映画-Movie Walker > 人物を探す > ピナ・チェイ

年代別 映画作品( 1985年 ~ 1988年 まで合計3映画作品)

1988年

黒い瞳(1987)

  • 1988年1月30日(土)
  • 出演(La Succera 役)

ロシア人の人妻に恋したイタリア男の悲喜劇を描く。製作はシルヴィア・ダミーコ、ベンディコ・カルロ・クッキ。アントン・チェーホフの短編を基に、「ヴァーリャ! 愛の素顔」のニキータ・ミハルコフが監督・脚色。共同脚本はアレクサンドル・アダバシャン、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽はフランシス・レイ、編集はエンツォ・メニコーニが担当。出演はマルチェロ・マストロヤンニ、シルヴァーナ・マンガーノほか。

監督
ニキータ・ミハルコフ
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ シルヴァーナ・マンガーノ マルト・ケラー エレナ・ソフォーノワ
1987年

スキャンダラス 鏡の中の背徳

  • 1987年9月12日(土)
  • 出演

背徳の愛に溺れる貴婦人ヴァレリアの性の葛藤を耽美的な映像で描く。製作はピエトロ・イノセンティ、監督はガブリエレ・ラヴィア、脚本はガブリエレ・ラヴィアとリッカルド・ジオーネ、撮影はマリオ・ヴルピアーニ、音楽はジョルジョ・ガスリーニが担当。出演はモニカ・ゲリトーレ、カブリエル・ラヴィアほか。

監督
ガブリエレ・ラヴィア
出演キャスト
モニカ・ゲリトーレ ガブリエレ・ラヴィア ピナ・チェイ
1985年

トラヴィアータ1985・椿姫

  • 1985年11月9日(土)
  • 出演(Annina 役)

華やかなパリ社交界を舞台に、その花形娼婦ヴィオレッタが真実の恋に生き死んでゆく姿を描いたオペラ映画。製作はタラク・ベン・アマール、アレクサンドル・デュマ・フィスの原作を基に「エンドレス・ラブ」のフランコ・ゼフィレッリが監督・脚色・美術を担当。撮影はエンニオ・グァルニエリ。ジュゼッペ・ヴェルディの原曲オペラをジェームズ・レヴァインが監修・指揮、衣装はピエロ・トージ、美術デザインはジャンニ・クァランタが担当。出演はいずれもオペラ歌手でテレサ・ストラータス、プラシド・ドミンゴなど。

監督
フランコ・ゼフィレッリ
出演キャスト
テレサ・ストラータス プラシド・ドミンゴ コーネル・マクニール アラン・モンク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ピナ・チェイ