TOP > 映画監督・俳優を探す > エリック・L・ビアソン

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2020年 まで合計10映画作品)

2020年

死霊船 メアリー号の呪い

  • 1月10日(金)
  • 編集

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」でオスカーを獲得したG・オールドマン主演のホラー。家族とのより良い暮らしを夢見るデヴィッドは、オークションで70年前の船を手に入れる。しかし初めての船出の日、一家を不可解な現象が襲う。監督は、ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズのマイケル・ゴイ。出演は、「マイ・ブックショップ」のエミリー・モーティマー、「オリエント急行殺人事件」のマヌエル・ガルシア=ルルフォ、「ビューティフル・ボーイ」のステファニー・スコット。「未体験ゾーンの映画たち2020」にて上映。

監督
マイケル・ゴイ マイケル・ゴイ
出演キャスト
ゲイリー・オールドマン エミリー・モーティマー マヌエル・ガルシア=ルルフォ ステファニー・スコット
2018年

ウォーキング・ウィズ・エネミー / ナチスになりすました男

  • 2018年2月17日(土)
  • 編集

第二次大戦下のハンガリーで、仲間の救出に尽力したピンチャス・ローゼンバウムをモデルにした戦争ドラマ。ブダペストに侵攻したナチスはユダヤ人一掃作戦を開始。労働収容所から抜け出したエレクはナチス兵になりすまし、ドイツ軍の活動を阻止しようとする。主演は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」や「クライヴ・バーカー 血の本」(未)のジョナス・アームストロング。また、オスカー俳優ベン・キングズレーがハンガリー政府指導者ホルティ執政を演じている。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

監督
マーク・シュミット
出演キャスト
ジョナス・アームストロング ベン・キングズレー ハンナ・トイントン チャールズ・ハベル
2013年

ポゼッション

  • 2013年5月25日(土)
  • 編集

謎の木箱を手にしたがために、娘の身に数々の厄災が降りかかってしまい、苦悩する父親の姿を描くホラー。04年に新聞で報じられ話題を呼んだ、オークションサイトに出品された忌まわしい木箱を巡る奇怪な出来事が基になっている。サム・ライミがプロデュースを手がけ、自ら設立した恐怖映画専門レーベルで映画化したものだ。

監督
オーレ・ボールネダル
出演キャスト
ジェフリー・ディーン・モーガン キーラ・セジウィック マディソン・ダベンポート ナターシャ・カリス
2004年

アラモ

  • 2004年9月25日(土)
  • 編集

'60年にジョン・ウェインが監督&主演した西部劇大作をリメイク。テキサスがメキシコの一部だった時代を背景に、男たちの誇り高き闘いをダイナミックに描く。

監督
ジョン・リー・ハンコック
出演キャスト
デニス・クエイド ビリー・ボブ・ソーントン ジェイソン・パトリック パトリック・ウィルソン
2003年

オールド・ルーキー

  • 2003年1月18日(土)
  • 編集

全米でベストセラーを記録したノンフィクション小説を映画化。35歳でメジャーリーグ・デビューを果たした男の実話を、ドラマチックにつづった心温まる感動作だ。

監督
ジョン・リー・ハンコック
出演キャスト
デニス・クエイド レイチェル・グリフィス ブライアン・コックス ベス・グラント
2001年

ロード・キラー

  • 2001年11月23日(金)
  • 編集

アメリカ大陸を横断するフリーウェイを舞台にした異色サスペンス・スリラー。微妙に変化する人間関係、迫真のカーチェイスを交えながら、姿なき殺人鬼の恐怖を描く。

監督
ジョン・ダール
出演キャスト
スティーヴ・ザーン ポール・ウォーカー リリー・ソビエスキー ジェシカ・ボウマン
2000年

ラブ・オブ・ザ ゲーム

  • 2000年1月29日(土)
  • 編集

最後のマウンドにおのれの野球人生と恋人への愛を賭けるメジャーリーグのヴェテラン投手の姿を感動的に描くドラマ。監督は「クイック&デッド」「シンプル・プラン」のサム・ライミ。原作はマイケル・シャーラの同名作で、脚本は「シティ・オブ・エンジェル」のデイナ・スティーヴンス。製作は「エンド・オブ・デイズ」のアーミヤン・バーンステインと「きっと忘れない」のエイミー・ロビンソン。製作総指揮は「羊たちの沈黙」のロン・ボズマン、「エアフォース・ワン」のマーク・エイブラハム。撮影は「恋愛小説家」のジョン・ベイリー。音楽は「レ・ミゼラブル」のベイジル・ポールドゥーリス。美術はニール・スピザック。編集はエリック・L・ビーソン、アーサー・コバーン。衣裳はジュディアナ・マコフスキー。出演は「メッセージ・イン・ア・ボトル」のケヴィン・コスナー、「ナッシング・トゥ・ルーズ」のケリー・プレストン、「25年目のキス」のジョン・C・ライリー、「グッドナイト・ムーン」のジェナ・マローンほか。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ケリー・プレストン ジョン・C・ライリー ジェナ・マローン
1999年

シンプル・プラン

  • 1999年9月18日(土)
  • 編集

ふとしたことで大金を手にした人々が平凡ながらかけがえのない人生を見失っていく姿を描いたサスペンス。スコット・スミスの同名ミステリー(邦訳・扶桑社海外文庫)の映画化で、脚本をスミス自身が手掛け、監督には「クイック&デッド」のサム・ライミがあたった。製作は「トゥルーマン・ショー」のアダム・シュローダーと「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」のジェームズ・ジャックス。製作総指揮は「プライベート・ライアン」のゲーリー・レヴィンソンとマーク・ゴードン。撮影は『Boys and Girls』のアラー・キヴィロ。音楽は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のダニー・エルフマン。美術は「アマデウス」のマリア・ヴォン・ブランデンスタイン。編集はエリック・L・ビアソンとアーサー・コバーン。衣裳はジュリー・ワイス。出演は「マイテイ・ジョー」のビル・パクストン、「ジャッキー・ブラウン」のブリジット・フォンダ、「パーフェクト・カップル」のビリー・ボブ・ソーントン、「Uターン」のブレント・ブリスコーほか。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
ビル・パクストン ビリー・ボブ・ソーントン ブリジット・フォンダ ブレント・ブリスコウ
1997年

アンフォゲタブル

  • 1997年1月15日(水)
  • 編集

他人の記憶を移植する薬剤を使って、妻殺しの真犯人を探す医師の姿を描くスリラー。監督は「もう一度殺して」『甘い毒』(V)などサスペンスを得意とするジョン・ダール。製作は「ドラゴンハート」のディノ・デ・ラウレンティスと彼の娘マーサ・デ・ラウレンティス。音楽は「バーチュオシティ」のクリストファー・ヤング。美術はロブ・ピアソン。主演は「ノー・エスケイプ」のレイ・リオッタ。共演は『甘い毒』(V)に続いてダールと組んだリンダ・フィオレンティーノ。他に「ムーンライト&ヴァレンチノ」のピーター・コヨーテ、舞台出身のクリストファー・マクドナルド、「クイズ・ショウ」のデイヴィッド・ペイマー、「TOO BEAUTIFUL TO KILL」のキム・キャトラルなど。エンド・クレジットに流れるのはナット・キング・コールの『Unfogettable』。

監督
ジョン・ダール
出演キャスト
レイ・リオッタ リンダ・フィオレンティーノ ピーター・コヨーテ クリストファー・マクドナルド
1995年

冷たい夜は死の匂い

  • 1995年10月27日(金)
  • 編集

忌まわしい過去を持つ中年夫婦に監禁された人妻の恐怖を描くサスペンス。監督は巨匠ジョン・ヒューストンの実子のダニー・ヒューストン、製作はレスリー・グリーフ(共同脚本も)、エグゼクティヴ・プロデューサーは「トゥルークライム」のマーク・アミン、チャールズ・フィンチ、脚本はアンドリュー・ネイダーマンの小説(本邦未訳)をもとにヘンリー・スレッサーとグリーフが執筆し、撮影はニック・マクリーン、音楽はピーター・マニング・ロビンソン、美術はボビー・エイモア、編集はロバート・シルヴィとエリック・L・ビアソンがそれぞれ担当。出演は「シャーキーズ・マシーン」などのベテラン、バート・レイノルズ、「タイムコップ」のミア・サーラ、「殺しのドレス」「カウガール・ブルース」などのアンジー・ディッキンソンほか。

監督
ダニー・ヒューストン
出演キャスト
バート・レイノルズ ミア・サーラ アンジー・ディッキンソン ブライアン・ウィマー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エリック・L・ビアソン

ムービーウォーカー 上へ戻る