TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャン=クロード・カリエール

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2019年 まで合計45映画作品)

2019年

パリの恋人たち

  • 2019年12月13日(金)
  • 脚本

「グッバイ・ゴダール!」のルイ・ガレルが監督・主演を務めたラブストーリー。アベルは同棲中のマリアンヌから友人ポールの子を妊娠したと明かされ、別れを告げられる。数年後、ポールの告別式で彼女と再会すると同時に、ポールの妹イヴからも告白され……。出演は、「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」のレティシア・カスタ、「プラネタリウム」のリリー=ローズ・デップ。第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品。第66回サンセバスチャン国際映画祭脚本賞受賞。

監督
ルイ・ガレル
出演キャスト
ルイ・ガレル レティシア・カスタ リリー=ローズ・デップ ジョゼフ・エンゲル

永遠の門 ゴッホの見た未来

  • 2019年11月8日(金)
  • 脚本

ウィレム・デフォーが孤高の画家ゴッホを演じ第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞した伝記ドラマ。幼い頃から精神に病を抱え周囲と人間関係を築けず常に孤独の中にあったゴッホ。誰にも理解されずとも筆を握り続けた彼が人生を通じ見つめたものとは……。「潜水服は蝶の夢を見る」で第60回カンヌ国際映画祭監督賞、第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞したほか、新表現主義の画家としても著名なジュリアン・シュナーベル監督が、ポスト印象派を代表するフィンセント・ファン・ゴッホの強烈な人生を描く。ウィレム・デフォーは本作により第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ウィレム・デフォー オスカー・アイザック マッツ・ミケルセン マチュー・アマルリック
2018年

つかのまの愛人

  • 2018年8月18日(土)
  • 脚本

1960年代から意欲的な作品を発表し続けるフランスの名匠フィリップ・ガレル監督作。哲学教師ジルと教え子アリアーヌが同棲する家に、ジルの娘ジャンヌが転がり込んでくる。同い年のジャンヌとアリエンヌは、父として恋人として、それぞれの愛をジルに求める。監督・脚本のフィリップ・ガレルをはじめ、共同脚本のジャン=クロード・カリエール、キャロリーヌ・ドリュアス=ガレル、アルレット・ラングマン、撮影のレナート・ベルタ、編集のフランソワ・ジュディジェ、音楽のジャン=ルイ・オベールといった「パリ、恋人たちの影」のスタッフが再集結。出演は「ストーン・カウンシル」のエリック・カラヴァカ、「君の名前で僕を呼んで」のエステール・ガレル、フィリップ・ガレルが教鞭をとる国立高等演劇学校の教え子だったルイーズ・シュヴィロット。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
エリック・カラヴァカ エステル・ガレル ルイーズ・シュヴィロット
2017年

パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>

  • 2017年4月22日(土)
  • 出演

『パリ市庁舎前のキス』で知られ、1994年にこの世を去ったフランスの写真家ロベール・ドアノーに迫るドキュメンタリー。当時の撮影風景やインタビューなど貴重な資料映像や親交のあった著名人による証言から、愛とユーモアに溢れた彼の人生を浮き彫りにする。監督は、ドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディル。出演は、ロベール・ドアノー、小説家のダニエル・ペナック、「愛して飲んで歌って」のサビーヌ・アゼマ、「存在の耐えられない軽さ」などの脚本家ジャン・クロード・カリエール、小説家の堀江敏幸。

監督
クレモンティーヌ・ドルディル
出演キャスト
ロベール・ドアノー フランシーヌ・ドルディル アネット・ドアノー サビーヌ・ヴァイス

パリ、恋人たちの影

  • 2017年1月21日(土)
  • 脚本

「恋人たちの失われた革命」のフィリップ・ガレル監督によるラブストーリー。ドキュメンタリー映画を制作するピエールと、彼を支える妻マノン。仕事に行き詰まったピエールは、若いエリザベットを愛人にする。第68回カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品。出演は、「ピストルと少年」のクロティルド・クロー、「ドライ・クリーニング」のスタニスラス・メラール。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
クロチルド・クロー スタニスラス・メラール レナ・ポーガム ヴィマーラ・ポンズ
2013年

ふたりのアトリエ ある彫刻家とモデル

  • 2013年11月16日(土)
  • 共同脚本

女性モデルとの交流を通じて、創作意欲を取り戻してゆく老彫刻家の姿を描いたドラマ。出演は「髪結いの亭主」のジャン・ロシュフォール、本作でゴヤ賞主演女優賞にノミネートされたアイーダ・フォルチ。フランスの彫刻家アリスティド・マイヨールの人生に着想を得て、「ベルエポック」のフェルナンド・トルエバ監督が作り上げた。

監督
フェルナンド・トルエバ
出演キャスト
ジャン・ロシュフォール アイーダ・フォルチ クラウディア・カルディナーレ ゲッツ・オットー
2011年

トスカーナの贋作

  • 2011年2月19日(土)
  • 出演(広場の男 役)

10年のカンヌ国際映画祭でジュリエット・ビノシュが主演女優賞を獲得したラブストーリー。偽の夫婦を演じることになった男女の虚実混交の恋愛もようが繰り広げられる。『友だちのうちはどこ?』のイランの巨匠アッバス・キアロスタミが母国を離れて初めて撮った長編作品となる。

監督
アッバス・キアロスタミ
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ ウィリアム・シメル ジャン=クロード・カリエール アガット・ナタンソン
2008年

宮廷画家ゴヤは見た

  • 2008年10月4日(土)
  • 脚本

「アマデウス」の巨匠ミロス・フォアマンがつむぎ上げた重厚な歴史ドラマ。天才画家ゴヤの目を通して、スキャンダラスな人間関係や愛の本質に切り込んでいく野心作だ。

監督
ミロス・フォアマン
出演キャスト
ハビエル・バルデム ナタリー・ポートマン ステラン・スカルスガルド ランディ・クエイド
2006年

記憶の棘

  • 2006年9月23日(土)
  • 脚本

ニコール・キッドマン主演の異色ロマンス。死んだ夫の生まれ変わりを名乗る少年と遭遇した未亡人の動揺と、出会いに隠された衝撃の事実をミステリアスに映し出す。

監督
ジョナサン・グレイザー
出演キャスト
ニコール・キッドマン キャメロン・ブライト ダニー・ヒューストン ローレン・バコール
2000年

サルサ!

  • 2000年8月12日(土)
  • 脚本

 情熱の音楽とダンスが愛と人生を語る仏製ラテン・ラブ・ロマンス。陽気なサルサのリズムにのせて、ラテン音楽に魅せられた若い男女の恋の行方をドラマチックに描く。

監督
ジョイス・シャルマン・ブニュエル
出演キャスト
ヴァンサン・ルクール クリスティアンヌ・グゥ カトリーヌ・サミー ミシェル・オーモン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャン=クロード・カリエール

ムービーウォーカー 上へ戻る