映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャン・コクトー

年代別 映画作品( 1948年 ~ 2012年 まで合計17映画作品)

2012年

サント・ソスピール荘

  • 2012年1月30日(月)公開
  • 監督、出演

ジャン・コクトーの映画監督デビュー作であると同時にアヴァンギャルド映画の代表作。1994年6月17日より開催された「映像で蘇るジャン・コクトーの世界」にて上映。2012年1月10日から公開の「ジャン・コクトーの世界」にて、下高井戸シネマでイベント上映。

監督
ジャン・コクトー
出演キャスト
ジャン・コクトー エドゥアール・デルミ フランシーン・ウェスウェレル

グレヴァン蝋美術館

  • 2012年1月30日(月)公開
  • 出演(本人 役)

ジャン・コクトーの映画監督デビュー作であると同時にアヴァンギャルド映画の代表作。1994年6月17日より開催された「映像で蘇るジャン・コクトーの世界」にて上映。2012年1月10日から公開の「ジャン・コクトーの世界」にて、下高井戸シネマでイベント上映。

監督
ジャック・ドゥミ
出演キャスト
ミシェル・セロー ジャン・コクトー ジャン・ルイ・バロー リュドミラ・チェリーナ

詩人の血

  • 2012年1月10日(火)公開
  • 監督、脚本、編集

ジャン・コクトーの映画監督デビュー作であると同時にアヴァンギャルド映画の代表作。1994年6月17日より開催された「映像で蘇るジャン・コクトーの世界」にて上映。2012年1月10日から公開の「ジャン・コクトーの世界」にて、下高井戸シネマでイベント上映。

監督
ジャン・コクトー
出演キャスト
エンリケ・リベロ エリザベス・リー・ミラー ポリーヌ・カルトン
2009年

アニエスの浜辺

  • 2009年10月10日(土)公開
  • 出演

1950年代から活躍する映画作家アニエス・バルダ。彼女が思い出深い“浜辺”を訪れながら人生を振り返るドキュメンタリー。いまだ知的好奇心にあふれる、みずみずしい映像が満載だ。

監督
アニエス・ヴァルダ
出演キャスト
アニエス・ヴァルダ ロザリー・ヴァルタ マチュー・ドゥミ ポール・ヴァレリー
1994年

冷淡な美男子

  • 1994年6月17日(金)公開
  • 原作

赤い壁のホテルの一室で自分から心が離れてしまった男とそれを哀しみを持って見つめる女を描く短編。ジャック・ドゥミ監督の初のドラマ作品。元はジャン・コクトーがエディット・ピアフのために書き下ろした戯曲。1994年6月17日より開催された「映像で蘇るジャン・コクトーの世界」にて上映。

監督
ジャック・ドゥミ
出演キャスト
ジャンヌ・アラール アンジェロ・ベッリーニ
1991年

アモーレ

  • 1991年4月13日(土)公開
  • 原作戯曲

ふたつのむくわれぬ愛のかたちを、アンナ・マニャー二がほとんど一人芝居で演じ切る。製作・監督はロベルト・ロッセリーニ、第一話「人間の声」はジャン・コクトーの戯曲を基にロッセリーニが脚本を、撮影はロベール・ジュイヤールが、第二話「奇蹟」はフェデリコ・フェリーニが自らの原案を基にトゥリオ・ピネリと共同で脚本を、撮影はアルド・トンティがそれぞれ担当し、音楽は両篇ともレンツォ・ロッセリーニ。

監督
ロベルト・ロッセリーニ
出演キャスト
アンナ・マニャーニ フェデリコ・フェリーニ
1988年

クレーヴの奥方(1961)

  • 1988年11月19日(土)公開
  • 脚色

16世紀のフランスの宮廷社会を背景に、そこで生きる人々の繊細な恋愛心理を描く。製作はロベール・ドルフマン、監督は「寄宿舎」のジャン・ドラノワ、ド・ラファイエット夫人の原作を基に「オルフェの遺言 -私に何故と問い給うな-」のジャン・コクトーが脚色、撮影は「ベルリン・天使の詩」のアンリ・アルカン、音楽はジョルジュ・オーリックが担当。出演はジャン・マレー、マリナ・ヴラディ、ジャン・フランソワ・ポロンほか。

監督
ジャン・ドラノワ
出演キャスト
ジャン・マレー マリナ・ヴラディ ジャン・フランソワ・ポロン ピエラル
1986年

ジャン・コクトー 知られざる男の自画像

  • 1986年5月10日(土)公開
  • 出演

1963年に没したフランスの芸術家ジャン・コクトーの人生と仕事についてを、本人の残した言葉を基にコラージュしたドキュメント形式の作品。製作はクロード・ショーヴァ、監督・脚本はアルゼンチン生まれのエドガルド・コザリンスキー、原案はキャロル・ウェスウェレル、撮影はジャン・ルイ・レオン、編集はジョルジュ・クロッツ、カトリーヌ・デプラッツ、録音はエルヴィル・レルネールが担当。登場する人物はコクトーの他にエリック・サティ、レイモン・ラディゲ、ココ・シャネルなど。

監督
エドガルド・コザリンスキー
出演キャスト
ジャン・コクトー エリック・サティ レイモン・ラディゲ クリスチャン・ベラール
1976年

恐るべき子供たち

  • 1976年8月14日(土)公開
  • 原作、脚色、ナレーション

詩人ジャン・コクトーの代表作を、「海の沈黙」でデビューして既成のフランス映画界に衝撃をあたえたジャン・ピエール・メルヴィルが映画化しヌーヴェル・ヴァーグの先駆的役割を果たした作品。製作・監督はジャン・ピエール・メルヴィル、原作・台詞はジャン・コクトー、脚色はメルヴィルとコクトー、撮影はアンリ・ドカエ、音楽監修はポール・ボノー、編集はモニーク・ボノーが各々担当。出演はニコール・ステファーヌ、エドゥアール・デルミ、ルネ・コジマ、ジャック・ベルナール、メルヴィル・マルタン、マリア・シリアキュス、ジャン・マリ・ロバンほかで、ナレーションはコクトー自身が担当している。

監督
ジャン・ピエール・メルヴィル
出演キャスト
ニコール・ステファーヌ エドゥアール・デルミ ルネ・コジマ ジャック・ベルナール
1962年

オルフェの遺言 私に何故と問い給うな

  • 1962年6月1日公開
  • 監督、脚本、出演(Poet 役)

詩人ジャン・コクトーが四九年の「オルフェ」に引続き脚本を書き監督した映画で、自から主演している。撮影はローラン・ポントワゾー、音楽はジョルジュ・オーリックが担当。出演者は、コクトーをはじめとして前作「オルフェ」に出演したコクトーの養子エドゥアール・デルミ、マリア・カザレス、フランソワ・ペリエのほかジャン・マレー、ユル・ブリンナー、パブロ・ピカソ夫妻など多彩な顔ぶれである。

監督
ジャン・コクトー
出演キャスト
ジャン・コクトー エドゥアール・デルミ マリア・カザレス フランソワ・ペリエ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャン・コクトー