映画-Movie Walker > 人物を探す > クリスティーナ・ボーデン

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2015年 まで合計9映画作品)

2015年

ラブストーリーズ コナーの涙

  • 2015年2月14日(土)公開
  • 編集

ニューヨークを舞台に一組の夫婦の別れから再生までを夫の視点から描く。妻の視点から描いた「ラブストーリーズ エリナーの愛情」も同時公開。監督・脚本は、本作が長編初監督のネッド・ベンソン。出演は、「X-MEN:フューチャー&パスト」のジェームズ・マカヴォイ。第67回カンヌ国際映画祭ある視点部門出品作品。

監督
ネッド・ベンソン
出演キャスト
ジェシカ・チャステイン ジェームズ・マカヴォイ ヴィオラ・デイヴィス ライアン・エッゴールド
2009年

HACHI 約束の犬

  • 2009年8月8日(土)公開
  • 編集

日本人にはおなじみの忠犬ハチ公の物語をリチャード・ギアを主演に迎え、ハリウッドで映画化。アメリカ東海岸に舞台を移し、大学教授と彼に拾われた秋田犬との絆を描く。

監督
ラッセ・ハルストレム
出演キャスト
リチャード・ギア ジョーン・アレン サラ・ローマー ケイリー=ヒロユキ・タガワ
2007年

毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト

  • 2007年5月26日(土)公開
  • 編集

ニコール・キッドマンが実在の写真家ダイアン・アーバスに扮した官能的なドラマ。貞淑な女性がみだらな欲望に目覚めていくさまを、幻想的なムードの映像で描き出す。

監督
スティーヴン・シャインバーグ
出演キャスト
ニコール・キッドマン ロバート・ダウニーJr. タイ・バレル ハリス・ユーリン

ダウト

  • 2007年3月3日(土)公開
  • 編集

人気ラッパー、LL・クール・J主演のサスペンス。正当防衛によるレイプ犯殺害事件の裏にひそむ驚愕の事実が、予測不可能な展開で緊迫感たっぷりに描かれる。

監督
ウェイン・ビーチ
出演キャスト
レイ・リオッタ LL・クール・J メキー・ファイファー ジョリーン・ブラロック
2003年

ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター

  • 2003年11月1日(土)公開
  • 編集

実在した人気テレビ俳優ボブ・クレインの栄光と挫折を描く、辛口の人間ドラマ。一瞬の名声におぼれたあげく不審な死をとげたスターの、ゆがんでしまった人間性に鋭く迫る。

監督
ポール・シュレイダー
出演キャスト
グレッグ・キニア ウィレム・デフォー リタ・ウィルソン マリア・ベロ
2001年

ハムレット

  • 2001年1月20日(土)公開
  • 編集

原作の設定や台詞はそのままに、舞台を12世紀のデンマーク宮廷から現代のアメリカ大企業に移行。最新デジタル・ツールを駆使したスタイリッシュな愛憎ドラマが展開。

監督
マイケル・アルメレイダ
出演キャスト
イーサン・ホーク カイル・マクラクラン サム・シェパード ダイアン・ヴェノーラ
1997年

カーマ・スートラ愛の教科書

  • 1997年4月19日(土)公開
  • 編集

古代インドの愛の聖典『カーマ・スートラ』をモチーフに、運命の波に翻弄されながらも力強く生き抜いた2人の女の姿を、エロチシズムを交えて描く人間ドラマ。監督は「サラーム・ボンベイ!」「太陽に抱かれて」のインド出身の女性監督ミラ・ナイール。脚本は、南アフリカで舞台戯曲を手掛けてきたヘレナ・クリエルとナイールのオリジナル。製作は「太陽に抱かれて」の女性プロデューサー、リディア・ディーン・ピルチャーとナイール、製作総指揮は「バスキア」のミチヨ・ヨシザキ。撮影は「リービング・ラスベガス」のデクラン・クイン、音楽は「エキゾチカ」のマイケル・ダナ、見事な時代考証で当時のインドの町並みを再現した美術は、ウディ・アレン作品の美術補として腕を磨いてきた「太陽に抱かれて」のマーク・フリードバーグ、衣裳も同作のエドゥアルド・カストロ、編集は「カリートの道」のクリスティーナ・ボーデン。出演は、本作がデビューの新星インディラ・ヴァルマと、ナイール監督の「ミシシッピー・マサラ」でデビューした、「愛と精霊の家」などのサリター・チョウドリー。共演は「イングリッシュ・ペイシェント」のナヴィーン・アンドリュース、インド映画界を代表するベテラン女優のレカほか。

監督
ミーラー・ナイール
出演キャスト
インディラ・ヴァルマ サリター・チョウドリー ラモン・ティカラム ナヴィーン・アンドリュース
1994年

カリートの道

  • 1994年4月23日(土)公開
  • 編集

愛する女のために足を洗おうとしながらも、周囲によっていやおうなく再び悪に手を染めざるをえなくなる男の姿を描いた犯罪ドラマ。「スカーフェイス」以来、10年ぶりにアル・パチーノとブライアン・デ・パルマがコンビが組んだ。元ニューヨーク州最高判事のエドウィン・トレスの2編の小説Calito'sWayとAfterHoursを原作に、「ジュラシック・パーク」のデイヴィッド・コープが脚本を執筆、「レイジング・ケイン」のブライアン・デ・パルマの監督で映画化。撮影は「ボディ・ダブル」「アンタッチャブル」などで監督とコンビを組んだスティーブン・H・ブラム。音楽は「愛と死の間で」のパトリック・ドイルで、ジョー・コッカーの『ユー・アー・ソー・ビューティフル』などの70年代のヒットナンバーが効果的に使われている。美術は「ディック・トレイシー」などで2度アカデミー賞を受賞したリチャード・シルバート。主演は「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のアル・パチーノ。共演は「カジュアリティーズ」のショーン・ペンほか。

監督
ブライアン・デ・パルマ
出演キャスト
アル・パチーノ ショーン・ペン ペネロープ・アン・ミラー ジョン・レグイザモ

ライト・スリーパー

  • 1994年3月11日(金)公開
  • 編集

「タクシー・ドライバー」の脚本家のポール・シュレイダーが、ニューヨークに生きる孤独な男の物語を、同作の主人公トラヴィスの後日譚を思わせるような設定で描くシリアスな人間ドラマ。監督・脚本はシュレイダー、製作はリンダ・レイズマン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「クリフハンガー」のマリオ・カサール、撮影はエド・ラックマン、音楽はマイケル・ビーンが担当。衣装の製作をジョルジョ・アルマーニが手掛けている。主人公の麻薬のバイヤーには「プラトーン」「最後の誘惑」のウィレム・デフォー。共演には近年演技が高く評価されている「テルマ&ルイーズ」「依頼人」のスーザン・サランドン、「トゥームストーン」のダナ・デラニー、シュレイダー監督の夫人でもあるメリー・ベス・ハートなど一流の女優陣がそろっている。

監督
ポール・シュレイダー
出演キャスト
ウィレム・デフォー スーザン・サランドン ダナ・デラニー デイヴィッド・クレノン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クリスティーナ・ボーデン