映画-Movie Walker > 人物を探す > ソフィー・マルソー

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2013年 まで合計22映画作品)

2013年

ポリス

  • 2013年11月9日(土)公開
  • 出演(ノリア 役)

「シラノ・ド・ベルジュラック」のジェラール・ドパルデューが、1985年のヴェネツィア映画祭で最優秀男優賞を受賞した犯罪ドラマ。監督・脚本は「悪魔の陽の下に」のモーリス・ピアラ。原案・共同脚本で「ロマンスX」のカトリーヌ・ブレイヤが参加している。共演は「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のソフィー・マルソー、「チャオ・パンタン」のリシャール・アンコニナ、「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」のサンドリーヌ・ボネール。特集上映「フランス映画の知られざる巨匠 モーリス・ピアラ」で日本劇場初公開。

監督
モーリス・ピアラ
出演キャスト
ジェラール・ドパルデュー ソフィー・マルソー リシャール・アンコニナ パスカル・ロカール
2011年

マーガレットと素敵な何か

  • 2011年10月29日(土)公開
  • 出演(マーガレット 役)

つらい思い出を封印して忙しく生きてきたヒロインが、過去の自分からの手紙を通して自分を再発見する過程をポップに描いた人間ドラマ。『世界でいちばん不運で幸せな私』のヤン・サミュエル監督がファンタジー描写に手腕を発揮。ソフィー・マルソーが、独身アラフォー女性の内面を等身大で好演する。

監督
ヤン・サミュエル
出演キャスト
ソフィー・マルソー マートン・ソーカス ミシェル・デュショーソワ ジョナサン・ザッカイ
2004年

あなたにも書ける恋愛小説

  • 2004年5月22日(土)公開
  • 出演(Polina Delacroix 役)

恋愛映画の名手、ロブ・ライナー監督&ケイト・ハドソン主演のラブ・ストーリー。小説家と速記係の恋模様を、現実と小説の中の世界をシンクロさせてつづる小粋な物語。

監督
ロブ・ライナー
出演キャスト
ケイト・ハドソン ルーク・ウィルソン ソフィー・マルソー デイヴィッド・ペイマー
2002年

ルーヴルの怪人

  • 2002年6月15日(土)公開
  • 出演(Lisa 役)

フランス本国で大ヒットを記録した怪奇ミステリー。世界最古のルーヴル美術館に伝わる呪いの伝説と謎、悪霊に取りつかれる若い女性の数奇な運命をスリリングに描く。

監督
ジャン・ポール・サロメ
出演キャスト
ソフィー・マルソー ミシェル・セロー フレデリック・ディーファンタル ジュリー・クリスティ
2000年

ワールド・イズ・ノット・イナフ

  • 2000年2月5日(土)公開
  • 出演(Elektra King 役)

英国諜報部MI6の諜報員007ことジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第19作。監督は「ネル」のマイケル・アプテッド。脚本は「トゥモロー・ネバー・ダイ」のブルース・フィアステイン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド。原案はパーヴィスとウェイド。製作のバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンと音楽のデイヴィッド・アーノルドは「トゥモロー・ネバー・ダイ」に続く参加。撮影はエイドリアン・ビドル。美術は「タイタニック」のピーター・ラモント。編集はジム・クラーク。出演は「トゥモロー・ネバー・ダイ」に続きピアース・ブロスナン、「ファイアーライト」のソフィ・マルソー、「ワイルド シングス」のデニーズ・リチャーズ、「フル・モンティ」のロバート・カーライル、「危険な動物たち」のジョン・クリーズに加えて、レギュラー陣のデズモンド・ルウェリン(本作撮影後に死去し、遺作となった)、ジュディ・デンチらが登場。

監督
マイケル・アプテッド
出演キャスト
ピアース・ブロスナン ソフィー・マルソー ロバート・カーライル デニース・リチャーズ
1999年

ファイアーライト

  • 1999年5月1日(土)公開
  • 出演(Elisabeth 役)

代理母の女性の娘とその父親への秘められた愛を描いたドラマ。監督・脚本は「永遠の愛に生きて」「ネル」の脚本家であるウィリアム・ニコルソンで彼の監督デビュー作。製作はブライアン・イーストマン。製作総指揮はスーザン・カートソニス、リック・リード、マット・ウィリアムス、デイヴィッド・マクファーソン、カーメン・フィネストラ。撮影はBBC出身で「エイリアン3」(第2班のみ)のニック・モリス。音楽は「疑惑に抱かれて」のクリストファー・ガニング。美術はロブ・ハリス。編集はクリス・ウィンブル。衣裳はアンドレア・ゲイラー。出演は「アンナ・カレーニナ」のソフィ・マルソー、「ウェルカム・トゥ・サラエボ」のスティーヴン・ディレイン、「ロマンスに部屋貸します」のケヴィン・アンダーソン、「D3 マイティ・ダック」のジョス・アックランドほか。

監督
ウィリアム・ニコルソン
出演キャスト
ソフィー・マルソー ステファン・ディラーヌ ケヴィン・アンダーソン リア・ウィリアムス
1998年

アンナ・カレーニナ(1998)

  • 1998年4月11日(土)公開
  • 出演(Anna Karenina 役)

文豪トルストイの名作『アンナ・カレーニナ』(新潮文庫刊)をもとに、全編ロシア・ロケで構成した文芸大作。監督・脚本は「不滅の恋 ベートーヴェン」のバー ナード・ローズ。撮影は「恋人はパパ ひと夏の恋」のダリン・オカダ。音楽監督は世界的指揮者のサー・ゲオルグ・ショルティで、セルゲイ・プロコイェフ、チャイコフスキーの曲を使用。出演は「女優マルキーズ」のソフィー・マルソー、「スピーシーズ 種の起源」のショーン・ビーンほか。

監督
バーナード・ローズ
出演キャスト
ソフィー・マルソー ショーン・ビーン アルフレッド・モリーナ ミア・カーシュナー

女優マルキーズ

  • 1998年3月21日(土)公開
  • 出演(Marquise 役)

17世紀フランス演劇界の伝説的な女優マルキーズ・デュ・パルクの情熱的な半生を描いた伝記ドラマ。監督・製作は「カストラート」などの製作者で、『ルージュ・ベーゼ 15歳の恋』(V)のヴェラ・ベルモン。製作総指揮はアルド・ラド、リンダ・グーテンベルグ。脚本はベルモンとジャン=フランソワ・ジョスラン、マルセル・ボリューで、潤色にベルモンとジェラール・モルディヤ(台詞も)があたった。音楽は「ジャンヌ・ダルク(二部作)」の著名なバロック音楽演奏家ジョルディ・サヴァールがあたり、編曲・演奏・指揮を担当。撮影はジャン=マリー・ドルージュ。美術は「カストラート」のジャンニ・クワランタ。編集はマルティーヌ・ジョルダーノ、バラク・カリミ。衣裳は「カストラート」のオルガ・ベルルーティ。主演は「ブレイブハート」「愛のめぐりあい」のソフィ・マルソー。共演は「川のうつろい」(監督も)のベルナール・ジロドー、「妻の恋人、夫の愛人」のランベール・ウィルソン、「見憶えのある他人」のティエリー・レルミットほか。

監督
ヴェラ・ベルモン
出演キャスト
ソフィー・マルソー ベルナール・ジロドー ランベール・ウィルソン パトリック・ティムシット
1996年

愛のめぐりあい

  • 1996年8月24日(土)公開
  • 出演(La jeune femme(若い女) 役)

イタリアとフランスの四つの土地に四つの愛の物語を描くオムニバス映画。監督は「さすらい」「赤い砂漠」など、60年代ヨーロッパ映画のモダニズムをリードした巨匠ミケロンジェロ・アントニオーニ。「ある女の存在証明」完成後脳卒中で倒れ、言語障害と右半身不随で再起が絶望視されていたが、「リスボン物語」のヴィム・ヴェンダースを補佐役に、13年ぶりの新作実現となった。ヴェンダースはスチル写真家としてアントニオーニに付き添いながら補佐、そして四つの挿話をつなぐ部分を演出。アントニーニを補佐して夫人のエンリカ・アントニーニがエグゼクティヴ・コンサルタントをつとめている(小さな役で出演も)。脚本はアントニオーニの短編小説集『Quel Bowling sul Tevere(あのテヴェレ河のボーリング、83年セッテンブリーニ・メストレ文学賞受賞)』からの四つの物語を基にアントニオーニ、ヴェンダース、トニーノ・グエッラが執筆。グエッラはアントニオーニの「夜」をはじめ、彼の作品を多数手掛けた現代イタリアを代表する脚本家。音楽はルチオ・ダラ、「都市とモードのビデオノート」「時の翼に乗って」のローラン・プチガン、ヴァン・モリソン、U2がブライアン・イーノと組んだ“パッセンジャーズ”(「さすらいの二人」の原題にちなんで命名された)。ヴェンダース演出のプロローグ、幕間、エピローグ部分は、撮影が「パリ、テキサス」「デッドマン」のロビー・ミューラー、編集がヴェンダースの全作を手掛けているペーター・ブルジコッダ。出演は仏、伊、米、スペインの新旧大スターが顔をそろえる。アントニオーニ自身を思わせる旅する映画監督には「メディストの誘い」のジョン・マルコヴィッチ。第1話にはイタリアの若手人気スターのキム・ロッシ=スチュアートと、カルロス・サウラの「エル・ドラド」子役で雑誌『エル』のモデルからアントニオーニが抜擢したイネス・サストル。第2話は「ブレイブハート」のソフィー・マルソー。第3話には「愛の報酬」のファニー・アルダンと「夜ごとの夢・リニア幻想譚」のキアラ・カッゼリ、「ニューエイジ」のピーター・ウェラー、「レオン」のジャン・レノ。第4話は「ふたりのヴェロニカ」「トリコロール/赤の愛」のイレーヌ・ジャコブと「恋人たちのアパルトマン」のヴァンサン・ペレーズ。そして第3話と第4話の幕間には「夜」「こうのとり、たちずさんで」の主演コンビ、「プレタポルテ」のマルチェロ・マストロヤンニと「心の地図」のジャンヌ・モローが特別出演。ちなみに、挿話のタイトルは原作の短編によるが、映画のなかでは一切言及はない。舞台となるのはアントニオーニの出身地フェラーラ、イタリアのリゾート港町ポルトフィーノ、パリ、南仏のエクス・アン・プロヴァンス。95年ヴェネチア映画祭国際批評家連盟賞受賞。

監督
ミケランジェロ・アントニオーニ
出演キャスト
イネス・サストレ キム・ロッシ・スチュアート ジョン・マルコヴィッチ ソフィー・マルソー

ソフィー・マルソーの三銃士

  • 1996年6月29日(土)公開
  • 出演(Eloise 役)

三銃士の剣士ダルタニヤンの娘が宮廷の陰謀に立ち向かう姿を描いたアクション・ロマン。ヒロインは「ブレイブハート」のソフィ・マルソー、老いたダルタニヤンには「イル・ポスティーノ」のフィリップ・ノワレが扮し、彼らの共演がみもの。監督は「ひとりぼっちの狩人」のベルトラン・タヴェルニエ。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
ソフィー・マルソー フィリップ・ノワレ クロード・リッシュ サミー・フレー

関連ニュース

“コロンビアのソフィー・マルソー”が恐怖に脅える!?異色のコロンビア映画が日本上陸
“コロンビアのソフィー・マルソー”が恐怖に脅える!?異色のコロンビア映画が日本上陸(2012年9月5日)

南米・コロンビアと聞いて思い浮かべるのは、コーヒー、エメラルド、サッカーに野球など。では映画は?となると、そういえばコロンビアの映画って聞いたことないかも、とい…

奇跡の44歳!名女優ソフィー・マルソーの美熟女ぶりを目撃せよ
奇跡の44歳!名女優ソフィー・マルソーの美熟女ぶりを目撃せよ(2011年10月25日)

いつまでも少女のような可愛らしさを持ち続けたい。大人の女性ならば誰もが抱く願いだが、それを実現するのは、一般人より入念かつ高額な手入れをしている女優と言えども、…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ソフィー・マルソー