映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・カーン

年代別 映画作品( 1966年 ~ 2015年 まで合計50映画作品)

1972年

愛はひとり

  • 1972年5月20日(土)
  • 出演(Larry_Moore 役)

退屈な田舎の生活に飽きた1人の若い娘が、何かを求めてシカゴという大都会にでてくるが、次第に都会の小さな歯車となり、失望し無気力になっていく自分自身と闘って生きる姿を描く。製作はこれが第1作目のピーター・ハイアムズ、監督は「フクロウと子猫ちゃん」のハーバート・ロス、脚本もピーター・ハイアムズ、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はジャック・エリオット、編集はモーリー・ワイントローブが各々担当。出演はキャンディス・バーゲン、ピーター・ボイル、ジェームズ・カーン、マーシャル・ロッド、エリン・オライリーなど。

監督
ハーバート・ロス
出演キャスト
キャンディス・バーゲン ピーター・ボイル ジェームズ・カーン マーシャル・ロッド
1970年

雨のなかの女

  • 1970年12月19日(土)
  • 出演(Kilgannon 役)

自分自身を、愛を、結婚を考え直すために旅に出た新婚1年足らずの女の肉体と精神の内側をえぐった作品。製作はロナルド・コルビー、バート・パットン、監督・脚色は「フィニアンの虹」のフランシス・フォード・コッポラ、撮影はウィルマー・バトラー、音楽はロナルド・スタイン、編集はブラッキー・マルキンが担当。出演は「華やかな情事」のシャーリー・ナイト、「宇宙大征服」のジェームズ・カーン、「ブリット」のロバート・デュヴァル。その他マーヤ・ジメット、ローリー・クリューズ、ロバート・モーディカなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
シャーリー・ナイト ジェームズ・カーン ロバート・デュヴァル マーヤ・ジメット
1969年

宇宙大征服

  • 1969年1月
  • 出演(Lee 役)

第2次大戦中、航空パイロットとして活躍し、その後、作家となって映画化された「翼の男」などで知られているハンク・シーラスのベストセラー小説をローリング・マンデルが脚色、「ジェイムス・ディーン物語」というジミーの回想記録映画で知られるロババート・アルトマン監督した宇宙冒険ドラマ。撮影はウィリアム・W・スペンサー、音楽は、レナード・ローゼンマンが担当した。出演は「悪魔のくちづけ」のジェームズ・カーン、「逃亡地帯」のロバート・デュヴァル、TV「ヒッチコック劇場」のジョアンナ・ムーアほか。製作は「青春の海」のウィリアム・コンラッド。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
ジェームズ・カーン ジョアンナ・ムーア ロバート・デュヴァル バーバラ・バクスレイ

テキサスの七人

  • 1969年6月10日(火)
  • 出演(Buck_Burnett 役)

ジーン・クーンの脚本による西部劇。監督のウィリアム・ヘイル、撮影のエンゾ・A・マルチネリ、音楽のデイヴィッド・ゲイツ、製作のハワード・クリスティら共にテレビの出身。出演は「エル・ドラド」のジェームズ・カーン、「甘い暴走」のマイケル・サラザンほか。

監督
ウィリアム・ヘイル
出演キャスト
ジェームズ・カーン マイケル・サラザン ブレンダ・スコット ドン・ストロード

悪魔のくちづけ(1967)

  • 1969年7月27日(日)
  • 出演(Paul_Montgomery 役)

カーティス・ハリントンとジョージ・エドワーズのストーリーを、ジョン・カーニーが脚色、ストーリーも担当しているカーティス・ハリントンが監督したサスペンスもの。撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はサミュエル・マトロフスキーが担当した。出演はフランスのベテラン、シモーヌ・シニョレ、「卒業」のキャサリン・ロス、「エル・ドラド」のジェームズ・カーン、「刑事マディガン」のドン・ストラウドほか。

監督
カーティス・ハリントン
出演キャスト
シモーヌ・シニョレ ジェームズ・カーン キャサリン・ロス ドン・ストロード
1968年

潜水艦X-1号

  • 1968年10月1日(火)
  • 出演(Commander_Bolton 役)

製作のジョン・C・チャンピオンとエドモント・ノースのオリジナルストーリーを、ドナルド・S・サンフォードとガイ・エルムズが脚色、新人ウィリアム・A・グラハムが監督した戦争アクション。撮影は「クレタの風車」のポール・ビーソンが担当している。出演は、「エル・ドラド」のジェームズ・カーン、デイヴィッド・サムナー、ノーマン・ボウラー、ブライアン・グリレスなど。

監督
ウィリアム・A・グラハム
出演キャスト
ジェームズ・カーン ルパート・デビス デイヴィッド・サムナー William Dysart
1966年

エル・ドラド(1966)

  • 1966年
  • 出演(Mississippi 役)

ハリー・ブラウンの小説を「リオ・ブラボー」のリー・ブラケットが脚色、「レッド・ライン7000」のハワード・ホークスが監督した西部劇。撮影はホークスの懇願で8年間の引退生活からカムバックしたハロルド・ロッソン、音楽は「ロリータ」のネルソン・リドルが担当した。出演はジョン・ウェインとロバート・ミッチャムのほかに「レッド・ライン7000」の新人たちジェームズ・カーン、シャーリン・ホルト、ロバート・ドナーなど。製作はハワード・ホークス、共同製作はポール・ヘルミック。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョン・ウェイン ロバート・ミッチャム ジェームズ・カーン シャーリン・ホルト

レッド・ライン7000

  • 1966年3月26日(土)
  • 出演(Mike 役)

「ハタリ!」のハワード・ホークスの原案をジョージ・カーゴが脚色、ハワード・ホークスが監督・製作した、スポーツカー・レースのスリルとレーサーの恋を描いたもの。撮影は「マンハッタン物語」のミルトン・クラスナー、音楽は「パリで一緒に」のネルソン・リドルが担当した。出演はほとんど新人で「不意打ち」のジェームズ・カーン、TVのローラ・デヴォン、モデル出身のゲイル・ハイアー、「男性の好きなスポーツ」のシャーリン・ホルト、「イグアナの夜」のジェームズ・ウォードほか。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジェームズ・カーン ローラ・デヴォン ゲイル・ハイアー シャーリン・ホルト
1965年

栄光の野郎ども

  • 1965年9月4日(土)
  • 出演(PVT._Anthony_Dugan 役)

ホフマン・バーニーの原作を「ダンディー少佐」のサム・ペキンパーが脚色、「酋長ジェロニモ」のアーノルド・レイヴンが監督したアクション西部劇。撮影は「ハッド」(アカデミー賞)のジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はリズ・オルトラーニが担当した。出演は「枢機卿」のトム・トライオン、「不沈のモリー・ブラウン」のハーヴ・プレスネル、「ダンディー少佐」のセンタ・バーガー、マイケル・アンダーソン・ジュニア、スリム・ピケンズ、「チャップマン報告」のアンドリュー・ダッガン、アダム・ウィリアムズ、ピータ・ブレックほか。製作はTVで活躍中のジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴンの3人組。

監督
アーノルド・レイヴン
出演キャスト
トム・トライオン ハーヴ・プレスネル センタ・バーガー マイケル・アンダーソン・Jr.
1964年

不意打ち

  • 1964年9月12日(土)
  • 出演(Randall 役)

ルーサー・デイヴィスのシナリオを、TV演出家のウォルター・グローマンが演出したアクション・スリラー。撮影は「白昼の決闘」のリー・ガームス、音楽はポール・グラスが担当した。製作はルーサー・デイヴィス。出演は「遥かなる我が子」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、TV「ドクター・キルデア」のジェームズ・カーン、ウィリアム・スワン、TV「アンタッチャブル」のジェフ・コーリーなどテレビスターたち。

監督
ウォルター・グローマン
出演キャスト
オリヴィア・デ・ハヴィランド アン・サザーン ジェフ・コーリー ジェームズ・カーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・カーン