映画-Movie Walker > 人物を探す > 小林幸子

年代別 映画作品( 1965年 ~ 2019年 まで合計11映画作品)

2019年

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

  • 2019年7月12日(金)公開
  • 主題歌、出演(声)(ボイジャー 役)

「ポケットモンスター」の劇場版第1作目をフル3DCGでリメイクしたアニメーション。オリジナル版の監督である湯山邦彦と数々のCGアニメを手掛けてきた榊原幹典が監督を務める。幻のポケモンの化石から生み出され、兵器として扱われたことから人間への憎悪を募らせてきたポケモン・ミュウツーが巻き起こす騒動を描く。

監督
湯山邦彦 榊原幹典
出演キャスト
松本梨香 大谷育江 林原めぐみ 三木眞一郎
2004年

デビルマン

  • 2004年10月9日(土)公開
  • 出演(隣家の中年女 役)

映像化不可能と言われた永井豪の名作コミックを、最新VFXを駆使して実写映画化。人間の心をもつ悪魔“デビルマン”となった少年の孤独で悲しい闘いを描く。

監督
那須博之
出演キャスト
伊崎央登 伊崎右典 酒井彩名 渋谷飛鳥
2002年

化粧師 KEWAISHI

  • 2002年2月9日(土)公開
  • 出演(飛行機 役)

故・石ノ森章太郎の人気漫画を、実力派キャストの競演で映画化。人の心を豊かに彩る化粧師と、さまざまな女性たちとの交流をやさしく見つめた感動の人間ドラマだ。

監督
田中光敏
出演キャスト
椎名桔平 菅野美穂 池脇千鶴 いしだあゆみ
2001年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

  • 2001年4月21日(土)公開
  • 主題歌

人気アニメの劇場版最新作。悪の軍団“オトナ帝国”の陰謀で、みさえをはじめ大人たちが皆子供にかえってしまい、しんちゃんたちは大ピンチに!

監督
原恵一
出演キャスト
矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
2000年

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

  • 2000年4月22日(土)公開
  • 主題歌、出演(声)(ペガサス 役)

南海の孤島を舞台に、お馴染みの嵐を呼ぶ幼稚園児・しんちゃんが世界征服を企む悪者相手に活躍するジュブナイル・ギャグ・アニメーションのシリーズ第8弾。監督は「クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」の原恵一。臼井儀人による同名コミックを基に、原監督が脚本を執筆。撮影監督に「ドラえもん のび太の太陽王伝説」の梅田俊之があたっている。主な声の出演者は、「爆発!温泉わくわく大決戦」の矢島晶子、「土俵の鬼たち」の大塚明夫ら。

監督
原恵一
出演キャスト
矢島晶子 大塚明夫 玄田哲章 ならはしみき
1998年

劇場版 ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

  • 1998年7月18日(土)公開
  • 主題歌、出演(声)(ボイジャー 役)

ポケモンマスターを目指し旅を続ける少年たちと、史上最強のポケットモンスターの戦いを描いた長編ジュブナイル・アニメーション。監督は湯山邦彦。脚本は首藤剛志。撮影を白井久男が担当している。声の出演に松本梨香、市村正親。同時上映「ピカチュウのなつやすみ」。後に全米公開用として追加ストーリーを加えた85分の完全版が発表されている。

監督
湯山邦彦
出演キャスト
松本梨香 大谷育江 市村正親 山寺宏一
1995年

トムとジェリーの大冒険

  • 1995年8月19日(土)公開
  • 日本語版出演(声)(フィックおばさん 役)

時にライバル、時に仲良しのコンビ、ネコのトムとネズミのジェリーの冒険旅行を描いた長編アニメーション。40年にデビュー以来、短編映画やテレビ作品で活躍し続けてきた彼ら初の映画版。監督・製作はディズニーを皮切りに、各社でアニメ製作に携わってきたベテラン、フィル・ローマンで、彼の主宰するフィルム・ローマン・プロ作品。音楽は94年に他界し、これが遺作となった巨匠ヘンリー・マンシーニで、ミュージカル・ナンバーの作詞は「ドリトル先生不思議な旅」「フック」などのレスリー・ブリクセ。美術は「リトル・マーメイド」「きつねと猟犬」などディズニー作品で活躍してきたマイケル・ペラーザ。シリーズの産みの親であるジョセフ・バーベラが特別監修に当たっている。日本語吹き替え版のみが公開され、歌手の篠原涼子と小林幸子が声優に初挑戦したのも話題に。

監督
フィル・ローマン
出演キャスト
堀内賢雄 堀絢子 篠原涼子 小林幸子
1994年

男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様

  • 1994年12月23日(金)公開
  • 出演(歌手 役)

滋賀県長浜を舞台に、寅と甥の満男、2人の恋を描くシリーズ第47作。監督は前作「男はつらいよ 寅次郎の縁談」以来1年ぶりとなる山田洋次、脚本は山田と朝間義隆の共同、撮影監督は高羽哲夫、撮影は池谷秀行が担当。マドンナ役はかたせ梨乃、牧瀬里穂、小林幸子の3人で、いずれも初出演となる。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 かたせ梨乃 小林幸子
1967年

ある殺し屋

  • 1967年4月29日(土)公開
  • 出演(みどり 役)

藤原審爾の原作『前夜』を、「赤い天使」の増村保造と、「大捜査網」の石松愛弘が共同で脚色し、「あの試走車を狙え」の森一生が監督したサスペンスドラマ。撮影は「小さい逃亡者」の宮川一夫。主な出演者は「陸軍中野学校」の市川雷蔵、「クレージー大作戦」の野川由美子、「出獄の盃」の成田三樹夫。

監督
森一生
出演キャスト
市川雷蔵 野川由美子 成田三樹夫 渚まゆみ
1966年

酔いどれ博士

  • 1966年6月4日(土)公開
  • 出演(少女 役)

「刺青(1966)」の新藤兼人がシナリオを執筆、「処女が見た」の三隅研次が監督したアクションもの。撮影は「若親分喧嘩状」の森田富士郎。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 江波杏子 林千鶴 小林哲子

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 小林幸子