映画-Movie Walker > 人物を探す > ケイト・ネリガン

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2009年 まで合計15映画作品)

2009年

シャッフル(2007)

  • 2009年1月31日(土)公開
  • 出演(ジョアンヌ 役)

人気女優サンドラ・ブロック主演のサスペンス・ミステリー。一週間の曜日が“シャッフル”されたかのようにバラバラに訪れる、斬新な設定のストーリー展開に注目だ。

監督
メナン・ヤポ
出演キャスト
サンドラ・ブロック ジュリアン・マクマホン ニア・ロング ケイト・ネリガン
2000年

サイダーハウス・ルール

  • 2000年7月1日(土)公開
  • 出演(Olive Worthington 役)

 大人になる過程で誰もが経験するようなできごとと心の軌跡を、味わい深くつづる。本年度アカデミー作品賞候補となったのをはじめ、各映画賞で高い評価を得た。

監督
ラッセ・ハルストレム
出演キャスト
トビー・マグワイア シャーリーズ・セロン デルロイ・リンド ポール・ラッド
1998年

追跡者(1998)

  • 1998年6月13日(土)公開
  • 出演(U.S. Marshal Walsh 役)

連邦保安官と逃亡者の追走劇を描くサスペンス・アクション。ヒット作「逃亡者」(93)の続編的作品で、同作でアカデミー助演男優賞を受賞したトミー・リー・ジョーンズがジェラード連邦保安官役で再登板、主演を張った。監督は「エグゼクティブ デシジョン」のスチュアート・ベアード。製作は「マッド・シティ」のアーノルドとアンのコペルソン夫妻。製作総指揮・キャラクター創作は「逃亡者」(オリジナルのテレビシリーズも)のロイ・ハギンズと同作の映画化を企画したキース・パリッシュ。脚本は本作がデビューとなるジョン・ポーグ。撮影は「ディアボロス 悪魔の扉」のアンジェイ・バートコウィアク。音楽は「エグゼクティブ デシジョン」のジェリー・ゴールドスミス。美術は「逃亡者」のマー・アーマド。編集は「ゴールデンアイ」のテリー・ローリングス。共演は「ザ・ファン」のウェズリー・スナイプス、「ショート・カッツ」のロバート・ダウニー・Jr.、「トリコロール 赤の愛」のイレーヌ・ジャコブ、「キルトに綴る愛」のケイト・ネリガンほか。

監督
スチュワート・ベアード
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ウェズリー・スナイプス ロバート・ダウニーJr. ジョー・パントリアーノ
1996年

死の愛撫

  • 1996年11月2日(土)公開
  • 出演(Katherine 役)

貧困と死が常の炭鉱の町で生きる娘の数奇な半生をたどり、彼女が愛する男を失った時にとった異常な行動を描いたシリアス・ドラマ。シェルドン・カリーの短編小説『The Grace Bay Miner’s Museum』(本邦未訳)を、ドキュメンタリー畑出身のモート・ランセンの監督で映画化。アイリッシュ色豊かな音楽はミラン・キムリッカが担当。主演は「誘惑のアフロディーテ」のヘレナ・ボナム=カーター。共演は「パワー・オブ・ワン」のスコットランド人俳優クライヴ・ラッセル、「キルトに綴る愛」のケイト・ネリガン、「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」のケネス・ウェルシュほか。

監督
モート・ランセン
出演キャスト
ヘレナ・ボナム・カーター ケイト・ネリガン クライヴ・ラッセル クレイグ・オレジニク

ブルーオアシス

  • 1996年10月4日(金)公開
  • ナレーション

“地球上で最も美しい森”といわれる海底のケルプ(海藻)で生活を営む魚や水中生物の姿を追った、IMAX 3D 方式によるドキュメンタリー。アメリカは南カリフォルニア沖のチャネルアイランド周辺で撮影された美しい水中の映像、とりわけガリバルディ、スパニッシュ・マッケレルなどの魚類、サンド・ローズ・アネモネ(イソギンチャク)、サザン・ケルプクラブ(カニ)、巨大クラゲ、パット・レイ(エイ)、カリフォルニア・アシカなど珍しい生物たちの生態が克明に捉えた映像が圧巻。監督は、海洋学者であり海洋映画の第一人者でもあるハワード・ホール。製作はIMAX社の創業者の一人であり、数々のIMAX作品を手掛けたグレアム・ファーガソン、撮影は「遙かなる夢 ニューヨーク物語」のノエル・アーチャムボルト。「遙かなる夢 ニューヨーク物語」と並び、都内・新宿の東京アイマックスシアターのこけら落としを飾った。 日本語版での上映。

監督
ハワード・ホール

アンカーウーマン

  • 1996年5月18日(土)公開
  • 出演(Joanna Kennelly 役)

アメリカの熾烈なTVメディアで活躍するアンカーを目指す女性の心の成長と恋を描いた、ロマンチックなラヴ・ストーリー。83年に若くして事故死した女性アンカー、ジェシカ・サヴィッチとその恋人ロン・カーショーをモデルにしたアランナ・ナッシュのノンフィクション『アンカーウーマン』(邦訳・徳間文庫)に依っている。監督は「フライド・グリーン・トマト」「8月のメモワール」のジョン・アヴネット。脚本はジョーン・ディディオンとジョン・グレゴリー・ダン。製作はアヴネット、デイヴィッド・ニックセイ、「8月のメモワール」のジョーダン・カーナーの共同。エクゼクティヴ・プロデューサーはエド・フックストラッテンとジョン・フォアマン、撮影は「ロブ・ロイ」のカール・ウォルター・リンデンローブ。音楽は「キルトに綴る愛」のトーマス・ニューマンで、主題歌はセリーヌ・ディオンの『ビコーズ・ユー・ラブド・ミー』。美術は「サブリナ」のジェレミー・コンウェイ、編集は、監督とは3作目のデブラ・ニール=フィッシャー、衣裳は「トイズ」のアルバート・ウォルスキーが担当。主演は「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のミシェル・ファイファーと「幸福の条件」のロバート・レッドフォード。共演は「私に近い6人の他人」のストッカード・チャニング、「赤ちゃんのおでかけ」のジョー・マンティーニャ、「ポケットいっぱいの涙」のグレン・プラマー、「キルトに綴る愛」のケイト・ネリガンとジェームズ・レブホーン、ミシェルの実妹でもある「ミ・ファミリア」のデディー・ファイファーほか。

監督
ジョン・アヴネット
出演キャスト
ロバート・レッドフォード ミシェル・ファイファー ストッカード・チャニング ジョー・マンテーニャ

キルトに綴る愛

  • 1996年2月10日(土)公開
  • 出演(Constance 役)

キルト作りの仲間として集まった7人の女性それぞれの愛の物語が、さながら1枚のキルトのパッチワークにも似た構成で綴られる一編。主要スタッフ、キャストが女性で占められた本格的な“女性映画”でもある。カリフォルニア大学の修士論文として発表したホイットニー・オットーの小説を、「あなたに降る夢」のジェーン・アンダーソンが脚色、監督にはオーストラリア出身のジョセリン・ムーアハウスがあたった。製作は「マドンナのスーザンを探して」などで長年コンビを組んできたサラ・ピルスバリーとミッジ・サンフォード。撮影は「シンドラーのリスト」のヤヌス・カミンスキー、音楽は「ショーシャンクの空に」のトーマス・ニューマン、美術は「スター・ウォーズ」「レイダース 失われたアーク」のレスリー・ディリーがそれぞれ担当。出演は「若草物語」のウィノナ・ライダー、「冷たい月を抱く女」のアン・バンクロフト、「ルームメイト」のエレン・バースティン、「理由」のケイト・キャプショー、「クルックリン」のアルフレ・ウッダード、「バッド・ガールズ」のダーモット・マルロニーほか。

監督
ジョセリン・ムーアハウス
出演キャスト
ウィノナ・ライダー ケイト・キャプショー ダーモット・マローニー エレン・バースティン
1994年

ウルフ

  • 1994年9月23日(金)公開
  • 出演(Charlotte Randall 役)

狼男という古典的な題材を、ホラー的要素よりも人間ドラマとラブ・ストーリーの面を強調して描いた一編。狼狂(自分が狼などの獣であると信じて、そうした行動を取る一種の精神病)の軽い発作に襲われたことがあるという作家ジム・ハリソンの体験を元に、彼と「ケープ・フィアー」のウェズリー・ストリックが共同で脚本を執筆し、「心の旅」のマイク・ニコルズが監督。製作は「ワーキング・ガール」でも監督と組んだダグラス・ウィック。撮影は「愛の狩人」などで監督と組み、フェリーニ作品を手掛けた名手ジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽は「ザ・シークレット・サービス」の巨匠エンニオ・モリコーネ、美術は「バットマン リターンズ」のボー・ウェルチ、衣装は「ガープの世界」のアン・ロス、特殊メイクは「狼男アメリカン」のリック・ベイカーがそれぞれ担当。主演は「愛の狩人」などニコルズ作品へは4度目の出演となるジャック・ニコルソンと、「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のミシェル・ファイファー。共演は「僕の美しい人だから」のジェームズ・スペイダー、「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」のケイト・ネリガン、ベテランのクリストファー・プラマーほか。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ミシェル・ファイファー ジェームズ・スペイダー ケイト・ネリガン
1992年

ウディ・アレンの影と霧

  • 1992年8月1日(土)公開
  • 出演(Eve 役)

1920年代の中央ヨーロッパ、連続殺人が起こる町に集う人間たちが織りなすミステリアス・コメディ。監督・脚本は「アリス」のウディ・アレン。製作はロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、撮影はカルロ・ディ・パルマで、いずれも「アリス」のスタッフ。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン キャシー・ベイツ ジョン・キューザック ミア・ファロー

サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方

  • 1992年3月14日(土)公開
  • 出演(Lila_Wingo 役)

サウス・キャロライナの沿岸地方とニューヨークの大都会を舞台にして、暗い過去を背負ったウィンゴ一家の次男と、自殺未遂を図った彼の姉の担当精神科医とが出会い、その悲劇のルーツを明らかにしていく姿を描くロマン。『コンラック先生』などの南部系作家パット・コンロイの原作『潮流の覇者(原題)』をもとに、彼自身とベッキー・ジョンストンが脚色、「愛のイエントル」に続くバーブラ・ストライサンドの監督第2作であり、撮影をスティーブン・ゴールドブラット、音楽をジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。

監督
バーブラ・ストライサンド
出演キャスト
ニック・ノルティ バーブラ・ストライサンド ブライス・ダナー ケイト・ネリガン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ケイト・ネリガン