映画-Movie Walker > 人物を探す > ラクウェル・トレス

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1934年 まで合計5映画作品)

1934年

レッド・ワゴン

  • 1934年当年公開
  • 出演(Sheba 役)

「平原児」「男の魂」のチャールス・ビックフォードが主演し、「吾輩はカモである」のラクウェル・トレス、「レヴュー艦隊」のグレタ・ニッセン、「暁の総攻撃」のアンソニー・ブッシェル、「勝利の朝」のドン・アルヴァラド等助演する映画で、エリナー・スミス原作、エドワード・ノブロック改作、ロジャー・バーフォード、アーサー・ウッズ協力脚色、「花咲く頃」「私の太陽」のポール・L・スタイン監督、「私の太陽」のジョン・コックス撮影に成るものである。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
チャールス・ビックフォード ラクウェル・トレス グレタ・ニッセン ドン・アルヴァラド
1933年

アフリカは笑ふ

  • 1933年当年公開
  • 出演(Tarzana 役)

「頓珍漢大勝利」「爆笑隊従軍記」のバート・ウイーラーとロバート・ウールジーが主演する笑劇で、ノーマン・クラスナが書き下ろした台本により「進めオリンピック」「仮出獄の女」のエドワード・クラインが監督にあたり、「頓珍漢大勝利」「私重役様よ」のレナード・スミスが撮影した。助演者は「我輩はカモである」「海魔」のラクェル・トレス、エスター・ミューア、ヘンリー・アーメッタ等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー ラクウェル・トレス エスター・ミューア

我輩はカモである

  • 1933年当年公開
  • 出演(Vera_Marcal 役)

「御冗談でしョ」に次ぐマルクス4兄弟主演笑劇で、「けだもの組合」「御冗談でしョ」を共同で原作脚色し、なお後者を作詞作曲したバート・カルマーとハリー・ルビーがやはり共同で原作脚色作詞作曲にあたり、「カンターの闘牛師」「恋愛即興詩」のレオ・マッケリーが監督に任じ、「ビール万歳」「競馬天国」のヘンリィ・シャープが撮影した。助演は「ココナッツ」「けだもの組合」のマーガレット・デュモン、「南海の白影」「海魔」のラクェル・トレス、「夜ごと来る女」のルイス・カルハーン、エドガー・ケネディ等である。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
グルーチョ・マルクス チコ・マルクス ハーポ・マルクス ゼッポ・マルクス
1930年

海魔

  • 1930年当年公開
  • 出演(Nina 役)

「ストリート・ガール」「うわさ」のウェズリー・ラッグルズが監督した映画で、出演者は「南海の白影」のケル・トレスと「砂漠の生霊」「南海の薔薇」のチャールズ・ビックフォードである。ドロシー・ヨーストの原作を「女の秘密」「恋多き女」のベス・メレディスとジョン・ホワード・ローソンが協力して映画劇に組み立てたもので、「若殿頑張る」「グレイト・ガッポ」のアイラ・モーガンが撮影を担任している。主演者を助けて「踊る娘達」「野生の蘭」のニルス・アスター、「スピードウェイ」のジョン・ミルジャン、、「エヴァンジェリン(1929)」のジョージ・F・マリオン、「ローズマリー(1928)」のギブソン・ゴウランド等が出演している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ラクウェル・トレス チャールス・ビックフォード ニルス・アスター ジョージ・F・マリオン
1928年

南海の白影

  • 1928年当年公開
  • 出演(Fayaway 役)

フレデリック・オブライエン氏の原作小説を基としてストーリーを組立てたもので脚色はレイ・ドイル氏、撮影台本をジャック・カニンガム氏が執筆した。監督はその昔パデー、メトロ、フォックス等にあって「剛勇ジャック」のW・S・ヴァン・ダイク氏。主演者は「ニューヨーク狂想曲」「太平洋横断」その他のモント・ブルー氏と新進ラクェル・トレス嬢。南洋マーケサス諸島にロケーションを企て原住民の数集落の協力を得て完成したもので全編に音響効果が施されている。撮影はクライド・デ・ヴィナ氏ジョージ・ネーグル氏、ボッブ・ロバート氏の三人が担当。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
モント・ブルー ラクウェル・トレス ロバート・アンダーソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラクウェル・トレス