TOP > 映画監督・俳優を探す > マリオン・シリング

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1931年 まで合計3映画作品)

1931年

滅びゆく凱歌

  • 1931年
  • 出演(Ina 役)

ホレース・ジャクスン及びジェームズ・グリースン両氏がストーリーを組み立て脚色したものによって「船出の朝」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「海の荒鷲(1933)」「赤ちゃん母さん」のノーバート・ブロディンが撮影した映画で、主なる出演者は「脱走兵物語」「非常警戒」のビル・ボイド、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、ラッセル・グリースン、新進マリオン・シリング、「毒瓦斬」のリシー・アルナ、ルー・コディー、フレッド・スコット、メアリー・カー、ウェード・ボトラー、セオドア・フォン・エルツなどである。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ビル・ボイド ザス・ピッツ ルー・コディ マリオン・シリング

ドノヴァン・キッド

  • 1931年
  • 出演(Kitty_Costello 役)

「シマロン(1931)」のリチャード・ディックスが主演する映画で、「略奪者」の作者レックス・ビーチの原作小説Big_Brotherを「愛の医者」「恋愛運動場」のJ・ウォルター・ルーベンが脚色して台詞をつけ、「生ける屍」「世界の与太者」のフレッド・ニブロが監督、「シマロン(1931)」「南海の劫火(1932)」のエドワード・クロンジェガーが撮影に当たったもの。助演者は「チャンプ(1931)」「スーキー」のジャッキー・クーパーを始め、「滅び行く凱歌」のマリオン・シリング、「フランケンシュタイン(1931)」のボリス・カーロフ、フランク・シェリダン、フレッド・ケルシー等。これはすべてパラマウントで製作されたアラン・ドワン監督作品「兄貴」と同じ原作の映画化である。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
リチャード・ディックス ジャッキー・クーパー マリオン・シリング フランク・シェリダン
1930年

アパートの殺人

  • 1930年
  • 出演(Edith_Wentworth 役)

「ベンスン殺人事件」「命を賭ける男(1930)」と同じくウィリアム・パウエル主演映画で、ジョン・A・モロスコ作の小説に基づいてマックス・マーシンが書き下ろした物語を、「七日間の休暇」「三週間」のジョン・ファーロウが脚色し、「桃色の盗賊」「暗い部屋」のルイ・ガスニエが監督、「命を賭ける男(1930)」「七日間の休暇」チャールズ・ラン氏が撮影したものである。助演は新進のマリオン・シリング、「ベンスン殺人事件」「ハヴァナから来た女」のナタリー・ムーアヘッド、「命を賭ける男(1930)」「青春の幻想」のレジス・トゥーミー。その他ポール・ハースト、フレデリック・バート等も出演している。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ウィリアム・パウエル マリオン・シリング ナタリー・ムーアヘッド レジス・トゥーミー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マリオン・シリング

ムービーウォーカー 上へ戻る