映画-Movie Walker > 人物を探す > 原田芳雄

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2012年 まで合計135映画作品)

2012年

EDEN

  • 2012年11月17日(土)公開
  • 企画

2011年にこの世を去った原田芳雄がかねてから温めてきたという船戸与一の短編小説『夏の渦』を「カフェ・ソウル」の武正晴監督が映画化。新宿のショーパブで働くニューハーフやゲイたちが、死んだ仲間をトラックで実家まで送り届けようとする顛末を描く。出演は「バトル・ロワイアル」の山本太郎、「はやぶさ 遥かなる帰還」の中村ゆり、「ハッシュ!」の高橋和也。

監督
武正晴
出演キャスト
山本太郎 中村ゆり 高橋和也 齋賀正和

12twelve 天願大介の12幕 その4/12

  • 2012年10月13日(土)公開
  • 出演

「デンデラ」の天願大介監督が1995~1996年に発表した短篇連作から4作品を抜粋したオムニバス映画。元はパソコン月刊誌「TECHwin」の付録CD-ROMに収録された。「異邦人の夢」「最後の女」「ストライク」「父帰る」の4作品を上映。出演は原田芳雄、阿部寛、柏原収史、廖淇偉ほか。2012年10月12日より、広島県尾道市・福山市にて開催された「お蔵出し映画祭2012」にて上映。

監督
天願大介
出演キャスト
原田芳雄 阿部寛 柏原収史 廖淇偉

火の魚 バリアフリー劇場版

  • 2012年6月23日(土)公開
  • 出演(村田省三 役)

老いて田舎に引込んだかつての流行作家と新任の女性編集者との交流を描くドラマ。室生犀星の同名小説のドラマ化。演出は「セカンドバージン」の黒崎博。脚本は「カントリーガール」の渡辺あや。出演は「大鹿村騒動記」の原田芳雄、「外事警察 その男に騙されるな」の尾野真千子ほか。初放映は2009年7月24日に中国地方で限定放映された。平成21年度(第64回)文化庁芸術祭テレビ部門・ドラマの部大賞。第50回モンテカルロ・テレビ祭・ゴールドニンフ賞受賞。TV版から音声と音楽を修正した劇場版。日本語字幕と音声ガイドがついた「バリアフリー劇場版」として、2012年6月23日より広島県・広島バルト11、山口県岩国ニューセントラルにて上映。

出演キャスト
原田芳雄 尾野真千子 高田聖子 笠松伴助
2011年

大鹿村騒動記

  • 2011年7月16日(土)公開
  • 出演(風祭善 役)

阪本順治監督が、デビュー作『どついたるねん』以来6本にわたって起用し続けている名優・原田芳雄を主演に据えて描いた人間ドラマ。長野県の山村・大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材に、そこに関わる人々の悲喜こもごもを映し出す。大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、三國連太郎ら豪華実力派俳優が見せる味わい深い演技にも注目。

監督
阪本順治
出演キャスト
原田芳雄 大楠道代 岸部一徳 佐藤浩市

奇跡

  • 2011年6月11日(土)公開
  • 出演(山本亘 役)

『誰も知らない』の是枝裕和監督が家族の温かさを描いた感動ドラマ。お笑いコンビ、まえだまえだの2人が鹿児島と福岡に離れて暮らす兄弟役に扮し、奇跡を起こして家族4人が再び一緒に暮らせるように願う姿をピュアな魅力で好演。これまで生きる悲しみ、痛みをつづってきた是枝監督が希望と子どもの輝きを観る者に伝える。

監督
是枝裕和
出演キャスト
前田航基 前田旺志郎 大塚寧々 オダギリジョー
2010年

天皇の世紀

  • 2010年12月4日(土)公開
  • 出演(吉田寅次郎(松陰) 役)

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。

監督
山本薩夫 下村堯二 高橋繁男 今井正
出演キャスト
田村高廣 田村正和 田村亮 志村喬

ロストクライム 閃光

  • 2010年7月3日(土)公開
  • 出演

昭和最大のミステリーと言われる三億円事件の真相に迫った永瀬隼介の犯罪小説を映画化。殺人事件の捜査に当たった事から思いもよらぬ出来事に遭遇する刑事を渡辺大と奥田瑛二が熱演。

監督
伊藤俊也
出演キャスト
渡辺大 奥田瑛二 川村ゆきえ 武田真治

座頭市 THE LAST

  • 2010年5月29日(土)公開
  • 出演(玄吉 役)

勝新太郎や北野武らが演じてきた時代劇の盲目のヒーロー、市をSMAPの香取慎吾が演じるアクション活劇。愛する人のため、一度は置いた刀を手に悪に立ち向かう男の孤独な戦いを描く。

監督
阪本順治
出演キャスト
香取慎吾 石原さとみ 反町隆史 工藤夕貴

マンホールチルドレン

  • 2010年2月6日(土)公開
  • 語り

1990年代ソ連崩壊の影響を受け社会主義から資本主義への転換を余議なくされたモンゴル。その首都ウランバートルで、貧困によりマンホールの中で成長した男女3人の10年間を追ったドキュメンタリー。NHKで放送された番組を基に、独自撮影分を加え500時間を超える映像記録を劇場公開用に再構成している。ナレーションは原田芳雄が担当。2010年2月6日より新宿バルト9にて開催された「This is REAL ~NHK-BSドキュメンタリー・コレクション~」にて上映。

監督
高橋太郎
2009年

黄金花 秘すれば花、死すれば蝶

  • 2009年11月21日(土)公開
  • 出演(牧草太郎 役)

美術監督として数々の名作に関わってきた、木村威夫の長編監督第2作。老人ホームを舞台に個性的な老人たちの生きざまを、虚実が入り混じった不思議な物語として展開する。

監督
木村威夫
出演キャスト
原田芳雄 松坂慶子 川津祐介 松原智恵子

関連ニュース

故・原田芳雄が愛した物語が遂に映画化!オネエたちの人生を描いたドラマにホロリ
故・原田芳雄が愛した物語が遂に映画化!オネエたちの人生を描いたドラマにホロリ(2012年11月12日)

2011年7月、多くの映画ファンに惜しまれつつこの世を去った俳優・原田芳雄。彼がかねてから映画化を温めていたという一編の物語がある。船戸与一による短編小説「夏の…

故・原田芳雄の一周忌イベントで、ニューヨーカーも追悼の意
故・原田芳雄の一周忌イベントで、ニューヨーカーも追悼の意(2012年7月21日)

2011年7月19日に亡くなった原田芳雄を偲び、日本では2003年7月19日に公開された『ナイン・ソウルズ』の上映が9年ぶりに行われ、豊田利晃監督、松田龍平らキ…

「カーネーション」ファン必見!尾野真千子&故・原田芳雄共演の傑作ドラマが待望のDVD化
「カーネーション」ファン必見!尾野真千子&故・原田芳雄共演の傑作ドラマが待望のDVD化(2012年7月20日)

2009年にNHKで放送されてからというもの、文化庁芸術祭やモンテカルロ・テレビ祭などをはじめ、国内外のコンクールで数々の賞に輝いてきたテレビドラマ「火の魚」を…

9年ぶり公開『ナイン・ソウルズ』、板尾創路ら豪華キャストのコメント動画が公開
9年ぶり公開『ナイン・ソウルズ』、板尾創路ら豪華キャストのコメント動画が公開(2012年6月29日)

7月19日(木)に一周忌を迎える故・原田芳雄が主演した映画『ナイン・ソウルズ』(03)。本作が9年ぶりにニュープリント版として、6月23日より渋谷のユーロスペー…

故・原田芳雄の一周忌に、9年の時を経て伝説の主演作がよみがえる
故・原田芳雄の一周忌に、9年の時を経て伝説の主演作がよみがえる(2012年6月20日)

2011年7月19日に惜しまれながら71歳で亡くなった俳優・原田芳雄。遺作となった『大鹿村騒動記』(11)をはじめ、『竜馬暗殺』(74)、『ツィゴイネルワイゼン…

瑛太や吉高由里子ら登壇、ヨコハマ映画祭授賞式。瑛太は原田芳雄に「ウィスキーの味が忘れられません」
瑛太や吉高由里子ら登壇、ヨコハマ映画祭授賞式。瑛太は原田芳雄に「ウィスキーの味が忘れられません」(2012年2月5日)

“映画ファンのための映画祭”と人気を博す第33回ヨコハマ映画祭の授賞式が、2月5日に関内ホールで開催され、主演男優賞受賞の瑛太や、主演女優賞受賞の吉高由里子など…

鈴木清順ワールドが炸裂した“浪漫三部作”が鮮やかになってよみがえる!
鈴木清順ワールドが炸裂した“浪漫三部作”が鮮やかになってよみがえる!(2011年12月21日)

“清順美学”と呼ばれる独特の映像センスで、国内だけでなくウォン・カーウァイ、ジム・ジャームッシュといった海外の映画人からもリスペクトされる映画監督の鈴木清順。彼…

故・原田芳雄、異例のヨコハマ映画祭最優秀男優賞を受賞!
故・原田芳雄、異例のヨコハマ映画祭最優秀男優賞を受賞!(2011年12月10日)

“映画ファンのための映画祭”と人気を博すヨコハマ映画祭の第33回の各賞が発表された。激動の2011年の日本映画ベスト1に輝いたのは、故・原田芳雄主演、阪本順治監…

『大鹿村騒動記』舞台挨拶で大楠道代「天国の原田さんに報告できて嬉しい」
『大鹿村騒動記』舞台挨拶で大楠道代「天国の原田さんに報告できて嬉しい」(2011年8月8日)

特徴的な芝居とセリフまわしで人気を博し、数多くの映画やテレビドラマで活躍しながらも、先月19日に逝去した個性派俳優の原田芳雄。そんな原田の遺作『大鹿村騒動記』は…

【追悼】原田芳雄の『大鹿村騒動記』が遺作にふさわしい理由とは
【追悼】原田芳雄の『大鹿村騒動記』が遺作にふさわしい理由とは(2011年7月20日)

長年、個性派俳優として活躍してきた原田芳雄が7月19日に上行結腸がんから併発する肺炎のために亡くなった。享年71歳。現在公開中の主演作『大鹿村騒動記』が遺作とな…

闘病中の原田芳雄は主演作の初日舞台挨拶を欠席。理由は「階段が多いため」
闘病中の原田芳雄は主演作の初日舞台挨拶を欠席。理由は「階段が多いため」(2011年7月16日)

原田芳雄主演、阪本順治の記念すべき20本目の監督作『大鹿村騒動記』の初日舞台挨拶が、7月16日に丸の内TOEI2で開催。大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、…

還暦を超えた大ベテラン俳優が豪華共演する異色人間ドラマが登場
還暦を超えた大ベテラン俳優が豪華共演する異色人間ドラマが登場(2011年7月14日)

ベテラン女優が豪華共演を果たし、女優魂を見せつける『デンデラ』が絶賛公開中だが、今度は、女なんかに負けてられない!と言ったかどうかはわからないが、ベテラン俳優が…

原田芳雄が満身創痍で車椅子の登壇。『大鹿村騒動記』舞台挨拶に感動
原田芳雄が満身創痍で車椅子の登壇。『大鹿村騒動記』舞台挨拶に感動(2011年7月11日)

原田芳雄が映画化を切望し、阪本順治の記念すべき監督20本目の映画となった『大鹿村騒動記』(7月16日公開)のプレミア試写会の舞台挨拶が、7月11日に新宿バルト9…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 原田芳雄