ピーター・ボイル ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド
1976年

キラー・エリート(1976)

  • 1976年4月24日(土)公開
  • 撮影

CIAも手が出せないダーティな任務を業とする謎の民間組織『コムテグ』で暗躍する殺し屋たちの生態を描く。製作はマーティン・バウムとアーサー・ルイス、製作総指揮はヘルムート・ダンティーン、監督は「ガルシアの首」のサム・ペキインー、脚本はマーク・ノーマンとスターリング・シリファント、原作は元合衆国政府職員ロバート・ロスタンドが書いた「中間の猿」、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジェリー・フィールディング、編集はガース・クレーヴンが各々担当。出演はジェームズ・カーン、ロバート・デュバル、アーサー・ヒル、ギグ・ヤング、マコ、ボー・ホプキンス、バート・ヤング、ティアナなど。

監督
サム・ペキンパー
出演キャスト
ジェームズ・カーン ロバート・デュヴァル ギグ・ヤング アーサー・ヒル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・ラスロップ