映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョビナ・ラルストン

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1928年 まで合計13映画作品)

1928年

渦巻く都会

  • 1928年当年公開
  • 出演(Jane_Atwill 役)

「闇を行く」「空の王者」と同じくフランク・キャプラ氏の監督したもので原作はフレデリック・A・トンプソン氏、脚色は「熱沙果つるところ」「幸運の星」のソニア・レヴィーン女史。主役を演ずるのは「彼と女優」「愛すればこそ(1929)」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアで「つばさ」のジョビナ・ラルストン嬢、「導火線」のミルドレッド・ハリス嬢、「医者の秘密」のロバート・エディソン氏、ウィーラー・オークマン氏、フィロ・マッカロー氏等が助演している。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ジョビナ・ラルストン ミルドレッド・ハリス フィロ・マッカロー

恋と拳闘

  • 1928年当年公開
  • 出演(Betty 役)

最近には「かぼちゃ野郎」「高らかに歌え」等に主演したチャールズ・レイ氏のユニヴァーサル社入社第1回作品で、ジエラルド・ポーモン氏が書き卸した物語をチャールズ・エー・ーグ氏が改作し、ハリー・ホイト氏が脚色し、「愛欲外道」「放埒新療法」等と同じくジエームズ・フラッド氏が監督した。レイ氏の相手役は「飛脚カンター」「田吾作ロイド一番槍」等出演のジヨピナ・ラルストン嬢が演じ、ジエームス・グリーゾン氏、アーサー・レイク氏、エデイス・チャップマン嬢等が助演している。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
チャールズ・レイ ジェームズ・グリースン ジョビナ・ラルストン アーサー・レイク

炭坑(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Mary 役)

「曙光の森」と同じくジノールド・バーカー氏の監督作品で、エル・ジー・リグビー氏の原作並脚色したものによったものである。主役を演ずるのは「ステラ・ダラス(1925)」「煩悩」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア氏と「恋とボクシング」「飛脚カンター」のジョビナ・ラルストン嬢との2人で、それを助けて「魔炎」のハーヴェイ・クラーク氏、ダグラス・マクリーン物のシナリオを多く書き併せてそれに出演もしたウェード・ポトラー氏、ロバート・ライアン氏等の人々が出演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ジョビナ・ラルストン ハーヴェイ・クラーク ウェード・ポトラー

天空の勇者

  • 1928年当年公開
  • 出演(June_Holloway 役)

「戦馬嘶く」「大驀進」のバック・ジョーンズ氏が主演する映画で、B・J・マック氏が原作及び撮影台本を書き、「喧嘩屋敷嫁取苦労」「キートンの大学生」のジェームズ・W・ホーン氏が監督し、「狼の唄」のアル・シーグラー氏、ハリー・J・ワイルド氏が撮影をした。主演者を助けて「炭坑」「熱車輪」のジョビナ・ラルストン嬢、アーネスト・ヒリアード氏、チャールズ・K・フレンチ氏その他が出演している。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
バック・ジョーンズ ジョビナ・ラルストン アーネスト・ヒリアード チャールズ・K・フレンチ

熱車輪

  • 1928年当年公開
  • 出演(Kate_Murphy 役)

「戦艦くろかね号」「駅馬車(1925)」の監督者ジェームズ・クルーズ氏の製作した映画で、「メリケン波止場」「空の鍛冶屋」のウィリアム・ボイド氏が主演し、「我等のサリー」のウォルター・ラング氏が監督したものである。クルーズ氏の良き協力者ウォルター・ウッズ氏がフランク・H・スペアマン氏の小説を改作し、併せてそれによって台本を作成した。ボイド氏の対手役は「つばさ」「飛脚カンター」のジョビナ・ラルストン嬢で、そのほか「野球王」のフィロ・マッカロー氏、デウィット・ジェニングス氏、アン・シェファー嬢も出演している。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジョビナ・ラルストン フィロ・マッカロー アン・シェファー

つばさ

  • 1928年3月30日(金)公開
  • 出演(Sylvia_Lewis 役)

長距離飛行の流行、航空熱の旺盛なるに鑑みて製作された空中戦映画でアメリカ陸軍省の後援を得てパラマウント社が完成した特作品である。ジョン・モンク・ソーンダース氏作の物語をホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏が脚色し、「女心を誰か知る」「猫の寝巻」と同じくウィリアム・A・ウェルマン氏が監督したもの。主演俳優は「フラ」「あれ」「人罠」等出演のクララ・ボウ嬢、「青春の喜び」「デパート娘大学」等出演のチャールズ・バディー・ロジャース氏、「ブラッド・シップ」「オール持つ手に」出演のリチャード・アーレン氏及び「飛脚カンター」「田吾作ロイド一番槍」等出演のジョビナ・ラルストン嬢で、エル・ブレンデル氏、アルレット・マルシャル嬢、ゲイリー・クーパー氏、ヘンリー・B・ウォルソール氏等が助演している。因みに本映画の原作者並びに監督者は共に欧州大戦に飛行士として従軍した勇士である。1927-28年度(第1回)アカデミー作品賞、昭和3年度キネマ旬報ベスト・テン外国映画第5位。(13巻)

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
クララ・ボウ チャールズ・バディー・ロジャース リチャード・アーレン ジョビナ・ラルストン
1927年

キッド・ブラザー

  • 1927年当年公開
  • 出演(Mary_Powers 役)

「ロイドの福の神」に続くハロルド・ロイド氏主演喜劇で、永らくハル・ローチ撮影所のギャグ・マンたりしテッド・ワイルド氏が監督したもので、対手女優は例によってジョビナ・ラルストン嬢が勤め、ウオルター・ジェームズ氏、コンスタンチン・ロマノフ氏、エデイー・ポーランド氏、ラルフ・イアズリー氏等が助演している。

監督
テッド・ワイルド
出演キャスト
ハロルド・ロイド ジョビナ・ラルストン ウォルター・ジェームズ レオ・ウィリス

砂漠の狂恋

  • 1927年当年公開
  • 出演(Mary_Warren 役)

「炭鉱」「速力時代」のジョナビナ・ラルストン嬢、「闇を行く」「大洋の娘」のマーガレット・リヴィングストン嬢、「大自然を敵として」「愛欲の絆」のロバート・フレイザー氏とが主演する映画で、ゼーン・グレイ氏作の西部物語を「悪の港」「青春の夢(1929)」のジョン・フランシス・ナッターフォードが脚色し、ジェームズ・C・マッケイ氏が監督した。前記の他「滑れケリー」「ノアの箱船」のグィン・ウィリアムス氏、「軍法会議(1928)」「船頭さん可愛や」のパット・ハーモン氏、名馬ライトニングが出演している。

監督
ジェームズ・C・マッケイ
出演キャスト
ジョビナ・ラルストン マーガレット・リヴィングストン ロバート・フレイザー グィン・ウィリアムス

速力時代

  • 1927年当年公開
  • 出演(Sally 役)

「誉れの一蹴」に於けると同じく、バイロン・モーガン氏が原作を書卸し、サム・ウッド氏がそれを監督し、そしてハロルド・レッド・グレンジ氏が主演した映画である。グレンジ氏の対手役を演ずるのは「つばさ」「恋とボクシング」のジョビナ・ラルストン嬢であるが、その他「剣劇の響」「巨人大望」のウォルター・ハイアース氏、トリクシー・フリガンザ夫人、ベン・ヘンドリックス・ジュニァー氏、等も出演している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ハロルド・レッド・グレンジ ジョビナ・ラルストン トリクシー・フリガンザ ウォルター・ハイアース

飛脚カンター

  • 1927年当年公開
  • 出演(Madge 役)

「猿飛カンター」に続いて製作されたエディ・キャンター氏主演喜劇で、キャンター氏自ら書き卸した原作をジョン・グッドリッチ氏が脚色し、デブとして知られたロスコー・アーヴァックル氏がウィリアム・グッドリッチ氏と改名して監督となっての処女作品として監督した。カンター氏の相手役は「ロイドの福の神」「ロイドの人気者」「錯覚恋愛」「ニウ・ヨーク」等出演のウィリアム・パウエル氏で、「肉体の道」「弥次喜多海軍の巻」出演のドナルド・キース氏、ユニヴァーサル社のスターたりしジャック・ドハーテイー氏、ヴイクター・ボーテル氏、メアリー・カー夫人が助演している。

監督
ウィリアム・グッドリッチ
出演キャスト
エディ・キャンター ジョビナ・ラルストン ウィリアム・パウエル ドナルド・キース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョビナ・ラルストン