TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャーヌ・ロブル

年代別 映画作品( 1980年 ~ 1986年 まで合計2映画作品)

1980年

緑色の部屋

  • 1980年2月9日(土)
  • 出演(Madame Rambaud 役)

結婚後わずかの間に事故で死んでしまった若妻の肖像や遺品で飾られた“緑色の部屋”で生活する男の死者への愛情を描く。製作はマルセル・べルべールとローラン・トゥノー、監督は「恋愛日記」のフランソワ・トリュフォー。ヘンリー・C・ジェームズの数篇の単篇小説を基にトリュフォーとジャン・グリュオーが脚色。助監督はシュザンヌ・シフマン、撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はモーリス・ジョーべール、編集はマルティーヌ・バラーク・キュリー、美術はジャン・ピエール・コユ・スヴェルコ、衣装はモニーク・デュリーとクリスチャン・ガスクが各々担当。出演はフランソワ・トリュフォー、ナタリーバイ、ジャン・ダステ、ジャン・ピエール・ムーラン、アントワーヌ・ヴィテーズ、ジャーヌ・ロブル、ジャン・ピエール・デュコス、アニー・ミレールなど。

監督
フランソワ・トリュフォー
出演キャスト
フランソワ・トリュフォー ナタリー・バイ ジャン・ダステ ジャン=ピエール・ムラン
1986年

やさしい女

  • 1986年3月29日(土)
  • 出演(Anna 役)

ある若い女が質屋の主人と結婚し自殺するまでを描く。ドストエフスキーの同名短編(新潮社刊)を基に「白夜(1971)」のロベール・ブレッソンが監督・脚色、撮影はギスラン・クロケ、音楽はジャン・ヴィーネ、編集はレイモン・ラミーが担当。出演はドミニク・サンダほか。1986年の日本公開以来ほとんど上映機会がなく、ソフト化もされていなかったが、2015年4月4日よりデジタル・リマスター版で新宿武蔵野館他より全国上映された。

監督
ロベール・ブレッソン
出演キャスト
ドミニク・サンダ ギイ・フランジャン ジャーヌ・ロブル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャーヌ・ロブル

ムービーウォーカー 上へ戻る