映画-Movie Walker > 人物を探す > マーシャル・トンプソン

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1978年 まで合計16映画作品)

1978年

愛と喝采の日々

  • 1978年4月29日(土)公開
  • 出演(Carter 役)

プリマ・バレリーナとして成功した女性と、結婚してバレエ界を引退した女性2人の対照的な人生を中心に、女の幸福は結婚か、それとも仕事をもった自立した人生を生きることか?と問いかけ、親と子の情愛を盛りこみながら展開される人生ドラマ。製作総指揮はバレリーナとしても知られるノラ・ケイ。監督はノラの夫君で「ファニー・レディ」のハーバート・ロス、オリジナル脚本はアーサー・ローレンツ(サンリオ刊)でロスと共同で製作も兼ねている。撮影はロバート・サーティース、編集はウィリアム・レイノルズ、美術はアルバート・ブレナーが各々担当。なお、バレエ・シーンはアメリカン・バレエ・シアターが全面的に協力している。出演はアン・バンクロフト、シャーリー・マクレーン、ミハイル・バリシニコフ、レスリー・ブラウン、トム・スケリット、マーサ・スコット、アレクサンドラ・ダニロワ、アントワネット・シブリー、スター・デニアス、マーシャル・トンプスン、ユルゲン・シュナイダーなど。

監督
ハーバート・ロス
出演キャスト
アン・バンクロフト シャーリー・マクレーン ミハイル・バリシニコフ レスリー・ブラウン
1967年

電撃海兵隊

  • 1967年8月12日(土)公開
  • 出演(Major_Donehue 役)

わが国初登場でTV映画畑のウィル・ゼンスが製作・原作・脚色・監督した戦争映画で、原作と脚色にロバート・マックファーデンが加わっている。撮影はリーフ・ライス、音楽はウィリアム・シェーファーが担当した。出演は「コレヒドール戦記」のマーシャル・トンプソン、「命知らずの男」のリチャード・アーレン、リチャード・ジョーダル、マービン・イムほか。

監督
ウィル・ゼンス
出演キャスト
マーシャル・トンプソン リチャード・アーレン リチャード・ジョーダル マービン・イム
1966年

海底世界一周

  • 1966年5月7日(土)公開
  • 出演(Dr._Orin_Hillyard 役)

脚本は「ライノ!」のアーサー・ワイスと「頑張れフリッパー」のアート・アーサーが共同で執筆。「史上最大の作戦」のアンドリュー・マートンが製作と監督を担当したSFもの。撮影はクリフォード・ポーランドで、特に海中シーンの撮影は「フリッパー」のラマー・ボーレンが当った。音楽は「マードックの拳銃」のハリー・サックマン。なお、特殊効果は、プロジェクト・アンリミテッド会社が受持った。出演者には「真昼の決闘」のロイド・ブリッジス、「007/ゴールドフィンガー」のシャーリー・イートン、「頑張れフリッパー」のブライアン・ケリー、「0011ナポレオン・ソロ」シリーズの人気者デイヴィッド・マッカラム、「グレート・レース」のキーナン・ウィン、「キリマンジャロの東」のマーシャル・トンプソン、「頭上の敵機」のゲイリー・メリル、「裏切り部隊」のジョージ柴田などである。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ロイド・ブリッジス シャーリー・イートン ブライアン・ケリー デイヴィッド・マッカラム
1964年

キリマンジャロの東

  • 1964年7月25日(土)公開
  • 出演(Marsh_Conners 役)

探検家リチャード・ゴールドストーンとダニエル・メインウォーリングの手記をもとにアーノルド・ベルガードが脚色・演出した記録映画的探検ドラマ。撮影はエドウィン・E・オルセンとローリー・フリードマン、音楽はアルベリコ・ヴィッタリーニが担当した。製作はリチャード・ゴールドストーン。出演は「コレヒドール戦記」のマーシャル・トンプソン、ギャビー・アンドレ、ファウスト・トッツィなど、ほかは全部素人。

監督
アーノルド・ベルガード
出演キャスト
マーシャル・トンプソン ギャビー・アンドレ ファウスト・トッツィ Kris Aschan

肉弾08作戦

  • 1964年4月21日(火)公開
  • 監督、出演(Maj.Benson 役)

ジャック・ルイスのゲリラ戦体験記を彼とジェーン・ワーデルが脚本を書き、「戦場(1949)」に出演したマーシャル・トンプソンが演出、主演する戦争ドラマ。撮影はエマニュエル・I・ロジャス、音楽はリチャード・ラサールが担当した。レイ・デイビスの製作。出演はエンリケ・マガロナ、マリオ・バリ、キュウ・チン、アーバン・ドリュウ、ドナルド・シーリーなど。

監督
マーシャル・トンプソン
出演キャスト
マーシャル・トンプソン エンリケ・マガロナ マリオ・バリ キュウ・チン
1962年

最後の一人

  • 1962年12月11日(火)公開
  • 出演(Sonnenberg 役)

太平洋戦争で日本軍の占領下にあったグァム島に3年間1人で潜行し、脱出に成功した実話を映画化したロビンソン・クルーソーの現代版ともいえる戦記もの。脚本・監督・製作はジョン・モンクス・ジュニアとリチャード・ゴールドストーンが共同であたり、カール・カイザーが撮影を担当している。出演者は「フロッグメン」のジェフリー・ハンター、「地獄の戦線」のマーシャル・トンプソン、ロナルド・レミー、それにこの映画でアメリカ映画にデビューするバーバーラ・ペレスなど。

監督
ジョン・モンクス・ジュニア リチャード・ゴールドストーン
出演キャスト
ジェフリー・ハンター マーシャル・トンプソン バーバラ・ペレス ロナルド・レミー
1960年

流血の谷

  • 1960年9月4日(日)公開
  • 出演(Rod_Macdougall 役)

インディアンの側に立ってつくられた西部劇。ガイ・トロスパーの脚本を、「西部の人」のアンソニー・マンが監督した。撮影はジョン・アルトン。音楽はダニエル・アンフィシアトロフ。出演は主人公のインディアンの青年にロバート・テイラーが扮するほか、新星ポーラ・レイモンド、ルイス・カルハーンら。製作ニコラス・ネイファック。

監督
アンソニー・マン
出演キャスト
ロバート・テイラー ルイス・カルハーン ポーラ・レイモンド マーシャル・トンプソン
1956年

美わしき思い出

  • 1956年4月20日(金)公開
  • 出演(Mr.Pendleton 役)

若き日の夢を捨て、皆に親しまれ尊敬されながら小都市の教師として学童教育に半生を捧げた女性を描く。原作はフランセス・グレイ・パットンで「聖衣」のヘンリー・コスター監督、エリノア・グリフィン脚色、製作は「足ながおじさん」のサミュエル・G・エンジェル。主演は「慕情」のジェニファー・ジョーンズ、「竹の家」のロバート・スタック、テレビ出身のキップ・ハミルトン、「銅の谷」のペギー・ナッドソン、「トロイのヘレン」のロバート・ダグラス。音楽は「折れた槍」のリー・ハーライン、撮影は「足ながおじさん」のレオン・シャムロイ。テクニカラー、1955年作品。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ジェニファー・ジョーンズ ロバート・スタック キップ・ハミルトン ロバート・ダグラス

死の脱獄者

  • 1956年4月9日(月)公開
  • 出演(Billy_Lang 役)

6人の脱獄者を中心にした映画で、脚本は「追剥」などのハル・E・チェスターと監督のルイス・R・フォスター。フォスターは「南支那海」「最後の砦」などを発表している。撮影はラッセル・メッティ、音楽はリース・スティーヴンスが担当。出演者は「探偵物語」「ベーブ・ルース物語」のウィリアム・ベンディックス。「必死の逃亡者」のアーサー・ケネディ。「砂漠の鬼将軍」のルーサー・アドラー。代表的悪役のマスクを持つウィリアム・タルマン。「ジェット・パイロット」のジーン・エヴァンス。「戦場(1949)」のマーシャル・トンプソン。「俺達は天使じゃない(1955)」のグローリア・タルボット。

監督
ルイス・R・フォスター
出演キャスト
ウィリアム・ベンディックス アーサー・ケネディ ルーサー・アドラー ウィリアム・タルマン
1955年

地獄の戦線

  • 1955年10月14日(金)公開
  • 出演(Johnson 役)

第二次大戦に歩兵として参加したオーディ・マーフィの自伝にもとづき「サスカチワンの狼火」のジル・ダウドが脚色、ジェシー・ヒッブスが監督(彼の作品は本邦初公開)、「タンガニイカ」のモウリイ・ガーツアンが撮影を担当した。主なる出演者は「テキサスから来た男」のオーディ・マーフィ、「戦場(1949)」のマーシャル・トンプソン、「グレン・ミラー物語」のチャールズ・ドレイク、「二十四時間の恐怖」のジャック・ケリーなど。音楽は「奥様はジャズがお好き」のジョセフ・ガーシェンソン。「もず」のアーロン・ローゼンバーグが製作するテクニカラー1955年作品。

監督
ジェシー・ヒッブス
出演キャスト
オーディ・マーフィ マーシャル・トンプソン チャールズ・ドレイク グレッグ・パーマー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーシャル・トンプソン