映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ハード

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2014年 まで合計22映画作品)

2014年

ランナーランナー

  • 2014年11月21日(金)公開
  • 出演(ハリー・フュルスト 役)

ジャスティン・ティンバーレイクが、オンラインカジノで詐欺行為を働いたのをきっかけに、カジノ王に操られ、やがてFBIに追われるハメになる天才大学生に扮するサスペンスフルなドラマ。ベン・アフレックが主人公を翻弄するカジノ王に扮するほか、レオナルド・ディカプリオが製作を務めている。

監督
ブラッド・ファーマン
出演キャスト
ジャスティン・ティンバーレイク ベン・アフレック オリヴァー・クーパー アンソニー・マッキー
2013年

ウォールストリート・ダウン

  • 2013年12月21日(土)公開
  • 出演(Jeremy Stancroft 役)

ドラマ『プリズン・ブレイク』のドミニク・パーセル主演のリベンジアクション。金融機関に利用された男が機関銃を手にウォール街に乗り込む。監督・脚本は、「ブラッドレイン 血塗られた第三帝国」のウーヴェ・ボル。共演は、ドラマ『Lの世界』のエリン・カープラック、「ターミネーター2」のエドワード・ファーロング。

監督
ウーヴェ・ボル
出演キャスト
ドミニク・パーセル エリン・カープラック エドワード・ファーロング マイケル・パレ
1999年

スネーク・アイズ(1998)

  • 1999年2月27日(土)公開
  • 出演(Gilbert Powell 役)

1万4000人の群衆の中で暗殺された国防長官をめぐる陰謀に巻き込まれた刑事の姿をスタイリッシュな映像表現で描いたスリラー。監督・製作は「ミッションインポッシブル」のブライアン・デ・パルマ。脚本は「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のデビッド・コープ。製作総指揮は「ナッシング・トゥ・ルーズ」のルイス・A・ストローラ。撮影は「ファーザーズ・デイ」のスティーブン・H・ブルーム。音楽は「嵐が丘」の坂本龍一。美術は「アトランティック・シティ」のアン・プリチャード。衣裳はオデット・ガドリー。出演は「シティ・オブ・エンジェル」のニコラス・ケイジ、「身代金」のゲイリー・シニーズ、「マイケル」のカーラ・グジーノ、「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のジョン・ハード、「デイライト」のスタン・ショウ、「スモール・ソルジャーズ」のケヴィン・ダンほか。

監督
ブライアン・デ・パルマ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ゲイリー・シニーズ ジョン・ハード カーラ・グギノ
1998年

187

  • 1998年12月5日(土)公開
  • 出演(Dave Childress 役)

アメリカの荒廃したハイスクールの現状を描き出す人間ドラマ。監督は「ウォーターワールド」のケヴィン・レイノルズ。脚本はスコット・イェイジマン。撮影はエリクソン・コア。音楽監修はクリス・ドゥリダス。出演は「ジャッキー・ブラウン」「スフィア」のサミュエル・L・ジャクソン、「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のジョン・ハードほか。

監督
ケヴィン・レイノルズ
出演キャスト
サミュエル・L・ジャクソン ジョン・ハード ケリー・ローワン クリフトン・ゴンザレス
1996年

判決前夜 ビフォア・アンド・アフター

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 出演(Wedell Bye 役)

殺人事件の容疑者になった少年を軸に揺れ動く家族の姿を描くサスペンス。ロゼリン・ブラウンのベストセラー小説『判決前夜』(邦訳・新潮文庫)を「羊たちの沈黙」「陪審員」のテッド・タリーが脚本化。監督には「運命の逆転」「死の接吻」のバーベット・シュローダーがあたった。製作は「死の接吻」のスーザン・ホフマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはロジャー・バーンバウムとジョー・ロス、撮影はシュローダーとは「運命の逆転」以来コンビを組むルチアーノ・トヴォリ、音楽は「セブン」のハワード・ショア、美術はスチュアート・ワーツェル、編集はリー・パーシーがそれぞれ担当。出演は「マディソン郡の橋」のメリル・ストリープと「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のリーアム・ニーソン、「リトル・オデッサ」のエドワード・ファーロングほか。

監督
バーベット・シュローダー
出演キャスト
メリル・ストリープ リーアム・ニーソン エドワード・ファーロング ジュリア・ウェルドン
1993年

ザ・シークレット・サービス

  • 1993年9月15日(水)公開
  • 出演(Professor Riger 役)

大統領を狙う暗殺者と戦うベテラン・シークレット・サービスの姿を描くサスペンス・アクション。監督は「プラスティック・ナイトメア 仮面の情事」のウォルフガング・ペーターゼン。製作は「超能力学園Z」のジェフ・アップル。エグゼクティヴ・プロデューサーはペーターゼンとゲイル・カッツ。「ルーキー」のデイヴィッド・ヴァルデスの共同。脚本はジェフ・マクワイヤー。撮影は「シルバラード」のジョン・ベイリー。音楽は「アンタッチャブル」のエンニオ・モリコーネが担当。主演は「許されざる者(1992)」のクリント・イーストウッド、「二十日鼠と人間」のジョン・マルコヴィッチ、「フリージャック」のレネ・ルッソ。他に「ロックンルージュ」のディラン・マクダーモット、「ロシア・ハウス」のジョン・マホーニーらが共演。

監督
ヴォルフガング・ペーターゼン
出演キャスト
クリント・イーストウッド ジョン・マルコヴィッチ レネ・ルッソ ディラン・マクダーモット

ファイティング・キッズ

  • 1993年1月23日(土)公開
  • 出演(John Riley 役)

ブラック、ホワイト、ヒスパニック、エイジア 。異なる肌の少年たちが織り成す、ボクシングの青春ドラマ。監督は「殺しのナイフ ジャック・ザ・リッパー」など、これが3作目になるローディ・ヘリントン。製作は、コロンビア映画の会長を2度も務めた辣腕フランク・プライスと「モブスターズ 青春の群像」のスティーヴ・ロス。撮影は「羊たちの沈黙」の名手タク・フジモト。音楽は「ターミネーター2」のブラッド・フィーデル。さらに、スタント・コーディネーター兼ファイティング・コレオグラファーとして、「ロッキー」「レイジング・ブル」を手掛けた第一人者ジム・ニッカーソンが加わった。

監督
ローディ・ヘリントン
出演キャスト
ジェームズ・マーシャル キューバ・グッディング・ジュニア ブライアン・デネヒー ロバート・ロギア
1992年

ホーム・アローン2

  • 1992年12月19日(土)公開
  • 出演(Peter 役)

91年に公開され大ヒットとなった「ホーム・アローン」の続編。ニューヨークで迷子になったケヴィン少年の冒険を描く。監督は「オンリー・ザ・ロンリー」のクリス・コロンバス、製作・脚本は「あぶない週末」のジョン・ヒューズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはマーク・ラドクリフとダンカン・ヘンダーソンとリチャード・ヴェイン、撮影はジュリオ・マカット、音楽はジョン・ウィリアムスが担当。

監督
クリス・コロンバス
出演キャスト
マコーレー・カルキン ジョー・ペシ ダニエル・スターン ジョン・ハード

ランブリング・ローズ

  • 1992年10月31日(土)公開
  • 出演(Willcox Buddy Hillyer 役)

1935年のアメリカ南部のとある一家にやって来た風変わりな娘が巻き起こす騒動と、家族の絆を描く。監督は「天才アカデミー」のマーサ・クーリッジ、カルダー・ウィリンガムの原作(邦訳・扶桑社刊)をもとに彼自身が脚色、製作は「ダイ・ハード2」の監督レニー・ハーリン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサールとエドガー・J・シェリック、撮影はジョニー・E・サイエン、音楽は「グリフターズ 詐欺師たち」のエルマー・バーンステインが担当。91年モントリオール国際映画祭主演女優賞受賞(ローラ・ダーン)。

監督
マーサ・クーリッジ
出演キャスト
ローラ・ダーン ロバート・デュヴァル ダイアン・ラッド ルーカス・ハース

ラジオ・フライヤー

  • 1992年10月3日(土)公開
  • 出演(Daughety 役)

義理の父親にいじめられる弟を見兼ねた兄が、伝説に夢を託して弟を救い出すまでを描いた家族愛のドラマ。監督は「リーサル・ウェポン3」のリチャード・ドナー、製作は「セント・エルモス・ファイアー」のローレン・シュラー・ドナー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「氷の微笑」のマイケル・ダグラス、リック・ビーバー、デイヴィッド・ミッキー・エヴァンス、脚本はデイヴィッド・ミッキー・エヴァンス、撮影は「ゴーストバスターズ」のラズロ・コヴァックス、音楽は「テルマ&ルイーズ」のハンス・ジマーが担当。

監督
リチャード・ドナー
出演キャスト
ロレイン・ブラッコ ジョン・ハード アダム・ボールドウィン イライジャ・ウッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ハード