映画-Movie Walker > 人物を探す > ミシェル・ブジュナー

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2017年 まで合計3映画作品)

2017年

はじまりのボーイミーツガール

  • 2017年12月16日(土)公開予定
  • 監督、脚本

フランスのベストセラー小説を映画化した青春ドラマ。12歳のヴィクトールは優等生のマリーに恋をしているが、落ちこぼれの彼には遠くから見つめるのが精一杯。そんなある日、マリーから勉強を手伝ってあげると家に招かれ、ヴィクトールは舞い上がるが……。監督は、「赤ちゃんに乾杯」などに出演し、本作が監督3作目となるミシェル・ブジュナー。出演は、ヴァイオリニストとして知られるアリックス・ヴァイヨ、「ミモザの島に消えた母」のジャン=スタン・デュ・パック、「エル ELLE」のシャルル・ベルリング、「もうひとりの息子」のパスカル・エルベ。ズリーン国際映画祭2017、ドバイ国際映画祭2016観客賞受賞。

監督
ミシェル・ブジュナー
出演キャスト
アリックス・ヴァイヨ ジャン=スタン・デュ・パック シャルル・ベルリング パスカル・エルべ
1996年

レ・ミゼラブル(1996)

  • 1996年8月3日(土)公開
  • 出演(Andre Ziman 役)

ヴィクトル・ユゴーの不朽の名作『レ・ミゼラブル』に想を得て、激動の20世紀を生き抜く人々の姿を描く大作メロドラマ。監督・製作・脚本は「男と女」「愛と哀しみのボレロ」などのメロドラマの名手クロード・ルルーシュ。いわゆる撮影担当者のクレジットはなく、照明監督としてフィリップ・パヴァンス・ド・セカッティが、ロケーション・ユニット・カメラマンとしてベルトがクレジットされている。音楽は「男と女」「白い恋人たち」などルルーシュとは名コンビで知られるフランシス・レイ、「シェルブールの雨傘」「プレタポルテ」などの巨匠ミシェル・ルグランという二大巨頭に加え、フランシス・レイ作曲の主題歌「レ・ミゼラブルの歌」を歌うのはパトリシア・カース。主演は「勝手にしやがれ」など、ヌーヴェルヴァーグ以降のフランス映画最大のスター、ジャン=ポール・ベルモンドで、「ライオンと呼ばれた男」に次いでルルーシュと組んだ。本作ではジャン・ヴァルジャンの現代版ともいうべき主人公とその父、さらに劇中劇として語られるユーゴーの原作のジャン・ヴァルジャンの三役に扮する。共演は「赤ちゃんに乾杯」のミシェル・ブジュナー、バレリーナ出身のアレサンドラ・マルティンヌほか。さらに「魅せられて」のジャン・マレー、「修道女」のミシュリーヌ・プレール、名脇役でコメディアンのダリー・カウルといった往年の大スター、ベルモンドの息子ポール・ベルモンドら、ゲスト出演陣も豪華。95年度ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞を受賞。

監督
クロード・ルルーシュ
出演キャスト
ジャン・ポール・ベルモンド ミシェル・ブジュナー アレッサンドラ・マルチネス アニー・ジラルド
1986年

赤ちゃんに乾杯!

  • 1986年9月6日(土)公開
  • 出演(Michel 役)

赤ちゃんを育てるハメに陥った3人の独身男性のテンヤワンヤぶりを描いたコメディー。85年度セザール賞の最優秀作品賞、脚本賞、助演男優賞(ミシェル・ブージュノー)を受賞している。製作はジャン・フランソワ・ルプティ、監督・脚本は「彼女と彼たち なぜ、いけないの」のコリーヌ・セロー、撮影はジャン・イヴ・エスコフィエ、編集はカトリーヌ・ルノー、美術はミシェル・オータン(他5人)が担当。出演はローラン・ジロー、ミシェル・ブージュノー。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
ローラン・ジロー ミシェル・ブージュノー アンドレ・デュソリエ フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミシェル・ブジュナー

ムービーウォーカー 上へ戻る