映画-Movie Walker > 人物を探す > ラッセル・マルケイ

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2013年 まで合計11映画作品)

2013年

パニック・マーケット 3D

  • 2013年8月24日(土)公開
  • 製作総指揮、脚本

洪水によって1軒のスーパーマーケットに閉じ込められた若者たちのサバイバルを描くパニック・ホラー。ヴェネチア国際映画祭で上映され、イタリア、中国、ロシア、タイ、マレーシアなどで大ヒットを記録した。出演は「もうひとりのシェイクスピア」のゼイヴィア・サミュエル、「ステップ・アップ3」のシャーニ・ヴィンソン。3D。

監督
キンブル・レンドール
出演キャスト
ゼイヴィア・サミュエル シャーニ・ヴィンソン フィービー・トンキン マーティン・サックス
2007年

バイオハザードIII

  • 2007年11月3日(土)公開
  • 監督

人気ゲームを映画化したホラー・アクションの第3弾。おなじみミラ・ジョボビッチ演じるアリスが、宿敵アンブレラ社の“アリス計画”に利用され、壮絶なバトルを展開する。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ オーディド・フェール アリ・ラーター イアン・グレン
1998年

タロス・ザ・マミー 呪いの封印

  • 1998年公開
  • 監督、原案、脚本

現代に甦ったミイラ男の恐怖を描くホラー。監督は「ハイランダー」(シリーズ、3作)「スナイパー 狙撃者」のラッセル・マルケイ。脚本は原案をキース・ウィリアムスとマルケイがあたり、マルケイと「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のジョン・エスポジートが担当。製作は「ボーン・ダディ」のシルヴィオ・ムラグリア、「アサシン」のダニエル・スレザック、ジェフリー・ホワイト。製作総指揮はトム・リーヴ、ロメイン・シュローダー。撮影は「K2 ハロルドとテイラー」のガブリエル・バースタイン。音楽はステファーノ・マイネッティ。美術はブライス・ウォムスリー。編集はアーメン・ミネイシアン。SFXは「ウィッシュマスター」のKNBエフェクツ(ロバート・カーツマン、グレッグ・ニコテロ、ハワード・バーガー)で、視覚効果を「スフィア」のウィリアム・メサが担当。出演は「ジャングル・ブック」のジェイソン・スコット・リー、「ウィッカーマン」のクリストファー・リー、「エンジェルス」のルイーズ・ロンバート、「イベント・ホライゾン」のショーン・パートウィー、「ジキル博士はミス・ハイド」のリセット・アンソニー、「GODZILLA ゴジラ」のマイケル・ラーナー、「シャイニング」のシェリー・デュヴァルほか。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
ジェイソン・スコット・リー クリストファー・リー ルイーズ・ロンバート ショーン・パートウィー
1996年

スナイパー 狙撃

  • 1996年10月12日(土)公開
  • 監督

迷宮のごときハイテク・ビルを舞台に、暗殺者とその監視役の美女、黒幕の謎の男が織りなす暗闘をスタイリッシュなタッチで描いた近未来アクション。監督は「ハイランダー」シリーズ(3作)、「シャドー」のラッセル・マルケイ。美術はギル・エイアード、視覚デザインは「ザ・クロウ 飛翔伝説」のアレックス・マクドウェルでゴシック風建築とハイテクの組み合わせの妙がみごと。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
ドルフ・ラングレン ジーナ・ベルマン コンラッド・ダン クリス・ハイヤーダル
1994年

シャドー(1994)

  • 1994年公開
  • 監督

1928年にパルプ雑誌『フェーム&フォーチュン』誌に名前のないキャラクターとして登場し、翌年からはラジオ番組が放映開始、以来、演劇やコミックにも取り上げられ熱狂的な支持を得てきたアメリカの伝説的なヒーロー『シャドー』の物語を映画化した、ダーク・ファンタジー調のヒーロー活劇。独自の映像美学を発揮した監督は「ブロンディー 女銀行強盗」のラッセル・マルケイ。脚本は「カリートの道」のデイヴィッド・コープ。製作も同作のマーティン・ブレグマン、ウィリー・ベアー、マイケル・S・ブレグマンの共同。撮影は「ホッファ」のスティーブン・H・ブラム、音楽は巨匠ジェリー・ゴールドスミス。美術は「ターミネーター2」のジョゼフ・ネメック3世・世、SFXを「ミクロキッズ」のアリソン・サヴィッチ、特殊メイクを「アルタード・ステーツ 未知への挑戦」のカール・フラートンが担当。主演は「冷たい月を抱く女」のアレック・ボールドウィン、「M(エム)バタフライ」のジョン・ローン、「カリートの道」のペネロープ・アン・ミラー。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
アレック・ボールドウィン ジョン・ローン ペネロープ・アン・ミラー ピーター・ボイル
1993年

ブロンディー 女銀行強盗

  • 1993年10月23日(土)公開
  • 監督

美しい女銀行強盗が我が子を守るために危険なヤマに挑むサスペンス・アクション。監督は「リコシェ」のラッセル・マルケイ。製作は「スカーフェイス」のマーティン・ブレングマン、ウィリー・ベアー、マイケル・S・ブレグマン。エグゼクティヴ・プロデューサーはオートウィン・フレイヤマス、ウィリアム・デイヴィス、ウィリアム・オズボーン、ゲイリー・レヴィンソン。脚本は「ツインズ」のウィリアム・デイヴィスとウィリアム・オズボーンのコンビ。撮影はデニス・クロッサン。音楽は「ターミネーター2」のブラッド・フィーデル。主演は「愛という名の疑惑」のキム・ベイシンガー、「ヤングガン(1988)」のテレンス・スタンプ、「ドアーズ」のヴァル・キルマー。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
キム・ベイシンガー ヴァル・キルマー テレンス・スタンプ ゲイラード・サーテイン

ブルー・アイス

  • 1993年3月6日(土)公開
  • 監督

ボビー・ショート、ローリングストーンズのチャーリー・ワッツなど、スーパー・スターをナイト・クラブのシーンに起用した、華やかでスタイリッシュなスパイ映画。007とは対照的な個性を持つ主人公のハリーは、英国スパイ小説の第一人者テッド・オールビュリーが作り出したヒーローで、これを脚本家のロン・ハッチンソンが脚色した。監督は「リコシェ」「ハイランダー」のラッセル・マルケイ。プロデュースはハリー役を務めるマイケル・ケイン。相手役は「ブレードランナー」以来、活躍が目覚ましいショーン・ヤング。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
ショーン・ヤング マイケル・ケイン ボブ・ホスキンス イアン・ホルム
1992年

ハイランダー2 甦る戦士

  • 1992年5月23日(土)公開
  • 監督

不老不死の超人たちの戦いを描くSFアクション「ハイランダー 悪魔の戦士」の続篇。_ハイランダー_とは、「高地人」の意味で「スコッランド人」の意もある。監督は前作も担当した「リコシェ」のラッセル・マルケイ。製作はピーター・S・デイヴィスとウィリアム・パンツァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはガイ・コリンズとマリオ・ソテラ、脚本はピーター・ベルウッド、撮影はフィル・メヒュー、音楽はスチュワート・コープランドが担当。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
クリストファー・ランバート ショーン・コネリー ヴァージニア・マドセン マイケル・アイアンサイド

リコシェ

  • 1992年1月5日(日)公開
  • 監督

7年前刑務所に送り込んだ凶悪犯の執拗な復讐に立ち向かう元警官を描いたアクション映画。監督は「ハイランダー」のラッセル・マルケイ、製作は「ダイ・ハード2」のジョエル・シルヴァーとマイケル・レヴィ、エグゼクティヴ・プロデューサーはバリー・ジョセフソン、脚本はスティーヴン・E・デ・スーザ、原案はフレッド・デッカーと「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のメノ・メイエス、撮影は「プレデター2」のピーター・レヴィ、音楽は「プラスティック・ナイトメア 仮面の情事」のアラン・シルヴェストリが担当。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ジョン・リスゴー アイス・T ケヴィン・ポラック
1986年

ハイランダー 悪魔の戦士

  • 1986年11月1日(土)公開
  • 監督

16世紀のスコットランドと現代のニューヨークを舞台に不老不死の宿命を負った若者の運命を描く。製作はピーター・S・デイヴィスとウィリアム・N・パンザー、監督は「レイザーバック」のラッセル・マルケイ。グレゴリー・ワイデンの原案を基にワイデンとピーター・ベルウッド、ラリー・ファーガソンが脚色。撮影はジェリー・フィッシャー、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はクリストファー・ランバート、ロクサーン・ハートなど。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
クリストファー・ランバート ロクサーン・ハート クランシー・ブラウン ショーン・コネリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラッセル・マルケイ