映画-Movie Walker > 人物を探す > ミシェル・ガラブリュ

年代別 映画作品( 1960年 ~ 2010年 まで合計19映画作品)

2010年

サブウェイ(2010年再公開版)

  • 2010年9月25日(土)公開
  • 出演(ジェスベール警部 役)

「アデル/ファラオと復活の秘薬」のリュック・ベッソンが26歳で作り上げ、セザール賞3部門に輝いた作品。パリを舞台に、大富豪の人妻に恋をし、重要書類を盗み出した青年を主人公にしたアクション。出演は、「ハイランダー/悪魔の戦士」のクリストファー・ランバート、「カミーユ・クローデル」のイザベル・アジャーニ。

監督
リュック・ベッソン
出演キャスト
イザベル・アジャーニ クリストフ・ランベール リシャール・ボーランジェ ミシェル・ガラブリュ
1993年

ベルエポック(1992)

  • 1993年12月18日(土)公開
  • 出演(Danglard 役)

自由への期待が溢れた三十年代のスペインを舞台に、純情な青年と美しい四姉妹の恋愛模様を、微妙なタッチで描いた一編。監督はスペイン映画界の注目株でフェルナンド・トルエバ。エクゼクティブ・プロデューサーは「ハモンハモン」のアンドレス・ビセンテ・ゴメス。監督と「歌姫カルメーラ」のラファエル・アズコーナ、ホセ・ルイス・ガルシアの原案をラファエル・アズコーナが脚色。撮影は「サム・サフィ」のホセ・ルイス・アルカイネ。音楽は「ダディ・ノスタルジー」のアントワーヌ・デュアメルが担当。主演はホルヘ・サンス。共演は「ハモンハモン」のペネローペ・クルス、「欲望の裏側」のアリアドナ・ヒル。「ハイヒール」のミリアム・ディアス・アロカ。「天国の半分」のフェルナンド・フェルナン・ゴメスらスペイン勢に加え、フランスから「右側に気をつけろ」のミシェル・ガラブリュが参加。

監督
フェルナンド・トルエバ
出演キャスト
ホルヘ・サンス ミリアム・ディアス・アロカ アリアドナ・ヒル マリベル・ベルドゥー
1989年

神風(1986)

  • 1989年11月18日(土)公開
  • 出演(アルベール 役)

リュック・ベッソンの「最後の戦い」「サブウェイ」で助監督をつとめたディディエ・グルッセの監督作。

監督
ディディエ・グルッセ
出演キャスト
ミシェル・ガラブリュ リシャール・ボーランジェ

右側に気をつけろ

  • 1989年1月28日(土)公開
  • 出演(l'Amiral 役)

空の旅、音の旅、男の旅の大きな三つの流れの交錯の中で描く18景の詩的ファンタジー。監督・脚本・編集・主演は「アリア」のジャン・リュック・ゴダール、撮影はカロリーヌ・シャンペティエ、音楽・主演はリタ・ミツコが担当。出演はほかにジャック・ヴィルレ、フランソワ・ペリエら。

監督
ジャン・リュック・ゴダール
出演キャスト
ジャン・リュック・ゴダール ジャック・ヴィルレ フランソワ・ペリエ ジェーン・バーキン
1986年

サブウェイ

  • 1986年12月20日(土)公開
  • 出演(Gesberg 役)

パリの地下鉄構内に棲息する若者たちの風変りな生活を背景に犯罪に捲き込まれる一人の若者を描く。製作・監督・脚本はリュック・ベッソン。共同製作はフランソワ・ルジェリ、共同脚本はピエール・ジョリヴェ、アラン・アンリ、ソフィー・シュミット、マルク・ペリエ、撮影にカルロ・ヴァリーニ、音楽はエリック・セラ、編集はソフィー・シュミット、美術はアレクサンドル・トローネが担当。出演はイザベル・アジャーニ、クリストファー・ランバートなど。

監督
リュック・ベッソン
出演キャスト
イザベル・アジャーニ クリストファー・ランバート リシャール・ボーランジェ ミシェル・ガラブリュ

Mr.レディMr.マダム3 ウエディングベル

  • 1986年9月27日(土)公開
  • 出演(Charrier 役)

ゲイ・クラブ“狂人の檻”を経営するレナートとアルバンの“夫婦”に、アルバンの伯母からの遺産話がころがり込んだことから起こる騒動を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはマルチェロ・ダノン。監督は「恋にくちづけ」のジョルジュ・ロートネル。脚本はミシェル・オーディアール、ジャック・オーディアール、マルチェロ・ダノン、ジョルジュ・ロートネル、ジェラルド・ランベール、撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はウーゴ・トニャッティ、ミシェル・セローなど。

監督
ジョルジュ・ロートネル
出演キャスト
ウーゴ・トニャッティ ミシェル・セロー アントネラ・インテルレンギ ミシェル・ガラブリュ
1985年

殺意の夏

  • 1985年6月15日(土)公開
  • 出演(Gabriel 役)

フランスの田舎町を舞台にある復讐を誓った娘が捲き起こす事件を描くサスペンス。製作はクリスティーヌ・ベイトゥ、監督は「タヒチの男」等のジャン・ベッケル。「狼は天使の匂い」の脚本などで知られる作家セバスチャン・ジャプリゾ自らが脚色。撮影はエティエンヌ・ベッケルとジャック・ドロー、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はイザベル・アジャーニ、アラン・スーションなど。

監督
ジャン・ベッケル
出演キャスト
イザベル・アジャーニ アラン・スーション シュザンヌ・フロン ジェニー・クレーヴ
1982年

ザ・カンニング IQ=0

  • 1982年4月3日(土)公開
  • 出演(Grosset 役)

勉強のできない予備校生たちが大学入学資格試験(バカロレア)に様々なカンニングを駆使して合格するまでを描いた喜劇。製作はクリスチャン・ラントレティアン、監督は「冒険喜劇 大出世」のクロード・ジディ、脚本はクロード・ジディ、ディディエ・カミンカ、ミシェル・ファブルの共同執筆。音楽はボブ・ブロール、撮影はポール・ボニスが各々担当。出演はダニエル・オートゥイユ、フィリップ・タッシーニ、カトリーヌ・エラルディ、フランソワーズ・ミショーなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ フィリップ・タッシーニ カトリーヌ・エラルディ フランソワーズ・ミショー
1981年

Mr.レディMr.マダム2

  • 1981年5月16日(土)公開
  • 出演(Simon Charrier 役)

南仏のニースでナイトクラブ“狂人の檻”を営む男性二人の家庭をコメディ・タッチで描いた「Mr.レディMr.マダム」の続篇で、今回はこの二人が共産圏スパイ団に生命を狙われる姿を描く。製作はマルチェロ・ダノン、監督は前作同様「プレステージ」のエドゥアール・モリナロ。フランシス・ヴェベールとジャン・ポワレの原案を基にフランシス・ヴェベールが脚色。撮影はアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はロベール・イスナルドン、製作デザインはルイジ・スカッチャノーチェ、衣裳はアンブラ・ダノンが各々担当。出演はウーゴ・トニャッティ、ミシェル・セロー、マルセル・ボズフィ、ミシェル・ガラブル、パオラ・ボルドーニ、ベニー・ルーク、ジョヴァンニ・ベットラッツォ、グラウコ・オノラートなど。

監督
エドゥアール・モリナロ
出演キャスト
ウーゴ・トニャッティ ミシェル・セロー マルセル・ボズフィ ミシェル・ガラブリュ
1980年

警部

  • 1980年11月22日(土)公開
  • 出演(Grimud 役)

マルセイユとモンテカルロの間のある街を舞台に、暗黒街と汚れた関係をもつ警察官を監督する一人の警部の活躍を描くアクション映画。製作はアラン・ポワレ、監督は「チェイサー」のジョルジュ・ロートネル。ミシェル・グリリアの原作を基にジャン・エルマンが脚色。撮影はアンリ・ドカエ、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はジャン・ポール・ベルモンド、マリー・ラフォレ、ミシェル・ガラブリュ、ジョルジュ・ジェレなど。

監督
ジョルジュ・ロートネル
出演キャスト
ジャン・ポール・ベルモンド マリー・ラフォレ ミシェル・ガラブリュ ジョルジュ・ジェレ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミシェル・ガラブリュ