映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・クライン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1938年 まで合計25映画作品)

1938年

氷上リズム

  • 1938年当年公開
  • 監督

「ボビーの初舞台」「同じく凱歌」のボビー・ブリーン少年が主演する映画で、フリッツ・ファルケンシュタインとN・ブルウスター・モースが協力でストーリーを書卸し、「クレイグの妻」のメアリー・マッコール・ジュニアが「木に登る女」のマヌエル・セフ及びバーナード・シューバートと協力し、「珍Gメン」「喧嘩商売」のエドワード・クラインが監督に当り、「頓珍漢ミイラ取り」「喧嘩商売」のジャック・マッケンジーが撮影したもの。助演者は「報道線」「月を消しましょ」のチャールズ・ラグルズ、「小公子」のドロレス・コステロ、5歳の天才少女スケーターのアイリーン・デーア、「海賊(1938)」のロバート・バラット、「命を賭ける男(1937)」のドロシー・ピーターソン、「オーケストラの少女」のビリー・ギルバート等である。なお氷上バレーの按舞はデーヴ・ゴールドが担当している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ボビー・ブリーン チャールズ・ラグルズ ドロレス・コステロ アイリーン・デーア
1937年

喧嘩商売

  • 1937年当年公開
  • 監督

「頓珍漢ミイラ取り」「旅鴉子供連れ」と同じくバート・ウィーラーとロバート・ウールジーが主演する映画で、「ロジタ(1936)」のナット・ペリンが俳優として名あるベニー・ルービンと協力して書き下ろしたシナリオによって「クーパーの餓鬼大将」「アフリカは笑ふ」のエドワード・クラインが監督し、「頓珍漢ミイラ取り」のジャック・マッケンジーが撮影したものである。助演者は新顔のマージョリー・ロード、「マルクス一番乗り」のエスター・ミューア、パトリシア・ワイルダー、ラッセル・ヒックスその他である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー マージョリー・ロード パトリシア・ワイルダー
1936年

珍Gメン

  • 1936年当年公開
  • 監督

「迷優ナポレオン」「花嫁は泣きました」のジャック・ヘイリーが主演する喜劇で、「進めオリンピック」「クーパーの餓鬼大将」のエドワード・クラインが監督した。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャック・ヘイリー ウィリアム・フローリー グレース・ブラッドリー エドリエン・マーデン

少年ドン・キホーテ

  • 1936年当年公開
  • 製作

若き新人エリーナ・ウィットニー「麦秋」のトム・キーン、「永遠に愛せよ」のディッキー・ムーア及びヴァージニア・ワイドラー、「薔薇はなぜ紅い」のエリザベス・パターソンが共演する映画で、ケイト・ダグラス・ウィギン作の小説に基いてヴァージニア・ヴァン・アップ、ドア・シャープ及びギルバート・W・プラットが脚色し、「最後の駐屯兵」「無電非常線」のチャールズ・バートンが監督に当たり、「ピストルと音楽」のハリー・フィッシュベックが撮影したもの。助演は「白い友情」のサミュエル・S・ハインズ及びエスター・デール、「航空十三時間」のペニー・バートレット、「男の敵」のJ・M・ケリガン、「南国の河唄」のアイリーン・フランクリン、子役サリー・マーティン等。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ディッキー・ムーア ヴァージニア・ワイドラー エリノア・ウィットニー トム・キーン

山小屋の娘

  • 1936年当年公開
  • アソシエイト・プロデューサー

「永遠に愛せよ」「森の勇者」のヴァジニア・ワイドラーが主役を演ずる映画でモリーン・バッブ、ジョン・ブライト、ロバート・タスカー共作のストーリィを「空中非常線」のスチュアート・アンソニーとマイケル・L・シモンズが協力脚色し、編集者から監督に昇進したウィリアム・シーが監督に当たり、「宝石と女賊」のジョージ・クレメンスが撮影した。助演者は「月は我が家」のヘンリエッタ・クロスマン、「青春ホテル」のリーフ・エリクソン、新顔のエリザベス・ラッセル、「東への道」のラッセル・シンプソン、その他である。

監督
ウィリアム・シー
出演キャスト
ヴァージニア・ワイドラー ヘンリエッタ・クロスマン リーフ・エリクソン エリザベス・ラッセル
1934年

クーパーの餓鬼大将

  • 1934年当年公開
  • 監督

「僕はカウボーイ」「宝島(1934)」のジャッキー・クーパーが主演する映画で、ジョージ・W・ペック作の4半世紀前の流行読み物を映画化したもので、「六百万交響楽」のバーナード・シューパートがマーガリット・ロバーツと協力して脚色し、「アフリカは笑ふ」「彼女の奥の手」のエドワード・クラインが監督に当たりフランク・B・グッドが撮影した。助演は「拳骨大売出し」「怪盗往来」のトーマス・ミーアン、「ますらを」のジャッキー・サール、「永遠に微笑む」のO・P・ヘギー、「地獄の市長」のドロシー・ピーターソン、チャールズ・エヴァンス、ガートルート・ハワード等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャッキー・クーパー トーマス・ミーアン ジャッキー・サール O・P・ヘギー
1933年

アフリカは笑ふ

  • 1933年当年公開
  • 監督

「頓珍漢大勝利」「爆笑隊従軍記」のバート・ウイーラーとロバート・ウールジーが主演する笑劇で、ノーマン・クラスナが書き下ろした台本により「進めオリンピック」「仮出獄の女」のエドワード・クラインが監督にあたり、「頓珍漢大勝利」「私重役様よ」のレナード・スミスが撮影した。助演者は「我輩はカモである」「海魔」のラクェル・トレス、エスター・ミューア、ヘンリー・アーメッタ等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー ラクウェル・トレス エスター・ミューア

仮出獄の女

  • 1933年当年公開
  • 監督

「進めオリンピック」「女は真っ平(1931)」のエドワード・クラインが監督に当たった映画で、ノーマン・クラスナが原作脚色したもの。主役は「待ちかねる処女」「夜の世界」のメイ・クラークと「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミーが勤め、「ミス・ダイナマイト」「生の創め」のヘール・ハミルトン、「マデロンの悲劇」「怒号する天地(1932)」のマリー・プレヴォー、「暴君ネロ(1932)」「グランド・ホテル」のフェルディナンド・ゴットシャルク等が助演している。撮影は「沈黙の証人」「西部無敵王」のジョセフ・H・オーガストが担当。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
メイ・クラーク ラルフ・ベラミー マリー・プレヴォー ヘール・ハミルトン
1932年

進めオリンピック

  • 1932年当年公開
  • 監督

ジョーゼフ・マンキウィッチが組み立てたストーリーから「時計の殺人」のヘンリー・マイヤースとニック・バローズが共同で脚色し「摩天楼の銃声」のエドワード・クラインが監督し、「スーキー」「タッチダウン」のアーサー・L・トッドが撮影した映画で主なる出演者は「闇に踊る(1932)」のジャック・オーキー、W・C・フィールズ、アンディ・クライド・リディア・ロバーティー、スーザン・フレーミング、ベン・ダーピン、ジョージ・バービア等など。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャック・オーキー W・C・フィールズ アンディ・クライド リディア・ロバーティー
1931年

女は真っ平(1931)

  • 1931年当年公開
  • 監督

「喧嘩商会」「彼女の名誉よ」出演のチャールズ・ラグルズが主演する喜劇で、A・E・トーマスとクレイトン・ハミルトン共作の舞台喜劇に基づいて、劇作家オーウェン・デイヴィスと「三太郎大西洋横断」のガートルード・パーセルとが共同で台本を作り、「僕の幸福日」「ラグビー時代」のエドワード・クラインが監督し、「心を汚されし女」「恋愛四重奏」のラリー・ウィリアムスが撮影した。助演者は映画初出演のロシア舞踊手のタマラ・ゲヴァを始め「けだもの組合」のマーガレット・デュモン、「女は嘘つき」のベティー・ガード、スー・コンロイ、ドナルド・ミーク等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ タマラ・ゲヴァ スー・コンロイ マーガレット・デュモン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・クライン