映画-Movie Walker > 人物を探す > ダニエル・ゴールドバーグ

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2011年 まで合計9映画作品)

2011年

デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断

  • 2011年1月22日(土)公開
  • 製作

空港で知り合った2人の男のトラブル満載のアメリカ大陸横断の旅を描く、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス監督によるコメディ。妻の出産に立ち会おうとする男をロバート・ダウニーJr.、トラブルメーカーの男を『ハングオーバー!〜』のザック・ガリフィアナキスが怪演する。

監督
トッド・フィリップス
出演キャスト
マット・ウォルシュ ジョン・グールド ロバート・ダウニー・Jr ザック・ガリフィナーキス
2002年

キリング・ミー・ソフトリー

  • 2002年2月23日(土)公開
  • 製作総指揮

中国の名匠チェン・カイコーのハリウッド進出作。運命的に出会った恋人への愛と疑惑に揺れるヒロインの心理を、官能的なラブ・シーンを交えて描くサスペンス・ミステリー。

監督
チェン・カイコー
出演キャスト
ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ ナターシャ・マケルホーン ウルリク・トムセン
2001年

エボリューション

  • 2001年11月3日(土)公開
  • 製作

宇宙からの生物に襲われた人類の危機をコミカルなテイストで描写。スリリングな物語や軽妙な会話はもちろん、クリーチャーの進化を映像化した驚異のVFXも必見!

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー ジュリアン・ムーア オーランド・ジョーンズ ショーン・ウィリアム・スコット

NO NUKES

  • 2001年9月7日(金)公開
  • 監督

ブルース・スプリングスティーン、ドゥービー・ブラザーズらアメリカン・ロックの大物たちが多数登場。反核を訴える各ミュージシャンの姿と共に、“第2のウッドストック”と呼ばれる一大イベントの全貌を伝える。

監督
ダニエル・ゴールドバーグ アンソニー・ポテンザ ジュリアン・シュロスバーグ
出演キャスト
ブルース・スプリングスティーン ジェームズ・テイラー ジャクソン・ブラウン ドゥービー・ブラザーズ
1998年

6デイズ/7ナイツ

  • 1998年12月19日(土)公開
  • 製作総指揮

南海の孤島に不時着した男女が必死で脱出を図る姿を軽快なタッチで描く冒険アクション。監督は「ファーザーズ・デイ」のアイヴァン・ライトマン。脚本はマイケル・ブラウニング。製作はライトマンと「G.I.ジェーン」のロジャー・バーンバウム、「ドロップゾーン」のウォリス・ニシタ。製作総指揮は「ファーザーズ・デイ」の・ジョー・メジャックとダニエル・ゴールドバーグ、「G.I.ジェーン」のジュリー・バーグマン・センダー。撮影は「SPACE JAM」のマイケル・チャップマン。音楽は「アナコンダ」のランディ・エルマン。美術は「リーサル・ウエポン4」のJ・マイケル・リーヴァ。衣裳は「スフィア」のグロリア・グレシャム。主演は「エア・フォース・ワン」のハリソン・フォードと「フェイク」のアン・ヘッシュ。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
ハリソン・フォード アン・ヘッチ デイヴィッド・シュワイマー ジャクリーン・オブラドーズ
1997年

プライベート・パーツ

  • 1997年11月22日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

ラジオ史上初めて全裸の女性をスタジオに生出演させたり、放送禁止用語を連発したり、自分たちの性の営みをあけっぴろげに告白したりと、型破りなトークで全米メディア界の寵児となった怪人物、ハワード・スターンの自伝的映画。93年に出版されるや200万部以上を売り上げた自伝『プライベート・パーツ』を、自身の主演で映画化。監督は『ゆかいなブレディ一家』(V)のベティ・トーマス、脚本は「ベートーベン2」のレン・ブラムとマイケル・カレスニコ。製作は「SPACE JAM」のアイヴァン・ライトマン、製作総指揮はダニエル・ゴールドバーグ、ジョー・メダック、キース・サンプルズ。撮影は「フィーリング・ミネソタ」のウォルト・ロイド、音楽はピーター・アフターマン、美術はチャルズ・ローゼン、編集はピーター・テスクナーが担当。共演は「34丁目の奇跡」のメアリー・マコーミック、「フェイク」のポール・ジャマッティのほか、ロビン・クイヴァース、フレッド・ノリス、ジャッキー・マートリングと3人の“ハワード・ファミリー”が自身の役で出演するほか、ミュージシャンのAC/DC、オジー・オズボーン、ハマー、スラッシュらミュージシャン、スーパーモデルのキャロル・アルトらが友情出演している。

監督
ベティ・トーマス
出演キャスト
ハワード・スターン ロビン・クイヴァース メアリー・マコーマック フレッド・ノリス

ファーザーズ・デイ

  • 1997年11月8日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

互いに自分こそ父親だと主張して譲らぬ2人の中年男性が、1人の少年を巡って争いながら珍道中を繰り広げるロードムービー・コメディ。ロビン・ウィリアムズとビリー・クリスタルという当代の芸達者たちの丁々発止のやり取り(映画では初共演)が笑いを誘う。フランシス・ベイベール監督、ピエール・リシャール、ジェラール・ドパルデュー主演のフランス映画「Les Comperes」(84)を、「ジュニア」のアイヴァン・ライトマンの監督・製作でリメイク。脚本は「彼と彼女の第2章」「クローンズ」などのコンビ、ローウェル・ガンツとババルー・マンデル。製作は「陰謀のセオリー」のジョエル・シルヴァーとライトマンの共同。製作総指揮は「SPACE JAM」のジョー・メダックとダニエル・ゴールドバーグ、撮影は「カリートの道」のスティーヴン・H・ブラム、音楽は「SPACE JAM」のジェームズ・ニュートン・ハワードで、ポール・マッカートニーのテーマ曲『ヤング・ボーイ』『ザ・ワールド・トゥナイト』のほか、シュガー・レイ、スペシャルズ、ライル・ラヴェットら多彩な挿入曲が全編に流れる。編集は「SPACE JAM」のシェルダン・カーンと「ジュニア」のウェンディ・グリーン・ブリックモント、衣裳は「身代金」のリタ・ライアック。主演は「ジャック」のロビン・ウィリアムズと「彼と彼女の第2章」のビリー・クリスタル。共演は「ターミナル・ベロシティ」のナスターシャ・キンスキー、「BOYS」のチャーリー・ホフハイマー、「ノース/ちいさな旅人」のジュリア・ルイス=ドレイファスほか。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ ビリー・クリスタル ジュリア・ルイス・ドレイファス ナスターシャ・キンスキー

SPACE JAM

  • 1997年4月26日(土)公開
  • 製作

NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンとアニメの人気者バッグス・バニーら“ルーニー・テューンズ”の面々が、一致団結してバスケットボールの試合に臨むというファンタジー・コメディ。アニメと実写の合成による、両者の“共演”が見もの。監督はジョーダンが出演したCMを手掛け、全世界にナイキ・ブームを起こしたCM演出家ジョー・ピトカで、劇場用映画は「のるかそるか」に続いて2本目。脚本は「サンタクローズ」や、実写とアニメを合成した「秘密兵器リンペット」のレオ・ベンヴェヌーティ&スティーヴ・ラドニック組と、「ツインズ」「キンダガートン・コップ」のティモシー・ハリス&ハーシェル・ワイングロッド組の共同。製作は「ジュニア」のアイヴァン・ライトマン、ジョー・メジャック、ダニエル・ゴールドバーグのトリオ。撮影は「真実の行方」のマイケル・チャップマン。音楽は「恋の闇 愛の光」のジェームズ・ニュートン・ハワードがスコアを書き、ヒップホップ系アーティストの挿入曲が全編に流れる。アニメーション・パートの監督は「ロジャー・ラビット」にも参加したブルース・スミスとトニー・セルヴォーン。出演は、自分自身の役で登場するマイケル・ジョーダンをはじめ、「誘う女」のウェイン・ナイト、「ガール6」のテレサ・ランドル、「小さな贈りもの」のビル・マーレイのほか、現役NBAブレイヤーが続々登場。また、声の出演で「マーズ・アタック!」の俳優ダニー・デヴィートが参加している。

監督
ジョー・ピトカ
出演キャスト
マイケル・ジョーダン ウェイン・ナイト テレサ・ランドル マナー・ムーキー・ワシントン
1994年

ジュニア

  • 1994年12月23日(金)公開
  • 製作総指揮

新薬開発のため自ら実験台となり、世界初の″妊夫″となった博士が巻き起こす騒動を描いたコメディ。監督アイヴァン・ライトマン、主演アーノルド・シュワルツェネッガー、ダニー・デヴィートの「ツインズ」のトリオが再結集。いかついシュワルツェネッガーが妊娠を契機に母性に目覚め、仕種や言動、さらには精神的にも女性らしくなるあたりの珍演が笑いを誘う。製作・監督は「デーヴ」など、コメディ映画のヒット作を次々と放つアイヴァン・ライトマン。脚本はクリス・コンラッドとケヴィン・ウェイドの共同。撮影は「ターミネーター」2部作や「デーヴ」のアダム・グリーンバーグ、音楽は「プリティ・ウーマン」「わかれ路(1994)」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「シングルス」のスティーブン・J・ラインウィーヴァー、衣装は2度のアカデミー賞を受賞した「ペリカン文書」のアルバート・ウォルスキー、編集と製作補は「デーヴ」のシェルドン・カーンがそれぞれ担当。共演は「ハワーズ・エンド」「父の祈りを」と出演作が相次ぐエマ・トンプソン、「キンダガートン・コップ」のパメラ・リードら。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー ダニー・デヴィート エマ・トンプソン フランク・ランジェラ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダニエル・ゴールドバーグ