映画-Movie Walker > 人物を探す > クロード・ジディ

年代別 映画作品( 1973年 ~ 1998年 まで合計13映画作品)

1998年

アルレット

  • 1998年4月25日(土)公開
  • 監督、脚本

売れない俳優の若い男と中年のウェイトレスが騙し騙されながらも恋におちるラヴ・コメディ。監督は「ふたり」のクロード・ジディ、製作は「彼女の彼は、彼女」のクロード・ベリ。製作総指揮はピエール・グルンスタイン。脚本はジディと本作のヒロインで「彼女の彼は、彼女」(監督・脚本も)のジョジアーヌ・バラスコ。撮影は「ふたり」のジャン=ジャック・タルベ。音楽は「夢見るシングルズ」のウィリアム・シェラー。美術はクリスチャン・マルティ。編集は「ふたり」のニコール・ソーニエ。衣裳はファビエンヌ・カタニー。共演は「ワイルド・ガン」のクリストファー・ランバート(フランス語読みではクリストフ・ランベール)、「ザ・ブロンド」のエンニオ・ファンタスティキーニほか。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ジョジアーヌ・バラスコ クリストフ・ランベール エンニオ・ファンタスキーニ ジャン・マリー・ビガード
1994年

トゥルーライズ

  • 1994年9月10日(土)公開
  • 原作

妻や子にも正体を隠し、家族思いの父親と凄腕の秘密諜報部員という二重生活を送るヒーローの珍無類の活躍を、アクションとユーモア豊かに描いたスパイアクション・コメディ。1億2000万ドルの巨費を投じ、「ターミネーター2」のジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーが3度コンビを組んだ超大作。米海軍の協力でハリアー戦闘機の実機が使用されたのをはじめ、アクションシーンの見せ場はたっぷり。フランス映画『La Totale』に目を付けたシュワルツェネッガーがキャメロンに企画を持ち込み、彼の監督・製作・脚本で実現。共同製作は「T2」でも監督と組んだステファニー・オースティン。撮影は「ハード・ターゲット」のラッセル・カーペンター、音楽は「T1」「T2」に続き、監督とは3作目のブラッド・フィーデル、美術は14本の「007」シリーズに参加し、「エイリアン2」に続いて監督とは2作目のピーター・ラモント。「アビス」以降、キャメロン作品に参加しているジョン・ブルーノがSFXスーパーバイザーを務め、特殊視覚効果はキャメロンが設立したデジタル・ドメイン社が担当。名コメディエンヌぶりを発揮した「マイ・ガール2」のジェイミー・リー・カーティスほか、「ライジング・サン」のティア・カレル、「コーンヘッズ」のトム・アーノルド、「トゥームストーン」のビル・パクストンらが共演。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー ジェイミー・リー・カーティス トム・アーノルド ビル・パクストン
1989年

ふたり(1989)

  • 1989年当年公開
  • 監督、原案、脚本

パリの街で出会った男女が、傷つけあいながらも愛を育んでゆく姿を描くラブ・ストーリー。製作はピエール・ゴーシェ、監督・原案・脚本は「フレンチ・コップス」のクロード・ジディ、共同脚本はカトリーヌ・リロワ、撮影はジャン・ジャック・タルべ、音楽はジャン・クロード・プティが担当。出演はマルーシュカ・デートメルス、ジェラール・ドパルデューほか。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
マルーシュカ・デートメルス ジェラール・ドパルデュー Michele Goddet フィリップ・ルロワ
1985年

フレンチ・コップス

  • 1985年9月14日(土)公開
  • 監督、脚本

賄賂をとったり、ピンハネをしたりするワル警官二人の行状記を描く喜劇。製作はピエール・ゴーシェ。監督・脚本は「ザ・カンニング アルバイト情報」のクロード・ジディ、原案はシモン・ミカエル、台詞はディディエ・カミンカ、撮影はジャン・ジャック・タルベス、音楽はフランシス・レイが担当。出演はフィリップ・ノワレ、ティエリー・レルミットなど。85年度セザール賞の作品、監督、編集の三部門で受賞。原題は“pouxri”(腐った奴)をひっくりかえした陰語。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
フィリップ・ノワレ ティエリー・レルミット レジーヌ グラース・ド・カピターニ
1983年

ザ・カンニング アルバイト情報

  • 1983年4月2日(土)公開
  • 監督、脚本、台詞

「ザ・カンニング[IQ=0]」の続編にあたり、陽光ふりそそぐサントロペを舞台に珍妙な恋人奪回作戦を展開する大学一年生たちの騒動を描く。製作はピエール・ゴーシェ。監督は前編に引き続きクロード・ジディ。ジディとディディエ・カミンカ、ミシェル・ファブルが共同で脚本を執筆。撮影はポール・ボニス、音楽はウラジミール・コスマが担当。出演はダニエル・オートゥイユ、ギイ・マルシャン、グラース・ド・カピターニ、シャルロット・ド・テュルケームなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ ギイ・マルシャン グラース・ド・カピターニ シャルロット・ド・テュルケーム
1982年

ザ・カンニング IQ=0

  • 1982年4月3日(土)公開
  • 監督、脚本

勉強のできない予備校生たちが大学入学資格試験(バカロレア)に様々なカンニングを駆使して合格するまでを描いた喜劇。製作はクリスチャン・ラントレティアン、監督は「冒険喜劇 大出世」のクロード・ジディ、脚本はクロード・ジディ、ディディエ・カミンカ、ミシェル・ファブルの共同執筆。音楽はボブ・ブロール、撮影はポール・ボニスが各々担当。出演はダニエル・オートゥイユ、フィリップ・タッシーニ、カトリーヌ・エラルディ、フランソワーズ・ミショーなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ フィリップ・タッシーニ カトリーヌ・エラルディ フランソワーズ・ミショー
1981年

ムッシュとマドモアゼル

  • 1981年10月31日(土)公開
  • 監督、脚本

しがないスタント・マンの大胆不敵な行動と恋を描くアクション・コメディ。製作はベルナール・アルティーグ、監督は「おかしなおかしな高校教師」のクロード・ジディ、脚本はミシェル・オーディアール、ドミニク・ファーブル、クロード・ジディ、撮影はクロード・ルノワール、音楽はウラジミール・コスマが各々担当。出演はジャン・ポール・ベルモンド、ラクウェル・ウェルチ、ダニー・サヴァル、レイモン・ジェローム、アルド・マチオーネ、特別ゲストはジョニー・アリディ、ジェーン・バーキンなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ジャン・ポール・ベルモンド ラクウェル・ウェルチ ジョニー・アリディ ジェーン・バーキン
1976年

冒険喜劇 大出世

  • 1976年10月30日(土)公開
  • 監督、脚本

ドジな銀行マンが捲き起こす騒動を描いた喜劇。監督・脚本は「おかしなおかしな高校教師」のクロート・ジディ、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はウラジミール・コスマ、美術はミシェル・ド・ブロワンが各々担当。出演はピエール・リシャール、ジェーン・バーキン、ミシェル・オーモン、アマデウス・アウグスト、アンリ・デウス、ジャン・マルタン、クロード・ドーファンなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ピエール・リシャール ジェーン・バーキン ミシェル・オーモン アマデウス・アウグスト
1975年

おかしなおかしな高校教師

  • 1975年8月16日(土)公開
  • 監督、脚本

さえない高校教師とスキャンダル女優がまきおこすドタバタ騒ぎを描くフランス喜劇。製作はクリスチャン・フェシュネール、監督・脚本は「クレイジー・ボーイ」シリーズのクロード・ジディ、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はウラジミール・コスマが各々担当。出演はピエール・リシャール、ジェーン・バーキン、ダニエル・ミナッツォリ、クロード・ピエプリュ、アンリ・ギイベ、ジャン・マルタンなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ピエール・リシャール ジェーン・バーキン ダニエル・ミナッツォリ クロード・ピエプリュ

クレイジー・ボーイ ミサイル珍作戦

  • 1975年3月15日(土)公開
  • 監督

フランスで最も人気のあるといわれるコメディ・グループ“レ・シャルロ”の「クレイジー・ボーイ」シリーズ四作目。製作総指揮はクリスチャン・フェシュネール、製作はアンリ・ブリシェッティ、監督はクロード・ジディ、脚本はジャン・ブショーとジャン・ポール・ファレー、撮影はポール・ボニス、音楽はレ・シャルロが各々担当。出演はレ・シャルロのジェラール・リナルディ、ジェラール・フィリッペリ、ジャン・サリュス、ジャン・ギイ・フェシュネール、他にパオロ・ストッパ、ヘイディー・ボーレンなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ジェラール・リナルディ ジェラール・フィリッペリ ジャン・サリュス ジャン・ギイ・フェシュネール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クロード・ジディ