TOP > 人物を探す > ジャッキー・ウィーヴァー

年代別 映画作品( 年 ~ 2020年 まで合計12映画作品)

2020年

チア・アップ!

平均年齢72歳のチアリーディング・チームが、全米大会を目指して奮闘するさまを描くハートフルストーリー。チア未経験にして、持病やケガなど多くの問題を抱える8人のメンバーが、数々の困難を乗り越えて大会に挑む。主人公のマーサを「ゴッドファーザー」シリーズのダイアン・キートンが演じるほか、『世界にひとつのプレイブック』のジャッキー・ウィーヴァー、『マイ・インターン』のセリア・ウェストンらが出演。

監督
ザラ・ヘイズ
出演キャスト
ダイアン・キートン ジャッキー・ウィーヴァー セリア・ウェストン リー・パールマン

妻たちの落とし前

  • 出演(Agnieska 役)

『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督が手掛けるクライムサスペンス

監督
スティーブ・マックイーン
出演キャスト
ヴィオラ・デイヴィス ミシェル・ロドリゲス エリザベス・デビッキ シンシア・エリヴォ
2017年

ロスト・エモーション

  • 2017年3月4日(土)
  • 出演(Bess 役)

リドリー・スコット監督が製作総指揮を務めたSFラブサスペンス。世界戦争後、平和を守るために遺伝子操作で人間から感情が排除された。しかし感情を呼び起こす伝染病が発生、感情を持ったサイラスとニアは見つかれば殺されると知りながら惹かれ合っていく。監督は「あなたとのキスまでの距離」(未)のドレイク・ドレマス。出演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルト、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートほか。日本でも撮影が行われた。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。

監督
ドレイク・ドレマス
出演キャスト
ニコラス・ホルト クリステン・スチュワート ガイ・ピアース ジャッキー・ウィーヴァー
2015年

ハッピーボイス・キラー

  • 2015年9月19日(土)
  • 出演(ウォーレン医師 役)

漫画家として活躍し「ペルセポリス」では第60回カンヌ国際映画祭審査員賞を獲得したマルジャン・サトラピ監督と「パラノーマル・アクティビティ2」の脚本家マイケル・R・ペリーとが組み制作したファンタジックなスリラー。ある青年が思いを寄せる同僚の女性にデートをすっぽかされたことから思わぬ方向へ転がっていく様子をポップに描いていく。主人公の風変わりな青年を「グリーン・ランタン」のライアン・レイノルズが演じ「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」のジェマ・アータートンが生首姿となるほか、「イントゥ・ザ・ウッズ」のアナ・ケンドリックらがかわいらしさと不気味さが混在する世界観を体現している。

監督
マルジャン・サトラピ
出演キャスト
ライアン・レイノルズ ジェマ・アータートン アナ・ケンドリック ジャッキー・ウィーヴァー

ミッシング・デイ

  • 2015年4月4日(土)
  • 出演(Reigert 役)

養子縁組の仕組みにつけ込む人身売買集団と、娘のために闘う夫婦が激突するサスペンス・アクション。監督は、「愛を問うひと」のアラン・ホワイト。出演は、「グランドピアノ 狙われた黒鍵」のジョン・キューザック、「リンカーン弁護士」のライアン・フィリップ、「アニマル・キングダム」のジャッキー・ウィーヴァー。

監督
アラン・ホワイト
出演キャスト
ジョン・キューザック ライアン・フィリップ ジャッキー・ウィーヴァー レイチェル・レフィブレ

マジック・イン・ムーンライト

  • 2015年4月11日(土)
  • 出演(グレース 役)

1920年代の南フランスを舞台に、悲観主義者のイギリス人マジシャンと楽天主義者のアメリカ人女占い師の恋の行方を描くロマンティック・コメディ。監督・脚本は「ブルージャスミン」のウディ・アレン。出演は「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーン、「ミスティック・リバー」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、「ザ・フューチャー」のハミッシュ・リンクレイター。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
アイリーン・アトキンズ コリン・ファース マーシャ・ゲイ・ハーデン ハミッシュ・リンクレイター
2014年

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間

全世界に衝撃を与えた、アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディの暗殺事件。いまもなお多くの謎が残るケネディ大統領と容疑者とされるオズワルドの暗殺の真相に迫る社会派ドラマ。長年、ジャーナリストとして活躍してきたピーター・ランデズマンが、まったく新しい視点から事件の裏側に迫っていく。

監督
ピーター・ランデズマン
出演キャスト
ザック・エフロン ビリー・ボブ・ソーントン ポール・ジアマッティ ジャッキー・ウィーヴァー
2013年

イノセント・ガーデン

  • 2013年5月31日(金)
  • 出演(グウェンドリン 役)

『オールド・ボーイ』の韓国の鬼才パク・チャヌクがハリウッドで撮り上げたサスペンス・ミステリー。18歳の誕生日に不思議な箱を見つけたヒロインが、行方不明だった叔父の出現を機に不可思議な出来事に遭遇する姿を描く。ヒロインを演じるのは『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ。

監督
パク・チャヌク
出演キャスト
ミア・ワシコウスカ マシュー・グード ニコール・キッドマン ダーモット・マローニー

世界にひとつのプレイブック

  • 2013年2月22日(金)
  • 出演(ドロレス 役)

心に傷を抱えた男女が立ち直るため、ダンスコンテストに出場する姿をつづるハートフル・ムービー。シリアスなテーマに笑いを織り交ぜた作風が高い評価を得て、トロント国際映画祭で最高賞に当たる観客賞を受賞した。ブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンスというハリウッドの注目株の共演が見ものだ。

監督
デイヴィッド・O・ラッセル
出演キャスト
ブラッドリー・クーパー ジェニファー・ローレンス ロバート・デ・ニーロ クリス・タッカー
2012年

アニマル・キングダム

  • 2012年1月21日(土)
  • 出演(ジャニーン‘スマーフ’コディ 役)

インディペンデント作品ながら、オーストラリア・アカデミー賞をはじめ、世界各国の映画祭で評判を呼び、鬼才クエンティン・タランティーノが2010年の年間ベスト3に選んだという衝撃作。凶悪犯罪に手を染める一家と、彼らと一緒に暮らすことになった17歳の少年の葛藤と成長を描き出す。監督は『メタルヘッド』の脚本家デヴィッド・ミショッド。

監督
デヴィッド・ミショッド
出演キャスト
ベン・メンデルソン ジョエル・エジャートン ガイ・ピアース ルーク・フォード

関連ニュース

やばそうな面々に囲まれてご満悦のおばあちゃん。実は彼女が一番やばい人物だった
危険な犯罪者一家を取りまとめるのは、震撼必至の超極悪おばあちゃんだった!? 1月21日 18:00

命の危険にさらされながら仕事をこなす息子たちの健康に気を遣ってやり、息子たちが出かける際は必ず抱き締め、笑顔で愛情を注いであげるおばあちゃん。その優しい姿に普通の映画なら感動してしまうところだが、1月21日(土)より公開…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャッキー・ウィーヴァー