映画-Movie Walker > 人物を探す > 永瀬正敏

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2018年 まで合計77映画作品)

2018年

Vision

  • 2018年公開
  • 出演

監督
河瀬直美
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ 永瀬正敏
2017年

禅と骨

「ヨコハマメリー」の中村高寛監督による長編ドキュメンタリー。アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた京都嵐山・天龍寺の禅僧ヘンリ・ミトワは、80歳を目前に突如、童謡『赤い靴』の映画化を宣言する……。再現ドラマを絡めながらヘンリの人生を追う。出演は、「タイガーマウスク」のウエンツ瑛士、「麦子さんと」の余貴美子。ナレーションは、「あぶない刑事」シリーズの仲村トオル。

監督
中村高寛
出演キャスト
ヘンリ・ミトワ ウエンツ瑛士 余貴美子 利重剛

パターソン

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバー主演による鬼才ジム・ジャームッシュ監督作。ニュージャージー州パターソンを舞台に、街と同じ名前を持つバス運転手パターソンのなにげない7日間を、ユニークな人々との交流を交えながら映し出す。共演は「彼女が消えた浜辺」のゴルシフテ・ファラハニ、「光」の永瀬正敏。主人公の愛犬マーヴィンを演じたイングリッシュ・ブルドッグのネリーが第69回カンヌ国際映画祭<パルム・ドッグ賞>を受賞。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
アダム・ドライバー ゴルシフテ・ファラハニ 永瀬正敏 バリー・シャバカ・ヘンリー

光(河瀬直美監督)

やがて視力を失ってしまう運命を背負った天才カメラマンと、彼と出会い変わっていくヒロインの姿を描く、河瀬直美監督によるせつないラブストーリー。水崎綾女が映画の音声ガイドの制作に携わるヒロインを務め、河瀬監督の前作『あん』でもタッグを組んだ永瀬正敏が天才カメラマン役を演じる。

監督
河瀨直美
出演キャスト
永瀬正敏 水崎綾女 神野三鈴 小市慢太郎

ブルーハーツが聴こえる

  • 2017年4月8日(土)公開
  • 脚本、出演

1995年に解散するも、いまもなお絶大な人気を誇るロックバンド、THE BLUE HEARTS。彼らが残したメッセージ性の強い楽曲をモチーフに、飯塚健、下山天、井口昇ら6人の映画監督がコメディ、SF、ファンタジーなどジャンルも様々な6つのエピソードをつづるオムニバス作。尾野真千子、市原隼人、斎藤工ら豪華俳優陣にも注目。

監督
飯塚健 下山天 井口昇 清水崇
出演キャスト
尾野真千子 角田晃広 萩原みのり 伊藤沙莉
2016年

後妻業の女

  • 2016年8月27日(土)公開
  • 出演(本多芳則 役)

金持ちの男の後妻に入り、全財産を奪う“後妻業の女”と彼女に翻弄される人々を描く、大竹しのぶ主演のユーモラスな人間ドラマ。後妻業の女とグルになって人を騙す結婚相談所の所長を豊川悦司、ターゲットになる不動産王を笑福亭鶴瓶が演じるなど、実力派たちの演技が物語をより濃密なものにしている。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。

監督
鶴橋康夫
出演キャスト
大竹しのぶ 豊川悦司 尾野真千子 長谷川京子

64-ロクヨン- 後編

  • 2016年6月11日(土)公開
  • 出演(雨宮芳男 役)

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣

64-ロクヨン- 前編

  • 2016年5月7日(土)公開
  • 出演(雨宮芳男 役)

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの前編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未だ未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣

蜜のあわれ

  • 2016年4月1日(金)公開
  • 出演(金魚売りの男 役)

大正から昭和にかけて活躍した詩人で小説家の室生犀星が、自身をモデルに老作家と金魚の化身とのエロティックな日常を描いた小説を映画化したファンタジー。二階堂ふみが老作家の仕事場に現れては自由奔放にふるまい、惑わす金魚の化身・赤子を演じる。監督は『ソレダケ / that’s it』の映像派、石井岳龍。

監督
石井岳龍
出演キャスト
二階堂ふみ 大杉漣 真木よう子 高良健吾
2015年

あん

「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を、「殯の森」では同グランプリを獲得した河瀬直美監督が、作家やパフォーマーとして活躍するドリアン助川が人はなぜ生きるのかという根源的な問いに迫った同名小説を映画化。小さなどら焼き屋で粒あん作りを任された元ハンセン病患者の女性の姿を、四季の情景を織り交ぜながら描く。偏見にさらされ続けても精一杯生きようとする女性を「わが母の記」で第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林が、人生につまずいた雇われ店長を「KANO 1931海の向こうの甲子園」の永瀬正敏が、女性の良き理解者を「黒い雨」の市原悦子が演じる。

監督
河瀨直美
出演キャスト
樹木希林 永瀬正敏 市原悦子 内田伽羅

関連ニュース

河瀬直美監督が「用意スタート!」と言わない理由は?
河瀬直美監督が「用意スタート!」と言わない理由は?(2015年5月29日)

『萌の朱雀』で第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少の27歳で受賞し、『殯の森』(07)で同映画祭の第60回グランプリに輝いた河瀬直美…

河瀬直美監督が語る、樹木希林の賢さと内田伽羅の魅力
河瀬直美監督が語る、樹木希林の賢さと内田伽羅の魅力(2015年5月28日)

第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング上映された『あん』(5月30日公開)の河瀬直美監督にインタビュー。穏やかな関西弁が印象的な監督だが、あの樹…

永瀬正敏、役者人生で「肩の力が抜けた瞬間」とは?
永瀬正敏、役者人生で「肩の力が抜けた瞬間」とは?(2015年1月23日)

ジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』(89)で国内外から注目を集めたのは、永瀬正敏が23歳のとき。今、48歳となり、台湾のスタッフ・キャストとタッ…

永瀬正敏、相米慎二は「鬼監督」。愛情たっぷりに語る
永瀬正敏、相米慎二は「鬼監督」。愛情たっぷりに語る(2015年1月22日)

16歳のとき、相米慎二監督作『ションベン・ライダー』(83)でデビューして以降、映画にこだわり“映画俳優”として歩み続ける永瀬正敏。最新作となる台湾映画『KAN…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 永瀬正敏

ムービーウォーカー 上へ戻る