映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・キャメロン

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2019年 まで合計19映画作品)

2019年

アリータ:バトル・エンジェル

  • 2019年2月22日(金)公開
  • 脚本

『タイタニック』『アバター』など斬新な映像表現で数々のヒット作を送り出してきたジェームズ・キャメロンが製作と脚本を担当し、木城ゆきとのコミック「銃夢」を映画化したSFアクション。兵器であるという自身の運命に直面し苦悩するサイボーグの少女アリータの戦いが描かれる。『シン・シティ』のロバート・ロドリゲスが監督を務める。

監督
ロバート・ロドリゲス
出演キャスト
ローサ・サラザール クリストフ・ヴァルツ ジェニファー・コネリー マハーシャラ・アリ
2017年

すばらしき映画音楽たち

  • 2017年8月5日(土)公開
  • 出演

映画を盛り上げる映画音楽の制作過程やその魅力に迫るドキュメンタリー。WOWOWにて日本初放送。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映(上映日:2017年8月5~7日、12日、13日、18日)後、順次劇場公開。

監督
マット・シュレイダー
出演キャスト
ジョン・ウィリアムズ ハンス・ジマー ダニー・エルフマン トーマス・ニューマン
2013年

エイリアン2 完全版

  • 2013年6月14日(金)公開
  • 監督、原案、脚本

シガーニー・ウィーバー主演のSFホラー第2作。1986年公開時のものに、ジェームス・キャメロン監督自ら未公開シーンを加え再編集した。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
シガーニー・ウィーバー キャリー・ヘン マイケル・ビーン ランス・ヘンリクセン
2011年

二重被爆 語り部・山口彊の遺言

  • 2011年7月16日(土)公開
  • 出演

広島・長崎で被爆した山口彊さんを追ったドキュメンタリー「二重被爆」の続編。胃ガンが進行しても語り部として反核の思いを訴えた山口さんが93歳で亡くなるまで、その遺言の意味を描く。山口さんを見舞ったジェームズ・キャメロン監督の姿も。監督は、「二重被爆」企画の稲塚秀孝。語り・テーマ曲は、歌手の加藤登紀子。

監督
稲塚秀孝
出演キャスト
山口彊 山崎年子 ジェームズ・キャメロン チャールズ・ペレグリーノ
2009年

ターミネーター4

  • 2009年6月13日(土)公開
  • キャラクター創造・原案

人類と機械との壮絶な戦いを描く人気SFアクションの新3部作の第1章。従来の人型以外にもバイク型や巨大なものなど、様々なタイプのターミネーターが人類に襲いかかる。

監督
マックG
出演キャスト
クリスチャン・ベイル サム・ワーシントン アントン・イェルチン ムーン・ブラッドグッド
2003年

スパイキッズ3-D ゲームオーバー

  • 2003年10月11日(土)公開
  • Special Thanks

幼い姉弟スパイの活躍を描いた人気シリーズの完結編。バーチャルゲームのなかの世界を行く主人公たちの冒険がテンポよく描かれる。特製メガネを装着して楽しむ3-Dの立体映像で興奮度もアップ!

監督
ロバート・ロドリゲス
出演キャスト
ダリル・サバラ アレクサ・ヴェガ カーラ・グギノ リカルド・モンタルバン

ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密

  • 2003年7月19日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、脚本、出演(Himself 役)

全世界で大ヒットを記録した「タイタニック」から6年。同作の監督ジェームズ・キャメロンが、海底3650メートルに沈む本物のタイタニック号の姿を3D映像で見せるドキュメンタリー。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
マイク・キャメロン ジェームズ・キャメロン ビル・パクストン

ソラリス

  • 2003年6月21日(土)公開
  • 製作

「トラフィック」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、名作SF「惑星ソラリス」をリメイク。謎めいた星がもたらす怪現象によって、自らの失われた愛と直面する男の苦悩を描く。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
ジョージ・クルーニー ジェレミー・デイヴィス ヴァイオラ・デイヴィス ウルトリッヒ・トゥクール
1997年

タイタニック(1997)

  • 1997年12月20日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

20世紀最大の海難事故として知られる豪華客船タイタニック号の悲劇を、ラブストーリーの要素を交じえて描いたスペクタクル超大作。監督・脚本は「アバター」「ターミネーター」のジェームズ・キャメロン。ほぼ原寸大に再現されたタイタニック号など、総製作費2億ドルをかけて作り出したゴージャスな雰囲気に注目。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット ビリー・ゼーン キャシー・ベイツ
1996年

ストレンジ・デイズ 1999年12月31日

  • 1996年1月20日(土)公開
  • 製作、原案、脚本

新世紀前夜の混沌と狂騒に満ちたロサンゼルスを舞台に、他人の五感を記録・再現するディスクを扱う闇商人が殺人事件に巻き込まれるSFハードボイルド。1万5千人のエキストラを動員した、ラストのカウントダウンのモブシーンが圧巻。原案・脚本・製作は「トゥルーライズ」のジェームズ・キャメロンで、監督には彼の公私に渡るパートナーである「ハートブルー」のキャスリン・ビグローがあたり、パワフルな演出を見せている。共同脚本はジェイ・コックス、共同製作はビグローの出世作「ニア・ダーク 月夜の出来事」も手掛けたスティーヴン=チャールズ・ジャフィ、撮影は「愛と死の間で」のマシュー・F・レオネッティ。音楽は「ストリートファイター」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、伝統のエスニック・ミュージックを現代的に再生する2人組ユニット〈ディープ・フォレスト〉が追加作曲を担当。美術は「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のリリー・キルヴァート、SFXは、「トゥルーライズ」などに参加したキャメロン主宰のSFX工房デジタル・ドメイン社が担当。出演は「クイズ・ショウ」のレイフ・ファインズ、「ティナ」のアンジェラ・バセット、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のジュリエット・ルイスとトム・サイズモア、「デッドマン」のマイケル・ウィンコット、「エド・ウッド」のヴィンセント・ドノフリオ、「刑事ジョン・ブック 目撃者」のジョゼフ・ソマーほか。

監督
キャスリン・ビグロー
出演キャスト
レイフ・ファインズ アンジェラ・バセット ジュリエット・ルイス トム・サイズモア

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・キャメロン