映画-Movie Walker > 人物を探す > レナート・ベルタ

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2018年 まで合計34映画作品)

2018年

つかのまの愛人

  • 2018年8月18日(土)公開
  • 撮影

1960年代から意欲的な作品を発表し続けるフランスの名匠フィリップ・ガレル監督作。哲学教師ジルと教え子アリアーヌが同棲する家に、ジルの娘ジャンヌが転がり込んでくる。同い年のジャンヌとアリエンヌは、父として恋人として、それぞれの愛をジルに求める。監督・脚本のフィリップ・ガレルをはじめ、共同脚本のジャン=クロード・カリエール、キャロリーヌ・ドリュアス=ガレル、アルレット・ラングマン、撮影のレナート・ベルタ、編集のフランソワ・ジュディジェ、音楽のジャン=ルイ・オベールといった「パリ、恋人たちの影」のスタッフが再集結。出演は「ストーン・カウンシル」のエリック・カラヴァカ、「君の名前で僕を呼んで」のエステール・ガレル、フィリップ・ガレルが教鞭をとる国立高等演劇学校の教え子だったルイーズ・シュヴィロット。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
エリック・カラヴァカ エステール・ガレル ルイーズ・シュヴィロット
2017年

静かなふたり

  • 2017年10月14日(土)公開
  • 撮影監督

イザベル・ユペールの娘ロリータ・シャマ主演、パリの古書店を舞台に風変わりな愛を綴るラブストーリー。都会生活に馴染めない不器用なマヴィは、祖父と孫ほど年の離れた古書店店主ジョルジュと書物を通し心を通わせるが、彼には闇に包まれた過去があり……。監督は「ベルヴィル・トーキョー」のエリーズ・ジラール。田舎から来た27歳の主人公をロリータ・シャマが、謎めいた古書店店主ジョルジュを「昼顔」(1967)のジャン・ソレルが演じる。パリの文教地区カルチェ・ラタンに実在する書店で撮影された。

監督
エリーズ・ジラール
出演キャスト
ロリータ・シャマ ジャン・ソレル ヴィルジニー・ルドワイヤン

パリ、恋人たちの影

  • 2017年1月21日(土)公開
  • 撮影

「恋人たちの失われた革命」のフィリップ・ガレル監督によるラブストーリー。ドキュメンタリー映画を制作するピエールと、彼を支える妻マノン。仕事に行き詰まったピエールは、若いエリザベットを愛人にする。第68回カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品。出演は、「ピストルと少年」のクロティルド・クロー、「ドライ・クリーニング」のスタニスラス・メラール。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
クロティルド・クロー スタニスラス・メラール レナ・ポーガム ヴィマーラ・ポンズ
2014年

ダニエル・シュミット 思考する猫

  • 2014年7月19日(土)公開
  • 出演

「今宵かぎりは」の映画監督ダニエル・シュミットのドキュメンタリー。彼の人生に重要な役割を果たした人々へのインタビューと、豊富な映像資料によってその生涯と作品に迫る。共同監督は、本作が初長編映画となるパスカル・ホフマンとベニー・ヤーベルク。2010年ベルリン国際映画祭パノラマ部門などで公式上映された。

監督
パスカル・ホフマン ベニー・ヤーベルク
出演キャスト
イングリッド・カーフェン ヴェルナー・シュレーター ビュル・オジエ レナート・ベルタ

家族の灯り

  • 2014年2月15日(土)公開
  • 撮影

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。

監督
マノエル・デ・オリヴェイラ
出演キャスト
マイケル・ロンズデール クラウディア・カルディナーレ ジャンヌ・モロー レオノール・シルヴェイラ
2011年

甘い罠(2000)

  • 2011年5月21日(土)公開
  • 撮影

平穏に暮していたブルジョア一家が、ゆっくりと崩壊していくさまを、静謐かつ重厚に映し出すミステリー。原案はシャーロット・アームストロングの小説『見えない蜘蛛の巣』。監督は「嘘の心」のクロード・シャブロル。出演は「愛の破片」のイザベル・ユペール、「ヴァンドーム広場」のジャック・デュトロン。2011年5月21日より、東京・渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催された特集上映「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開傑作選」にて上映。

監督
クロード・シャブロル
出演キャスト
イザベル・ユペール ジャック・デュトロン アナ・ムグラリス ロドルフ・ポリー
2006年

不安(1998)

  • 2006年3月19日(日)公開
  • 撮影

「不安」をテーマとした3つの物語を描くオムニバス映画。監督はマノエル・ド・オリヴェイラ。出演はジョゼ・ピント、ルイス・ミゲル・シントラ、イザベル・ルト、レオノール・シルヴェイラ、リタ・ブランコ、ディオゴ・ドリア、レオノール・バルダックほか。各話は、「不死の人生」(原作:プリスタ・モンテイロ)「スージー」(原作:アントニオ・パトリシオ)「河の母」(原作:アゴスティナ・ベサ・ルイス)の3本。2006年3月11日より東京にて開催された「JADE 2006 インターナショナル ダンス フェスティバル」のひとつ「ダンス・イン・シネマ2006」(六本木・オリベホール)にて上映。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
ジョゼ・ピント ルイス・ミゲル・シントラ イザベル・ルト レオノール・シルヴェイラ
2004年

巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)

  • 2004年12月25日(土)公開
  • 撮影

「恋するシャンソン」の名匠、アラン・レネによるオペレッタ映画。'20年代風のゴージャスなファッションや美術が、歌と踊りたっぷりの恋のさや当てを華やかに彩る。

監督
アラン・レネ
出演キャスト
オドレイ・トトゥ サビーヌ・アゼマ イザベル・ナンティ ピエール・アルディティ
2003年

労働者たち、農民たち

  • 2003年7月25日(金)公開
  • 撮影

エリオ・ヴィットリーニの長編小説『メッシーナの女たち』の第44章から第47章まで原作に、労働者たちと農民たちの対立を超えた共生、そして人間と大地の共生を描く大河ドラマ。監督は「シチリア!」のダニエル・ユイレとジャン=マリー・ストローブ。2002年11月21日より、東京・千代田区 アテネ・フランセ文化センターにて開催された「ストローブ=ユイレの軌跡 1962-2000」にて上映。

監督
ダニエル・ユイレ ジャン=マリー・ストローブ
出演キャスト
アンジェラ・ヌガラ ジャシント・ディ・パスコリ ジャンパオロ・カッサリーノ

家宝

  • 2003年5月10日(土)公開
  • 撮影

94歳という映画界最長老監督のポルトガルの巨匠マノエル・ド・オリベイラの最新作。天使と悪魔の顔を持つ魅惑的な女性と周囲の人々との複雑な恋愛関係がミステリアスに語られる。

監督
マノエル・デ・オリヴェイラ
出演キャスト
レオノール・バルダック レオノール・シルヴェイラ イザベル・ルス リカルド・トレパ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レナート・ベルタ