映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・K・フレンチ

年代別 映画作品( 1917年 ~ 2003年 まで合計38映画作品)

2003年

巴里の女性

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演(His_Father 役)

チャールズ・チャップリンが原作・脚色・監督をした社会劇。主役にエドナ・パーヴィアンス、共演者に『世界の喝采』『風雲のゼンダ城』のアドルフ・マンジュウ、カール・ミラーほか。1976年新たに音楽を付け加えた再編集版を公開。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
エドナ・パーヴィアンス アドルフ・マンジュウ カール・ミラー リディア・ノット
1935年

流星二丁拳銃

  • 1935年当年公開
  • 出演(Tom_Lee 役)

「黒影怪盗団」「空中百万里」と同じくルイ・フリードランダーが監督した連続映画で、ネイサン・エディーの原作を、連続映画専門の脚色者たちジョージ・プリンプトン、ベイジール・ディッキー、ジャック・フォーリー、エラ・オニール及びヴィン・ムーアの5人が協力して脚色したものである。撮影は例によってリチャード・フライヤーでウィリアム・シックナーが共同した。主演者は「罪じゃないわよ」「土曜日の大観衆」のジョン・マック・ブラウンで、相手役は「昨日」「戦慄街」のジョイス・コンプトン、「空中百万里」「黒影怪盗団」のウォルター・ミラー、「スター悩殺」「宿命の窓」のレイモンド・ハットンで、ハリー・ルイス・ウッズ、フレッド・マッケイ、チャールズ・K・フレンチ等が助演している。

監督
ルイ・フリードランダー
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン ジョイス・コンプトン ウォルター・ミラー レイモンド・ハットン
1931年

山猫酒場

  • 1931年当年公開
  • 出演(Bradford 役)

「タッチ・ダウン」「砲煙」のリチャード・アーレンと「キャバレーの秘話」のルイズ・ドレッサーが共演する映画で、アグネス・ブランド・リーとキーン・トンプソンの二人がストオリイを書き下ろし、脚色したものに基づき、「征服群」「砲煙」のエドワード・スローマンが監督し、「影を売る男」「夜霧の女」のチャールズ・ラングが撮影に当たった。助演者は「アメリカの悲劇」「青春来る(1931)」のフランセス・ディー、「珍暗黒街」のトム・ケネッデー、マーティン・バートン、マーシャ・マナース、ガイ・オリヴァーなどである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
リチャード・アーレン ルイズ・ドレッサー フランセス・ディー トム・ケネディー
1928年

天空の勇者

  • 1928年当年公開
  • 出演(Buck's_Father 役)

「戦馬嘶く」「大驀進」のバック・ジョーンズ氏が主演する映画で、B・J・マック氏が原作及び撮影台本を書き、「喧嘩屋敷嫁取苦労」「キートンの大学生」のジェームズ・W・ホーン氏が監督し、「狼の唄」のアル・シーグラー氏、ハリー・J・ワイルド氏が撮影をした。主演者を助けて「炭坑」「熱車輪」のジョビナ・ラルストン嬢、アーネスト・ヒリアード氏、チャールズ・K・フレンチ氏その他が出演している。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
バック・ジョーンズ ジョビナ・ラルストン アーネスト・ヒリアード チャールズ・K・フレンチ

突貫ギブソン

  • 1928年当年公開
  • 出演(Dad_Barton 役)

「珍サーカス王」「珍案特許美顔術」「無鉄砲一番乗」と同じくフート・ギブスン氏の主演する映画で、「珍サーカス王」と同じくリーヴス・イースン氏の監督になったもの。原作もイースン氏自身で、それに基きイースン氏が甞ての喜劇俳優スリム・サマーヴィル氏と協力して撮影脚本を作成した。ギブスン氏の相手役はエスリン・クレア嬢出、そのほかジーウジ・ケイ・フレンチ氏、アラン・フォレスト等も出演している。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フート・ギブスン エスリン・クレア チャールズ・K・フレンチ アラン・フォレスト

夢想の犯罪

  • 1928年当年公開
  • 出演(Prosecuting_Tttorney 役)

「ホテル・インピリアル」「暗黒街」「最後の命令」等の撮影者として知名なるバート・グレノン氏が監督としてエフ・ピー・オー社に招かれてものした処女作品で、ユダヤ文学者として著名なイスラエル・ザングウィル氏作の小説をエフ・ピー・オー副社長ウウィリアム・ルバロン氏自ら映画的に改作し更にエワート・アダムソン氏が台本を製作した。主役は「暗黒街」「鉄条網」「忘れられた顔(1928)」のクライヴ・ブルック氏が勤め、「他言は御無用」「ウインダミア夫人の扇」のアイリーン・リッチ嬢を始め、「メリー・ウイドー(1925)」「猫とカナリア」のタリー・マーシャル氏、「岡惚れハリー」「乱射乱戦」のグラディス・マッコネル嬢、エセル・ウェールス嬢、キャロル・ナイ氏、エドモンド・ブリーズ氏等が共演している。

監督
バート・グレノン
出演キャスト
クライヴ・ブルック アイリーン・リッチ タリー・マーシャル エセル・ウェールス
1927年

情熱の激浪

  • 1927年当年公開
  • 出演(John_Harlan 役)

ジョージ・W・パイパーがストーリーを組み立て撮影台本を作ったものからデューク・ウォーンが監督した映画である、主なる出演者は「未来派女学生」「弥次喜多海軍の巻」のドナルド・キース、「特急黒ダイヤ」「足で蹴る恋」「珍婚世界漫遊記」のエドナ・マーフィをはじめ、チャールズ・K・フレンチ、それから古くは連続映画「拳骨」「笑いの面」などに出演したシェルドン・ルイス、同じく「紫の覆面」「名金」などの連続で名を轟かしたフランシス・フォード、「少年ロビンソン」「我れ一度怒れば」「天晴れ名投手」のトム・サンチ、セイラー・シャーキー等で、カメラはウォルター・グリフィンが担任している。

監督
デューク・ウォーン
出演キャスト
チャールズ・K・フレンチ ドナルド・キース エドナ・マーフィ シェルドン・ルイス

驀進デニー

  • 1927年当年公開
  • 出演(Hodge 役)

「与太者三幅対」「愉快な嘘つき」に続くレジナルド・デニー氏主演喜劇で、デニー氏自ら原作を書き、レイモンド・キャノン氏が脚色し「混線脱線スターは誰だ」「マラソン結婚」等と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督したものである。デニー氏対手役は「高原王」に出演したユニヴァーサル社のベビー・スターの1人バーバラ・ウォース嬢が勤め、「予太者三幅対」「相縁奇縁」等出演のリー・モーラン氏を始め、クロード・ギリングウォーター氏、チャールズ・K・フレンチ氏、アーマンド・カリス氏及びキングスレー・ベネディクト氏が助演している。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
レジナルド・デニー バーバラ・ウォース クロード・ギリングウォーター アーマンド・カリス
1926年

雨を呼ぶ男

  • 1926年当年公開
  • 出演(Hospital_Doctor 役)

ジェラルド・ポーモン氏作の雑誌連載小説に基づいてホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「南北勇腕比べ」「黄金洪水」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもので、「漂白い人」「狂乱船」等出演のウィルアム・コリアー氏、「黄金狂時代」「救いを求むる人々」出演のジョージア・ヘール嬢、「漂白い人」「駅馬車(1925)」等出演のアーネスト・トーレンス氏等が主演し、プランドン・ハースト氏、トム・ウィルソン氏、マーサ・トマック嬢が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ウィリアム・コリアー・ジュニア ジョージア・ヘール アーネスト・トーレンス ブランドン・ハースト
1925年

木ツ葉微塵

  • 1925年当年公開
  • 出演(Col._Jeff_McCall 役)

チャールズ・ウェリントン・ファーロング氏の書いた小説を、エドワード・セジウィック氏とレイモンド・L・シュロック氏とが脚色し過去20本のギブスン映画を監督したエドワード・セジウィック氏の監督で作られた。主役は「雷電キッド」「打て走れ」などと同じくフート・ギブスン氏で、相手は「命を的に」「豪傑ダン」など出演のマリアン・ニクソン嬢「漂泊の孤児」「ギブソンの大学生」など出演のジョシー・セジウィック嬢である。オレゴン州ベンドルトンで過日催されたカウボーイ協議会が取り入れてある西部大活劇

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
フート・ギブスン マリアン・ニクソン ジョシー・セジウィック G・レイモンド・ナイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・K・フレンチ