TOP > 映画監督・俳優を探す > カトリーヌ・ルノー

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2007年 まで合計8映画作品)

2007年

サン・ジャックへの道

  • 2007年3月10日(土)
  • 編集

仏からスペインに通じる世界遺産の巡礼路で撮影を行なったヒューマン・ドラマ。1500キロに及ぶ旅を通し、人種も生活環境も異なる人々の触れ合いがつづられる。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
マニュエル・ロビン アルチュス・ド・パンゲルン ジャン=ピエール・ダルッサン パスカル・レジティミス
2003年

女はみんな生きている

  • 2003年11月15日(土)
  • 編集

「赤ちゃんに乾杯!」の女流監督コリーヌ・セローの仏で大ヒットロングランを記録した最新作。平凡な主婦と娼婦が奇妙な友情を育み自立していく姿を描く、楽しい逆転人生ロマン。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
カトリーヌ・フロ ラシダ・ブラクニ ヴァンサン・ランドン リン・ルノー
1998年

パパラッチ(1998)

  • 1998年12月19日(土)
  • 編集

特ダネを追って日夜走り回るパパラッチ(盗撮キャメラマン)の姿を描いた娯楽作。監督は「カンヌ映画祭殺人事件」のアラン・ベルベリアン。脚本はダニエル・トンプソン、ベルベリアン、ジャン=フランソワ・アラン、セモン・ミシェル、ヴァンサン・ランドン、パトリック・ティムシット。撮影はヴィンセンツォ・マラーノ。音楽はフランク・ルーセル。出演は「女優マルキーズ」のパトリック・ティムシット、「憎しみ」のヴァンサン・ランドン、「ザ・マシーン 私の中の殺人者」のナタリー・バイほか。

監督
アラン・バーバリアン
出演キャスト
パトリック・ティムシット ヴァンサン・ランドン ナタリー・バイ カトリーヌ・フロ
1993年

女と男の危機

  • 1993年12月11日(土)
  • 編集

日常の中のさまざまな“危機”にほんろうされる現代人の姿を、ユーモアとエスプリ豊かに描いたコメディ。監督・脚本は「ロミュアルドとジュリエット」の女流監督コリーヌ・セロー。製作は「田舎の日曜日」のアラン・サルド。撮影はロベール・アラズラキ。オリジナル・スコアはソニア・ヴィーダー・アテルトンで、彼を含む三人の奏者が演奏するベートーヴェンの「ピアノ三重奏曲第三番・ハ短調」を使用。主演は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のヴァンサン・ランドン。共演はフランスの人気コメディアン、パトリック・ティムシット、「ラ・ブーム2」のザブー、「わんぱく戦争」などで知られる映画監督のイヴ・ロベールら。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
ヴァンサン・ランドン パトリック・ティムシット ザブー マリア・パコーム
1992年

サム・サフィ

  • 1992年8月1日(土)
  • 編集

あまりの自由にうんざりしたパリジェンヌが、ごく普通の生き方を求める姿をユーモラスに描くドラマ。監督・脚本は「ガーターベルトの夜」のヴィルジニー・テヴネ、製作はミシェル・プロペール、撮影は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のジャン・フランソワ・ロバン、音楽はキザイア・ジョーンズが担当。

監督
ヴィルジニー・テヴネ
出演キャスト
オーレ・アッティカ フィリップ・バートレット ロッシ・デ・パルマ クロード・シャブロル
1991年

ダニエルばあちゃん

  • 1991年4月20日(土)
  • 編集

パリに住む甥の家にやってきたいじわるばあさんの巻き超こす騒動を軽快なタッチで描いたコメディ。製作はシャルル・ガッソ、監督は「人生は長く静かな河」のエティエンヌ・シャティリエ、脚本はフロランス・カンタン、撮影はフィリップ・ウェルト、音楽をガブリエル・ヤーレが担当。出演はツィラ・シェルトン、エリック・プラほか。

監督
エティエンヌ・シャティリエ
出演キャスト
ツィラ・シェルトン カトリーヌ・ジャコブ エリック・プラ Mathieu Foulon
1989年

ロミュアルドとジュリエット

  • 1989年12月22日(金)
  • 編集

白人のワンマン社長と黒人の掃除婦の愛の行方を描くコメディ。製作はジャン・ルイ・ピエルとフィリップ・カルカソンヌ、監督・脚本は「赤ちゃんに乾杯!」のコリーヌ・セロー、撮影はジャン・ノエル・フェラギュが担当。出演はダニエル・オートゥイユ、フィルミーヌ・リシャールほか。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ フィルミーヌ・リシャール ピエール・ヴェルニエ マキシム・ルルー
1986年

赤ちゃんに乾杯!

  • 1986年9月6日(土)
  • 編集

赤ちゃんを育てるハメに陥った3人の独身男性のテンヤワンヤぶりを描いたコメディー。85年度セザール賞の最優秀作品賞、脚本賞、助演男優賞(ミシェル・ブージュノー)を受賞している。製作はジャン・フランソワ・ルプティ、監督・脚本は「彼女と彼たち なぜ、いけないの」のコリーヌ・セロー、撮影はジャン・イヴ・エスコフィエ、編集はカトリーヌ・ルノー、美術はミシェル・オータン(他5人)が担当。出演はローラン・ジロー、ミシェル・ブージュノー。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
ローラン・ジロー ミシェル・ブジュナー アンドレ・デュソリエ フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > カトリーヌ・ルノー

ムービーウォーカー 上へ戻る