映画-Movie Walker > 人物を探す > マギー・チャン

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2009年 まで合計27映画作品)

2009年

クリーン

  • 2009年8月29日(土)公開
  • 出演(エミリー・ワン 役)

フランス人監督オリビエ・アサイヤスが、かつての妻であるマギー・チャンをカンヌ映画祭主演女優賞に導いた感動作。人生の"再生"というテーマを美しい映像で描き出す。

監督
オリヴィエ・アサイヤス
出演キャスト
マギー・チャン ニック・ノルティ ベアトリス・ダル ジャンヌ・バリバール
2005年

オーギュスタン 恋々風塵

  • 2005年6月18日(土)公開
  • 出演(リン 役)

“仏版Mr.ビーン”と絶賛された、1995年の「おとぼけオーギュスタン」の続編。カンフースターを夢みる男と、マギー・チャン扮する美人鍼灸師の淡い恋模様が展開。

監督
アンヌ・フォンティーヌ
出演キャスト
ジャン・クレティアン・シベルタン・ブラン マギー・チャン ダリー・カウル ベルナール・カンパン
2004年

2046

  • 2004年10月23日(土)公開
  • 出演

アジアの巨匠ウォン・カーウァイ監督最新作。'60年代の香港を舞台に、トニー・レオン扮する作家の“現在”と、彼が描く小説「2046」の中の“未来”が交錯するラブ・ストーリー。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
トニー・レオン 木村拓哉 コン・リー フェイ・ウォン
2003年

HERO

  • 2003年8月16日(土)公開
  • 出演(飛雪 役)

中国の名匠チャン・イーモウ監督が、豪華キャストを迎えて手掛けた大河ロマン。戦乱の中国を舞台に、愛と復讐に生きた刺客たちの壮絶なドラマをミステリアスに描き出す。

監督
チャン・イーモウ
出演キャスト
ジェット・リー トニー・レオン マギー・チャン チャン・ツィイー
2001年

花様年華

  • 2001年3月31日(土)公開
  • 出演(Mrs. Chan 役)

鬼才ウォン・カーウェイがトニー・レオン&マギー・チャン共演でおくる珠玉のラブ・ストーリー。家庭を持つ貞淑な男女の禁断の愛と葛藤を、匂いたつような情感たっぷりにつづる。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
トニー・レオン マギー・チャン レベッカ・パン ライ・チン
2000年

ひとめ惚れ

  • 2000年11月25日(土)公開
  • 出演

 香港の人気俳優M・チャン&L・ライの「ラヴソング」に続く共演作。しがらみを抱え、恋に臆病な男女の幸せ探しをロマンティックに描きだす、大人のラブ・ストーリー。

監督
アンドリュー・ラウ
出演キャスト
マギー・チャン レオン・ライ エリック・コット スーキ・クワン
1998年

宋家の三姉妹

  • 1998年11月28日(土)公開
  • 出演(宋慶齢 役)

中国近代史の渦中で波乱の人生を送った三姉妹の姿を描いた大河ドラマ。監督は「誰かが私を愛してる」のメイベル・チャン。脚本はチャンのパートナーで「誰かが私を愛してる」「七小福」(監督も)のアレックス・ロー。製作総指揮は「ファイナル・プロジェクト」のレイモンド・チョウ。撮影は「ノックオフ」のアーサー・ウォン。音楽は「天と地と」の喜多郎とランディ・ミラー。衣裳は「ピーター・グリーナウェイの枕草子」のワダエミ。主演は「ラヴソング」のマギー・チャン、「スタンドウーマン夢の破片」のミシェール・ヨー、「ピーター・グリーナウェイの枕草子」のヴィヴィアン・ウー。共演は「赤い薔薇 白い薔薇」のウィンストン・チャオほか。97年度香港アカデミー(金像奨)など各賞を受賞。

監督
メイベル・チャン
出演キャスト
マギー・チャン ミシェル・ヨー ヴィヴィアン・ウー ウィンストン・チャオ

チャイニーズ・ボックス

  • 1998年2月7日(土)公開
  • 出演(Jean 役)

イギリス人ジャーナリスト、中国から渡ってきた女性、街を知り尽くしている香港生まれの女性の三人が、香港返還を目前に、それぞれの人生を選択してゆくラヴ・ストーリー。監督は「スモーク」のウェイン・ワンで、香港出身の彼が89年の実験作「命は安く、トイレットペーパーは安い」以来、本格的に香港を舞台にした劇映画に挑戦した。脚本はルイス・ブニュエル作品などで知られる当代随一の脚本家ジャン=クロード・カリエールとラリー・グロスの共同。製作はリディア・ディーン・ピルチャー、ジャン=ルイ・ピエール。製作総指揮は吉崎道代、レインハード・ブランディグ、稲葉明典、ジーン・ラバディ。撮影は「アンダーグラウンド」のヴィルコ・フィラチ。音楽は「スポーン」のグレアム・レヴェル。美術はクリス・ウォン。衣裳はシャーリー・チャン。出演は「Mバタフライ」「ダイ・ハード3」のジェレミー・アイアンズ、「花の影」のコン・リー、「イルマ・ヴェップ」「ラヴソング」のマギー・チャン。共演は「ライフ・ウィズ・マイキー」のルーベン・ブラデス、「フロント・ページ」などの香港の名喜劇人マイケル・ホイほか。

監督
ウェイン・ワン
出演キャスト
ジェレミー・アイアンズ リー・コン マギー・チャン マイケル・ホイ

ラヴソング

  • 1998年2月7日(土)公開
  • 出演(Qiao Li 役)

偶然に出会ったふたりの男女がそれぞれの夢を叶えるために別々の道を行き、再び出会うまでの10年間を、香港とニューヨークの雑踏の中に描き出すラヴ・ストーリー。監督・製作は「君さえいれば 金枝玉葉」のピーター・チャン。撮影は「レッド・ブロンクス」のジングル・マー。音楽は「君さえいれば 金枝玉葉」のチウ・ツァンヘイ。出演は「イルマ・ヴェップ」のマギー・チャン、「天使の涙」のレオン・ライ、「君さえいれば」のエリック・ツァン、「ブエノスアイレス」など香港の名キャメラマンとして鳴らすクリトファー・ドイルほか。97年香港金像奨グランプリほか、監督・脚本・主演女優(マギー・チャン)・助演男優(エリック・ツァン)・撮影(ジングル・マー)・美術指導(イー・チュンマン)・衣裳デザイン・映画音楽賞(チウ・ツァンヘイ)と、各賞を独占。

監督
ピーター・チャン
出演キャスト
レオン・ライ マギー・チャン エリック・ツァン クリストファー・ドイル
1997年

イルマ・ヴェップ

  • 1997年5月3日(土)公開
  • 出演(Maggie 役)

往年の犯罪活劇映画のリメイクの主演女優に起用された香港スター女優と、彼女を取り巻く製作スタッフたちが織りなす人間模様を、鮮烈な感覚で綴った一編。“Irma Vep”とは、ルイ・フイヤード監督の連続活劇「吸血ギャング団」(12)で活躍する女盗賊の名前(同作の原題“Les vampires”の綴り変え)で、オリジナルではダンサー出身の伝説的な女優ミュジドラが演じた。監督・脚本は「パリ・セヴェイユ」『冷たい水』(特別上映のみ)の俊英、オリヴィエ・アサイヤス。大胆な手持ち撮影が印象的な撮影は「そして、僕は恋をする」のエリック・ゴーティエ。デジタル・ノンリニア・システムを使用した編集はリュック・バルニエ、ちなみに最後の映写フィルムの処理は、専門の職人が手作業で行った。音楽は、ソニック・ユースの『Tunic』、ルナの『Bonnie & Clyde』などが効果的に使用されている。主演は「楽園の瑕」のマギー・チャン。共演は「パリ・セヴェイユ」「愛の誕生」のジャン=ピエール・レオ、「パリでかくれんぼ」のナタリー・リシャールほか。友情出演として「愛の誕生」のルー・カステル、「彼女たちの舞台」のビュル・オジェ、「エキゾチカ」のアルシネー・カーンジャンが顔を見せる。

監督
オリヴィエ・アサイヤス
出演キャスト
マギー・チャン ジャン・ピエール・レオ ナタリー・リシャール アントワーヌ・バズラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マギー・チャン