映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフォンソ・キュアロン

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2007年 まで合計9映画作品)

2007年

パンズ・ラビリンス

  • 2007年10月6日(土)公開
  • プロデューサー

欧州各国で絶賛され、アカデミー賞で美術賞など3部門を獲得したダーク・ファンタジー。残酷な現実と恐怖の幻想世界を行き来する少女の心の闇を、圧倒的な映像美で描き出す。

監督
ギレルモ・デル・トロ
出演キャスト
セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥー イバナ・バケロ ダグ・ジョーンズ

パリ、ジュテーム

  • 2007年3月3日(土)公開
  • 監督、脚本

全編パリで撮影された、パリの街が主役のラブ・ストーリー。ヌーヴェルヴァーグ全盛の65年、エリック・ロメールやジャン=リュック・ゴダールなど6人の監督がそれぞれの視点でパリを描いた「パリところどころ」の現代版ともいえる、新たなパリ映画。監督にはコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、アルフォンソ・キュアロン、ウォルター・サレス、イサベル・コイシェ、諏訪敦彦、オリヴィエ・アサヤス、シルヴァン・ショメ、ジェラール・ドパルデューなど、出演者にはナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミ、ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエ、ジーナ・ローランズなど。

監督
ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ジェラール・ドパルデュー トム・ティクヴァ
出演キャスト
フロランス・ミュレール ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ベン・ギャザラ
2006年

トゥモロー・ワールド

  • 2006年11月18日(土)公開
  • 監督、脚色、編集

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、120億円もの巨額な制作費を用いて描いた近未来のサスペンス。クライブ・オーウェンの主演最新作。

監督
アルフォンソ・キュアロン
出演キャスト
クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア キウェテル・イジョフォー チャーリー・ハナム

タブロイド

  • 2006年1月21日(土)公開
  • プロデューサー

南米エクアドルから届いた社会派サスペンス。残忍な殺人鬼かもしれない男への独自取材を行なうテレビレポーターの行動と、やがて明らかになる驚愕の真実を描く。

監督
セバスチャン・コルデロ
出演キャスト
ジョン・レグイザモ レオノール・ワトリング ダミアン・アルカザール ホセ・マリア・ヤズピック
2005年

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

  • 2005年6月11日(土)公開
  • 製作

1974年に起きた衝撃の実話に基づくショーン・ペン主演の実録ドラマ。鬱屈した当時の米国社会を背景に、孤独な男が大統領暗殺を画策するまでを冷徹なタッチで描き出す。

監督
ニルス・ミュラー
出演キャスト
ショーン・ペン ナオミ・ワッツ ドン・チードル ジャック・トンプソン
2004年

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

  • 2004年6月26日(土)公開
  • 監督

J・K・ローリングのベストセラー小説を映画化した大ヒットファンタジー・シリーズ第3弾。13歳になったハリーたちに、恐ろしい脱獄囚と吸魂鬼ディメンターの魔の手が忍び寄る。

監督
アルフォンソ・キュアロン
出演キャスト
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ジュリー・クリスティ
2002年

天国の口、終りの楽園。

  • 2002年8月10日(土)公開
  • 監督、脚本

メキシコで大ヒットを記録した青春ロードムービー。真夏のまばゆい太陽のもと、年上の女性との忘れがたい日々を過ごした少年2人の成長を、イキイキとつづる。

監督
アルフォンソ・キュアロン
出演キャスト
ガエル・ガルシア・ベルナル マリベル・ベルドゥー ディエゴ・ルナ フアン・カルロス・レモリーナ
1998年

大いなる遺産(1997)

  • 1998年6月20日(土)公開
  • 監督

画家として成功を収めた青年の恋と成長と、彼の人生を変えた3人の男女との交流を描いたドラマ。文豪チャールズ・ディケンズによる同名作の、デイヴィッド・リーン監督版(46)に次ぐ二度目の映画化。監督は前作「リトル・プリンセス」では『小公女』の映画化を果たしたアルフォンソ・ケアロン。脚本はミッチ・グレイザー。製作は「ザ・ワイルド」のアート・リンソン。製作総指揮はデボラ・リー。撮影のエマニュエル・ルベスキ、音楽のパトリック・ドイル、編集のスティーヴン・ワイズバーグは「リトル・プリンセス」に続く参加。美術は「リチャード三世」(96)のトニー・バロー。衣裳はジュディアンナ・マコフスキー。主人公が描く絵画は気鋭の画家フランチェスコ・クレメンテ(エンド・クレジットで劇中で使用された彼の作品が映される)。出演は「ガタカ」のイーサン・ホーク、「Emma エマ」のグウィネス・パルトロウ、「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のアン・バンクロフト、「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」のロバート・デ・ニーロほか。

監督
アルフォンソ・キュアロン
出演キャスト
イーサン・ホーク グウィネス・パルトロウ ハンク・アザリア アン・バンクロフト
1995年

リトル・プリンセス

  • 1995年12月16日(土)公開
  • 監督

逆境にもめげず、明るく強く生きる夢見がちな少女の姿を優しい視点で描いたヒューマン・ストーリー。全米公開時には女性観客の強い支持を得て、異例の再ロードショーが行われた。原作は、『秘密の花園』『小公子』などの児童文学の名作で知られる女性作家、フランセス・ホジスン・バーネットの『小公女』で、名子役シャーリー・テンプル主演の「テンプルちゃんの小公女」(39)に続く2度目の映画化。監督はメキシコ映画界出身で、米国のテレビシリーズ『堕ちた天使たち』(V)の1編『Murder Obliquely』を演出したアルフォンソ・クアロンで、彼にとって初のアメリカ映画。脚本は「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェネスとテレビドラマ『Afterburn』のエリザベス・チャンドラー。製作は「クイズ・ショウ」のマーク・ジョンソン、エクゼクティヴ・プロデューサーは、映画監督ノーラ・エフロンの妹で、作家でもあるエイミー・エフロン。撮影は「雲の中で散歩」のエマニュエル・ルベスキ、音楽は「カリートの道」のパトリック・ドイル、美術は「バットマン リターンズ」のボー・ウェルチがそれぞれ担当。出演は、1万人の中からヒロインに選ばれた10歳のリーセル・マシューズ、「白馬の伝説」のリーアム・カニンガム、『ブラック・ビューティ/黒馬物語』(V)のエレナー・ブロン、「ハネムーン・イン・ベガス」の子役ヴァネッサ・リー・チェスターほか。

監督
アルフォンソ・キュアロン
出演キャスト
エリナー・ブロン リーアム・カニンガム リーセル・マシューズ ヴァネッサ・リー・チェスター

関連ニュース

トランプ政権でタイムリーすぎる映画に!『ノー・エスケープ 自由への国境』を監督が語る!
トランプ政権でタイムリーすぎる映画に!『ノー・エスケープ 自由への国境』を監督が語る!(2017年5月3日)

メキシコからアメリカへの不法入国を試みる人間に、謎の襲撃者が引き金を引く!映画『ノー・エスケープ 自由への国境』(5月5日公開)は、トランプ政権で移民問題に揺れ…

『ゼロ・グラビティ』の監督「サンドラとジョージのキスシーンがなくて良かった」
『ゼロ・グラビティ』の監督「サンドラとジョージのキスシーンがなくて良かった」(2013年12月12日)

アカデミー賞最有力と呼び声の高い『ゼロ・グラビティ』(12月13日公開)のアルフォンソ・キュアロン監督が来日。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(04)、『…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフォンソ・キュアロン