映画-Movie Walker > 人物を探す > ブライアン・エイハーン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1965年 まで合計15映画作品)

1965年

ウィーンの森の物語

  • 1965年1月15日公開
  • 出演(Johann_Strauss_senior 役)

フリッツ・エックハルトのオリジナル・ストーリーを、モーリス・トムブレーゲルが脚色、「青きドナウ」のスティーブ・プレヴィンが演出した音楽映画。撮影はガンサー・アンダース、音楽はハインツ・シュライター、編曲・指揮はヘルムート・フロシャワー、演奏はウィーン・シンフォニー・オーケストラが担当した。出演は「四時の悪魔」のカーウィン・マシューズ、「勝利者(1963)」のセンタ・バーガー、ブライアン・エイハーンほか。

監督
スティーヴ・プレヴィン
出演キャスト
ブライアン・エイハーン カーウィン・マシューズ Peter Kraus センタ・バーガー
1963年

剣豪ランスロット

  • 1963年10月25日公開
  • 出演(King_Arthur 役)

英国アーサー王時代史上有名な悲恋を剣豪ランスロットの勇猛さで描いたスペクタクルもの。「マラカイボ」のコーネル・ワイルドが製作、監督、主演し、夫人のジーン・ウォレスが6度目の共演をしている。ハリー・ワックスマンの撮影、ロン・グッドウィンが音楽を担当している。共演はアーサー王の極めつけの舞台俳優ブライアン・エイハーン、マイケル・ミーチャムなど舞台人。

監督
コーネル・ワイルド
出演キャスト
コーネル・ワイルド ジーン・ウォレス ブライアン・エイハーン ジョージ・ベイカー
1962年

スーザンの恋

  • 1962年6月9日公開
  • 出演(Stanton_Corbett 役)

ドリス・ヒュームの原作を「二十歳の火遊び」のデルマー・デイヴスが製作・脚色・監督した青春ドラマ。撮影はルシエン・バラード、音楽はマックス・スタイナーが担当。出演者は「二十歳の火遊び」のトロイ・ドナヒュー、コニー・スティーヴンス、ドロシー・マクガイア、ロイド・ノーランなど。

監督
デルマー・デイヴス
出演キャスト
トロイ・ドナヒュー コニー・スティーヴンス ドロシー・マクガイア ロイド・ノーラン
1960年

大都会の女たち

  • 1960年1月8日公開
  • 出演(Mr._Shalimar 役)

ロナ・ジャッフェのベスト・セラー小説を「ある微笑」のジーン・ネグレスコ監督が映画化した作品。ニューヨークの出版社を舞台にビジネス・ガール達の生態が描かれる。脚色はエディス・ソマーとマン・ルビン。撮影は「アンネの日記」のウィリアム・C・メラー、音楽はアルフレッド・ニューマン。出演者は「大戦争」のホープ・ラング、スージー・パーカー、マーサ・ハイヤー、スティーブン・ボイドなど。製作ジェリー・ウォルド。

監督
ジーン・ネグレスコ
出演キャスト
ホープ・ラング スティーブン・ボイド スージー・パーカー マーサ・ハイヤー
1956年

白鳥(1956)

  • 1956年6月1日公開
  • 出演(Father_Hyacinth 役)

4月にモナコ大公レニエ三世と結婚したグレイス・ケリーの主演作品。原作はハンガリーの生んだ戯曲作家フェレンク・モルナール。監督は「情欲の悪魔」のチャールズ・ヴィダー、製作はドア・シャーリー、脚本は我国には未封切ながらギネスの一連のコメディを書いているジョン・ダイトン、撮影監督は「アメリカの戦慄」のロバート・サーティースと「ブリガドーン」のジョゼフ・ルッテンバーグ。主演はグレイス・ケリー、「地中海夫人」のアレック・ギネスがイギリスから呼ばれてアメリカ映画に初出演し、他に「忘れじの面影(1948)」のルイ・ジュールダン。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
グレイス・ケリー アレック・ギネス ルイ・ジュールダン アグネス・ムーアヘッド
1954年

炎と剣

  • 1954年10月9日公開
  • 出演(King_Arthur 役)

「綱渡りの男」のロバート・L・ジャックスが製作し、「ナイアガラ」のヘンリイ・ハサウェイが監督したシネマスコープ1954年作品(テクニカラー)で、アーサー王時代を背景にした活劇映画。ハロルド・フォスターの新聞連載絵入りストーリイを「狙われた駅馬車」のダドリイ・ニコルズが脚色した。撮影は「ノックは無用」のルシエン・バラード、音楽は「巨象の道」のフランツ・ワックスマンが受け持った。主演は「ジュリアス・シーザー(1953)」のジェイム・メイスン、「魔術の恋」のジャネット・リー、「十二哩の暗礁の下に」のロバート・ワグナー、「南海の却火」のデブラ・パジェットで、スターリング・ヘイドン「戦闘機攻撃」、ヴィクター・マクラグレン「静かなる男」、ドナルド・クリスプ、ブライアン・エイハーンらが助演する。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ジェームズ・メイソン ジャネット・リー ロバート・ワグナー デブラ・パジェット

私は告白する

  • 1954年4月15日公開
  • 出演(Robertson 役)

「見知らぬ乗客」のアルフレッド・ヒッチコックが1953年に監督た作品で、ポール・アンセルムの戯曲の映画化。脚本はジョージ・タボリとウィリアム・アーチボルドの共同執筆。撮影は「見知らぬ乗客」のロバート・バークス、音楽の作曲指揮は「吹き荒ぶ風」のディミトリ・ティオムキンのの担当。主演は「終着駅」のモンゴメリー・クリフトと「人生模様」のアン・バクスターで、カール・マルデン(「欲望という名の電車」)、ブライアン・エイハーン(「大地は怒る」)、O・E・ハッセ、ロジャー・ダンらが助演する。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
モンゴメリー・クリフト アン・バクスター カール・マルデン ブライアン・エイハーン
1950年

ひばり

  • 1950年12月21日公開
  • 出演(Jim_Blake 役)

「トップ・ハット」他多くのアステア=ロジャース映画をつくった故マーク・サンドリッチが製作監督をした1941年度作品で、「桃色の店」のサムソン・ラファエルソンが自作の小説を劇化した戯曲より、「追憶(1941)」のアラン・スコットが脚色し、「欲望の砂漠」のチャールズ・ラングが撮影に当たっている。主演は「ママの新婚旅行」のクローデット・コルベール、「大時計」のレイ・ミランド、「永遠の処女」のブライアン・エイハーンの3人で、「海賊バラクーダ」のビニー・バーンズ、「接吻売ります」のウォルター・エイベル、「五番街の出来事」のグラント・ミッチェル、モナ・バリー、アーネスト・コサート、ジェームス・レニーが助演している。

監督
マーク・サンドリッチ
出演キャスト
クローデット・コルベール レイ・ミランド ブライアン・エイハーン ビニー・バーンズ

アマゾンの美女

  • 1950年6月20日公開
  • 出演(Anthony Ridgeway 役)

ジャングルで豹に襲われた美女が、25歳のまま年を取らなくなる怪奇スリラー。製作・監督はジョン・H・オーア、脚本はローレンス・キンブル、撮影はレギー・ラニング、音楽はモートン・スコットが担当。出演はジョージ・ブレント、コンスタンス・ベネット、ヴェラ・ラルストン、ブライアン・エイハーンなど。

監督
ジョン・H・オーア
出演キャスト
ジョージ・ブレント コンスタンス・ベネット ヴェラ・ラルストン ブライアン・エイハーン
1948年

風を起す女

  • 1948年2月公開
  • 出演(Henry_Pepper 役)

「世界の母」「クレイグの妻」のロザリンド・ラッセルが、「恋の凱歌」「男装」のブライアン・エイハーンと共に主演する映画で、エリック・シャレルが書きおろしたストーリーをテレーズ・ルイスとバリー・トリヴァースが協力脚色し、「ナイトクラブの女」「懐しのアリゾナ」のアーヴィンゲ・カミングスが監督、「再会(1944)」のジョセフ・ウォーカーが撮影監督した。主演者両優を助けて新顔のウィラード・パーカーを始め、アラン・ダインハート、エドワード・フィールディング、アン・サヴェッジ、ダグラス・ウッドらが出演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ロザリンド・ラッセル ブライアン・エイハーン ウィラード・パーカー アラン・ダインハート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブライアン・エイハーン