映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルーノ・ガンツ

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2017年 まで合計22映画作品)

2017年

ハイジ アルプスの物語

  • 2017年8月26日(土)公開
  • 出演(アルムおんじ 役)

ヨハンナ・スピリの児童文学「アルプスの少女ハイジ」を映画化。アルプスの山で祖父と暮らしていたハイジは、大富豪の娘クララの話し相手としてフランクフルトへ連れて行かれる。クララと固い友情で結ばれるハイジだったが、日に日に山の暮らしが恋しくなる。出演は、「ヒトラー 最期の12日間」のブルーノ・ガンツ、500人の候補の中から選ばれたアヌーク・シュテフェン。監督は、「リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密」のアラン・グスポーナー。

監督
アラン・グスポーナー
出演キャスト
アヌーク・シュテフェン ブルーノ・ガンツ イザベル・オットマン クイリン・アグリッピ
2009年

バーダー・マインホフ 理想の果てに

  • 2009年7月25日(土)公開
  • 出演(ホルスト・ヘロルド 役)

1970年代にヨーロッパを震撼させたドイツ赤軍10年間の歴史を描き、アカデミー賞外国語映画賞候補になった衝撃作。理想の社会を実現しようとした若者たちの運命がつづられる。

監督
ウーリー・エデル
出演キャスト
マルティナ・ゲデック モーリッツ・ブライブトロイ ヨハンナ・ヴォカレク ナディヤ・ウール

愛を読むひと

  • 2009年6月19日(金)公開
  • 出演(ロール教授 役)

ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説をケイト・ウィンスレット主演で映画化した感動作。第2次大戦後のドイツを舞台に、少年と謎めいた年上の女性との物語が展開する。

監督
スティーヴン・ダルドリー
出演キャスト
ケイト・ウィンスレット レイフ・ファインズ デヴィッド・クロス レナ・オリン
2008年

コッポラの胡蝶の夢

  • 2008年8月30日(土)公開
  • 出演(スタンチュレスク教授 役)

巨匠フランシス・フォード・コッポラが「レインメーカー」以来10年ぶりとなる監督作を完成。超自然的な現象によって、新たな人生を踏み出した男の運命を描く幻想ミステリー。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
ティム・ロス アレクサンドラ・マリア・ララ ブルーノ・ガンツ アンドレ・ヘンニック
2007年

僕のピアノコンチェルト

  • 2007年11月3日(土)公開
  • 出演(祖父 役)

天才ピアノ少年が、周囲の期待を受けながらも、自分自身の道を進んでいく姿を描いた感動ドラマ。実際の天才ピアニスト、テオ・ゲオルギューが演じる主人公の演奏に注目。

監督
フレディ・M・ムーラー
出演キャスト
ブルーノ・ガンツ ファブリツィオ・ボルサーニ テオ・ゲオルギュー ジュリカ・ジェンキンス
2006年

バルトの楽園(がくえん)

  • 2006年6月17日(土)公開
  • 出演(クルト・ハインリッヒ 役)

ベートーベンの第九を日本で初めて演奏したドイツ人捕虜の実話を壮大なスケールで映画化。真の正義感にあふれた人情派の収容所所長を「暴れん坊将軍」の松平健が熱演!

監督
出目昌伸
出演キャスト
松平健 ブルーノ・ガンツ 阿部寛 國村隼
2005年

ヒトラー 最期の12日間

  • 2005年7月9日(土)公開
  • 出演(Adolf Hitler 役)

ドイツ映画界が自国のタブーに挑み、世界的な反響を呼んだ問題作。アドルフ・ヒトラーの女性秘書らの証言に基づき、独裁者の死に際を重厚なタッチで描く。

監督
オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演キャスト
ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ララ コリンナ・ハルフォウフ Ulrich Matthes

クライシス・オブ・アメリカ

  • 2005年3月26日(土)公開
  • 出演(Richard Delp 役)

「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ監督最新作。副大統領候補の過去に疑惑をもった元米陸軍大尉が、そこに隠された巨大な陰謀に直面する姿を緊迫感たっぷりに描く。

監督
ジョナサン・デミ
出演キャスト
デンゼル・ワシントン メリル・ストリープ リーヴ・シュレイバー ジョン・ヴォイト
2000年

ベニスで恋して

  • 2000年12月23日(土)公開
  • 出演(Fernando 役)

 数々の映画賞を受賞したイタリア発の感動のラブ・ストーリー。旅先で失っていた自分を取りもどし、新たな人生に目ざめていく中年女性の前向きな姿が、共感を呼ぶ。

監督
シルヴィオ・ソルディーニ
出演キャスト
リーチャ・マリェッタ ブルーノ・ガンツ ジュゼッペ・バッティストン マリーナ・マッシローニ
1999年

永遠と一日

  • 1999年4月17日(土)公開
  • 出演(Alexandere 役)

詩人の人生最後の一日の心の旅を重厚なタッチで描きだした映像叙情詩。監督・脚本は「ユリシーズの瞳」のギリシャの巨匠テオ・アンゲロプロス。脚本協力は「シテール島の船出」以来アンゲロプロスと組むイタリアの名脚本家トニーノ・グエッラ(「ノスタルジア」)と、ペトロス・マルカリス、ジョルジオ・シルヴァーニ。製作はアンゲロプロス、シルヴァーニ、エリック・ユーマン(「ユリシーズの瞳」、監督作『ジェマ港』)、アメデオ・パガーニ。撮影のヨルゴス・アルバニティス(冬のシーン撮影)とアンドレアス・シナノス(夏のシーン撮影)、音楽のエレニ・カラインドルーはアンゲロプロス作品の常連。美術はヨルゴス・パッツァス。編集はヤニス・ツィツォプロス。録音はニコス・パパディミトリウ。衣裳はヨルゴス・ジアカス、コスタス・ディミトリアディス。出演は「ベルリン 天使の詩」「星の王子さまを探して」のブルーノ・ガンツ、「恋する女」のイザベル・ルノー、実際にアルバニア難民の少年アキレアス・スケヴィス、『親和力』のファビリチィオ・ベンティヴォリオ、「狩人」のニコス・クロウスほか。98年カンヌ映画祭パルム・ドール(大賞)受賞。

監督
テオ・アンゲロプロス
出演キャスト
ブルーノ・ガンツ イザベル・ルノー アキレアス・スケヴィス デスピナ・ベベデリ

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルーノ・ガンツ