TOP > 映画監督・俳優を探す > キャスリン・ヒモフ

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2014年 まで合計6映画作品)

2012年

ジョイフル♪ノイズ

  • 2012年4月28日(土)
  • 編集

アメリカの小さな町を舞台に、聖歌隊の再生を描く感動のヒューマンドラマ。監督は、「キャンプ」のトッド・グラフ。出演は、「ヘアスプレー」のクイーン・ラティファ、「マグノリアの花たち」のドリー・パートン、「25年目のキス」のジェレミー・ジョーダン、「ザ・クリーナー 消された殺人」のキキ・パーマー。

監督
トッド・グラフ
出演キャスト
クイーン・ラティファ ドリー・パートン キキ・パーマー コートニー・B・ヴァンス
2007年

ライセンス・トゥ・ウェディング

  • 2007年11月24日(土)
  • 編集

結婚式を控えた若いカップルが様々なトラブルを乗り越えて、式本番へとたどりつくまでを描くコメディ。ロビン・ウィリアムスが教会のいじわるな牧師に扮し、笑わせてくれる。

監督
ケン・クワピス
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ マンディ・ムーア ジョン・クラシンスキー クリスティーン・テイラー

ロンリーハート

  • 2007年11月10日(土)
  • コ・プロデューサー、編集

米国犯罪史に刻まれた実話に基づくクライム・サスペンス。孤独な女性ばかりを毒牙にかける凶悪なカップルの異常な愛の形と、彼らを追う刑事の姿を映し出す。

監督
トッド・ロビンソン
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ ジェームズ・ガンドルフィーニ ジャレッド・レト サルマ・ハエック
1995年

愛の奴隷(1994)

  • 1995年10月21日(土)
  • 編集

アジェンデ大統領の社会主義政権が73年に軍事クーデターによって倒された後のチリを舞台に、若い女性ジャーナリストが、恋に落ちた写真家の青年とともに軍部の残虐行為を追う社会派ドラマ。同大統領の姪で、自らもジャーナリスト出身であり、「愛と精霊の家」の原作者として知られるチリ出身の女性作家、イサベル・アジェンデの小説『Of Love snd Shadows 』の映画化。監督は、アジェンデの亡命先となったベネズエラ育ちの米国人女性監督ベティ・カプランで、これが長編第1作。脚本は『Secret Horner』のドナルド・フリードとカプランの共同。製作はカプランとリチャード・グッドウィン、ポール・F・マイヤーソン。撮影は「私が愛したグリンゴ」「プレイグ」のフェリックス・モンティ、音楽はホセ・ニエト、美術はアベル・ファチェッロがそれぞれ担当。大胆なラヴ・シーンも演じたヒロインに「ホット・スポット」「ハイヤー・ラーニング」のジェニファー・コネリー、相手役には「愛と精霊の家」「マイアミ・ラプソディー」などでラテン系を代表する男優となったアントニオ・バンデラス。ヒロインの母親役を「暗殺の森」「1900年」のステファニア・サンドレッリが演じるほか、「シングルス」のカミーロ・ガラルド、「私が愛したグリンゴ」のパトリシオ・コントレラスらが脇を固める。

監督
ベティ・カプラン
出演キャスト
ジェニファー・コネリー アントニオ・バンデラス カミーロ・ガラルド ステファニア・サンドレッリ
2014年

キリング・ゾーイ ディレクターズカット版

  • 2014年12月6日(土)
  • 編集

「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノが制作総指揮を務めたバイオレンス・アクション。監督・脚本は、「ルールズ・オブ・アトラクション」のロジャー・エイヴァリー。出演は、「アナコンダ」のエリック・ストルツ、「ビフォア・ミッドナイト」のジュリー・デルピー、「略奪者」のジャン=ユーグ・アングラード。未公開シーンを加えたディレクターズカット版。

監督
ロジャー・エイヴァリー
出演キャスト
エリック・ストルツ ジュリー・デルピー ジャン=ユーグ・アングラード ゲイリー・ケンプ
1994年

キリング・ゾーイ

  • 1994年4月30日(土)
  • 編集

破滅にむかって突っ走る男と、彼が呼び寄せた金庫破りの天才、そして娼婦と銀行員の2つの顔を持つ娘。3人の愛憎が交錯する銀行襲撃事件の顛末を描いたいたバイオレンスアクション。「レザボア・ドッグス」のクエンティン・タランティーノが製作総指揮を務め、彼の盟友のロジヤー・エイヴァリーが監督デビューを飾っている。製作は「トゥルー・ロマンス」のサミュエル・ハディダ、エグゼクティヴ・プロデューサーはタランティーノと「レザボア・ドッグス」のローレンス・ベンダー、ベッカ・ボス。撮影はトム・リッチモンド、音楽はトマンダンディ、美術は「ナイト・オブ・ザ・コメット」のデイヴィッド・ワスコが担当。主演は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」「ニキータ」のジャン・ユーグ・アングラード、「恋愛の法則」のエリック・ストルツ、「「彼女」の存在」のジュリー・デルピー。共演は「ボディガード(1992)」のゲイリー・ケンプら。

監督
ロジャー・エイヴァリー
出演キャスト
エリック・ストルツ ジュリー・デルピー ジャン=ユーグ・アングラード ゲイリー・ケンプ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > キャスリン・ヒモフ

ムービーウォーカー 上へ戻る