映画-Movie Walker > 人物を探す > マーク・フリードマン

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2008年 まで合計5映画作品)

2008年

勇者たちの戦場

  • 2008年1月5日(土)公開
  • 脚本

イラク戦争から帰還した兵士たちが、戦争で受けた傷あとから逃れられず、苦難に直面する姿を描く問題作。サミュエル・L・ジャクソンら実力派俳優陣の熱演に注目。

監督
アーウィン・ウィンクラー
出演キャスト
サミュエル・L・ジャクソン ジェシカ・ビール カーティス・ジャクソン ブライアン・プレスリー
2007年

フライボーイズ

  • 2007年11月17日(土)公開
  • 製作

第1次大戦中の史実をベースにしたスカイ・アクション。海を渡って戦闘機乗りとなった若者たちの友情を、目を見張る迫力の飛行シーンと共に描き出す。

監督
トニー・ビル
出演キャスト
ジェームズ・フランコ ジャン・レノ マーティン・ヘンダーソン ジェニファー・デッカー
2001年

ザ・コンテンダー

  • 2001年6月23日(土)公開
  • 製作

米政治界を舞台に、副大統領候補となった女性議員の孤高の闘いを見つめる人間ドラマ。激しいスキャンダル攻撃を受けながらも、毅然とした態度で自身の政治信念を貫く姿が胸に染みる。

監督
ロッド・ルーリー
出演キャスト
ジョアン・アレン ゲイリー・オールドマン ジェフ・ブリッジス クリスチャン・スレーター
1995年

告発

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 製作

悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実際の事件に基づき、若き弁護士と囚人の友情を描いたヒューマン・ドラマ。「パッセンジャー57」「ワイアット・アープ」のダン・ゴードンのオリジナル脚本を、「ハートブレイク・タウン」のマーク・ロッコが監督。製作はマーク・フリードマンとマーク・ウォルパー、エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・L・ウォルパーとマーク・ロッコ。撮影は「みんな愛してる」のフレッド・マーフィー、音楽はクリストファー・ヤングが担当。主演は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のクリスチャン・スレイターと、「激流」のケヴィン・ベーコン。「レオン」のゲイリー・オールドマン、「シンドラーのリスト」のエンベス・デイヴィッツ、「薔薇の素顔」のブラッド・ダリフ、「愛が微笑む時」のキーラ・セジウィックらが脇を固めるほか、実在のキャメラマン、マイク・ケリーに世界的に著名な写真家ハーブ・リッツが扮して特別出演。

監督
マーク・ロッコ
出演キャスト
クリスチャン・スレーター ケヴィン・ベーコン ゲイリー・オールドマン エンベス・デイヴィッツ
1994年

ボイリング・ポイント

  • 1994年10月28日(金)公開
  • 製作

向こうっ気の強い財務調査官と老練なサギ師を主役に据えた、一風変わったポリス・アクション。脚本・監督は、かつてスタンリー・キューブリックと組んで「現金に体を張れ」などを製作し、「駆逐艦ベッドフォード作戦」「ザ・コップ」などを監督したジェームズ・B・ハリス。ともすればありきたりの刑事ドラマに堕す物語の作品を、手堅く人情味あふれる演出の妙で見せている。原作はジェラルド・ペティーヴィッチ、撮影はキング・バゴットが担当。音楽は「ダーティー・ダンシング」のコリー・レリオス。情感たっぷりの主題曲『Dream』は聞きものである。主演は「デモリションマン」の黒人個性派俳優の筆頭ウェズリー・スナイプスと″ハリウッドの異端児″として最近作「スピード」でも怪演をみせたデニス・ホッパー。共演は「わかれ路(1994)」のロリータ・ダヴィドヴィッチ、「カリートの道」のヴィーゴ・モーテンセン、さらに『ブライト・エンジェル』(V)のヴァレリー・ペリン、「逃げる天使」のシーモア・カッセル、「ブラッド・シンプル」のダン・ヘダヤなどベテラン性格俳優が顔をそろえている。

監督
ジェームズ・B・ハリス
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス デニス・ホッパー ロリータ・ダヴィドヴィッチ ヴィゴ・モーテンセン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーク・フリードマン