映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・ビーン

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2016年 まで合計21映画作品)

2016年

フルリベンジ

  • 2016年1月2日(土)
  • 製作総指揮、出演

2012年ファンタジア国際映画祭で上映されたチリ映画を、「ターミネーター」のマイケル・ビーン製作・主演でリメイクしたバイオレンス。父親に虐待されて育った姉妹による復讐劇。監督は、チリ版も手掛けたパトリシオ・ヴァラダレス。出演は、ドラマ『NIP/TUCK ハリウッド整形外科医』のジャニーン・カスパー、「マチェーテ」のエレクトラ・アヴェラン。『未体験ゾーンの映画たち2016』で上映。

監督
パトリシオ・ヴァラダレス
出演キャスト
マイケル・ビーン ジャニーン・カスパー エレクトラ・アヴェラン クリス・ブラウニング
2012年

SUSHI GIRL

  • 2012年12月22日(土)
  • 出演(マイク 役)

ある男の出所祝いの宴席で次第に仲間たちの関係が険悪になっていく、1970年代のホラー映画を彷彿させるクライム・ムービー。監督は「ゾンビ」などホラー映画の第一人者ジョージ・A・ロメロ監督が主催する短編ゾンビ映画コンテストで優秀賞に輝いたカーン・サクストン。本作が長編監督初作品となる。「スター・ウォーズ」のマーク・ハミル、「キャンディマン」のトニー・トッド、「ネバーエンディング・ストーリー」のノア・ハサウェイ、「ターミネーター2」のマイケル・ビーン、「マチェーテ」のダニー・トレホ、「キル・ビル」の千葉真一らが出演。また、女体盛りをされる女に「スーパーバッド 童貞ウォーズ」(未)のコートニー・パームが扮する。

監督
カーン・サクストン
出演キャスト
トニー・トッド ジェームズ・デュヴァル ノア・ハサウェイ アンディ・マッケンジー

ディヴァイド

  • 2012年6月9日(土)
  • 出演(ミッキー 役)

壊滅後のニューヨークを舞台に、地下シェルターに避難した9人が体験する極限状況を描くスリラー。出演はリメイク版テレビシリーズ『HAWAII FIVE-0』のローレン・ジャーマン、「ターミネーター」のマイケル・ビーン、「アーマード 武装地帯」のマイロ・ヴィンティミリア。監督は「ヒットマン」のザヴィエ・ジャン。

監督
ザヴィエ・ジャン
出演キャスト
ローレン・ジャーマン マイケル・ビーン マイロ・ヴィンティミリア コートニー・B・ヴァンス
2007年

プラネット・テラー in グラインドハウス

  • 2007年9月22日(土)
  • 出演(ヘイグ保安官 役)

「デスペラード」のロバート・ロドリゲス監督が、ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」などをベースにしたアクション・ホラーを製作。奇抜なヒロインの活躍を壮絶な演出で描いた。

監督
ロバート・ロドリゲス
出演キャスト
ローズ・マッゴーワン フレディ・ロドリゲス ジョシュ・ブローリン マーレー・シェルトン
2006年

ドラゴン・スクワッド

  • 2006年10月14日(土)
  • 出演(ペトロス 役)

F4のバネス・ウー、「頭文字D THE MOVIE」のショーン・ユーら、アジアのスターが結集したアクション。国際警察の精鋭とテロ集団との死闘が、銃撃戦や肉弾戦たっぷりに展開。

監督
ダニエル・リー
出演キャスト
ヴァネス・ウー ショーン・ユー ホアン・シェンイー シア・ユイ
2001年

アート・オブ・ウォー

  • 2001年1月13日(土)
  • 出演(Robert Bly 役)

 巨大な陰謀に巻き込まれた男の逃避行を、ダイナミックな見せ場満載で描写。「ブレイド」のアクション・スター、ウェズリー・スナイプスが、持ち前のタフな魅力を発散する娯楽活劇だ。

監督
クリスチャン・デュゲイ
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス アン・アーチャー モーリー・チェイキン マリエ・マチコ
1996年

ザ・ロック

  • 1996年9月14日(土)
  • 出演(Charles Anderson 役)

猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。監督に前作「バッドボーイズ(1995)」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ショーン・コネリー エド・ハリス マイケル・ビーン

秘密指令 クラッシュ

  • 1996年2月17日(土)
  • 出演(Casey Woods 役)

巨大マネーロンダリング組織に挑む男女の戦いを描いたサスペンス・アクション。監督はCF界で活躍してきたチャールズ・ウィルキンソン。脚本はゴードン・ベイシッチスとラウル・イングリス。製作はロバート・ヴィンスとウィリアム・ヴィンス、撮影はマイケル・スロヴィス、音楽はグレアム・コールマン、美術はリン・ストプケウィッチが担当。主演は「アビス」のマイケル・ビーンと「氷の微笑」「ハーヴェスト」のレイラニ・サレル・フェラー。共演は「今そこにある危機」のミゲル・サンドバル、「クリムゾン・タイド」のマット・クレイヴンほか。

監督
チャールズ・ウィルキンソン
出演キャスト
マイケル・ビーン マット・クレイヴン レイラニ・サレル ミゲル・サンドヴァル
1994年

トゥームストーン

  • 1994年5月28日(土)
  • 出演(Johnny Ringo 役)

実在した西部開拓期の英雄、ワイアット・アープと親友ドク・ホリデイの戦いと友情を描いたウエスタン大作。「荒野の決闘」「OK牧場の決斗」など過去に幾度も映画化された題材を、今回は従来の解釈と異なり、わずか約2分間のOKコラルでの決闘描写をはじめ史実を重視して描いている。監督は「ランボー 怒りの脱出」「リバイアサン」のジョージ・P・コスマトス。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・スタンド」のアンドリュー・G・ヴァイナで、彼の主宰するシナージ・プロ作品。脚本は「グローリー」のケヴィン・ジャール。撮影は「1941」ほかの諸作で知られる名手、ウィリアム・A・フレイカー、音楽は「バラ色の選択」のブルース・ブロートン。出演は「不法侵入」のカート・ラッセル、「ブロンディー 女銀行強盗」のヴァル・キルマーら新旧オールスターのほか、アープの子孫であるワイアット・アープ2世も出演している。

監督
ジョージ・P・コスマトス
出演キャスト
カート・ラッセル ヴァル・キルマー サム・エリオット ビル・パクストン
1991年

タイムボンバー

  • 1991年8月24日(土)
  • 出演(Eddy_Kay 役)

なぜか突然に命を狙われ始めた男が逃げつつも自分のアイデンティティを追い求める内に司法長官暗殺事件に巻き込まれるというストーリー。スパイものとスリラーものがドッキングしたようなアクション映画。監督・脚本はアヴィ・ネッシャー、製作は「砂の惑星」のラファエラ・デ・ラウレンティス。撮影はアンソニー・B・リッチモンド。音楽はパトリック・レナードが担当。

監督
アヴィ・ネッシャー
出演キャスト
マイケル・ビーン パッツィ・ケンジット Tracy Scogins ロバート・カルプ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

AI崩壊
AI崩壊

大沢たかお主演、AIが国民の生活を支える2030年の日本を舞台にしたサスペンス

前田建設ファンタジー営業部
前田建設ファンタジー営業部

空想世界の建造物の建設を正確に検証するという実在企業によるウェブ連載を基に映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・ビーン