映画-Movie Walker > 人物を探す > フレッド・マクマレイ

年代別 映画作品( 1935年 ~ 1978年 まで合計43映画作品)

1978年

スウォーム

  • 1978年8月5日(土)公開
  • 出演(Clarence 役)

南アメリカから襲来した殺人蜂の大群が合衆国をめざして進んだ場合、どんな大惨事が起きるかを描く。製作総指揮はシドニー・マーシャルとアル・ゲイル、製作・監督はアーウィン・アレン、脚本はスターリング・シリファント、原作はアーサー・ハーツォグ、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はハロルド・F・クレス、特殊効果はハワード・ジェンセンが各々担当。出演はマイケル・ケイン、キャサリン・ロス、リチャード・ウィドマーク、リチャード・チェンバレン、オリヴィア・デ・ハビランド、ベン・ジョンソン、リー・グラント、ホセ・フェラー、パティ・デューク・アスティン、スリム・ピケンズ、ブラッドフォード・ディルマン、フレッド・マクマレイ、ヘンリー・フォンダなど。

監督
アーウィン・アレン
出演キャスト
マイケル・ケイン キャサリン・ロス リチャード・ウィドマーク リチャード・チェンバレン
1968年

歌声は青空高く

  • 1968年8月17日(土)公開
  • 出演(Lemuel_Siddons 役)

ピューリッツァ賞受賞作家マッキンレー・カンターの小説を、ルイス・ペリティアが脚色、「最高にしあわせ」のノーマン・トーカーが監督した。撮影は、クリフォード・スタイン、音楽は、ジョージ・ブランスが担当している。出演は「最高にしあわせ」のフレッド・マクマレイ、「われらキャロウェイ」のヴェラ・マイルズ、「許されざる者(1960)」のリリアン・ギッシュ、チャールズ・ラグルズ、カート・ラッセルなど。製作は、ウィンストン・ヒブラー。

監督
ノーマン・トーカー
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ヴェラ・マイルズ リリアン・ギッシュ チャールズ・ラグルズ

最高にしあわせ

  • 1968年3月9日(土)公開
  • 出演(Biddle 役)

原作はコーデリア・ドレクセル・ビドルの自伝小説。この小説は彼女とカイル・クライトンの共著である。脚色は「白馬奪回作戦」のA・J・キャロザーズ、監督は「猛犬ご注意」のノーマン・トーカーが担当したミュージカル。撮影は「メリー・ポピンズ」のエドワード・コールマン、音楽は、やはり「メリー・ポピンズ」のリチャード・M・シャーマンとロバート・B・シャーマンのディズニー映画の秘蔵っ子コンビ、音楽監督ならびに編曲・指揮をジャック・エリオットが担当した。振り付けは「メリー・ポピンズ」「サウンド・オブ・ミュージック」のマーク・ブローとディ・ディ・ウッドのコンビ。出演はフレッド・マクマレイとグリア・ガースンのベテランが夫妻役を、舞台「心を繋ぐ6ペンス」で大ヒットをとばしたトミー・スティール、「渇いた太陽」のジェラルディン・ペイジ、これが映画デビューのレスリー・アン・ウォーレンほか。なお、ディズニー映画の製作担当副社長のビル・アンダーソンが共同製作にあたっている。

監督
ノーマン・トーカー
出演キャスト
フレッド・マクマレイ グリア・ガースン トミー・スティール ジェラルディン・ペイジ
1965年

彼氏はトップレディ

  • 1965年4月15日(木)公開
  • 出演(Thad_McCloud 役)

ロバート・G・ケーンの原案を、彼とクロード・ビニヨンが共同脚色し、「わが愛は終りなし」のカーティス・バーンハートが製作・監督したコメディ。撮影は「モガンボ」のロバート・サーティース、音楽は「リリー」のブロニスロー・ケイパーが担当した。出演は「フラバァ・デラックス(新フラバー)」のフレッド・マクマレイ、「女房は生きていた」のポリー・バーゲン、「OK牧場の決斗」のアーリン・ダール、「勝利者(1963)」のイーライ・ウォラック、アーナ・カプリ、ロニー・ダポ、エドワード・アンドリュースなど。

監督
カーティス・バーンハート
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ポリー・バーゲン アーレン・ダール エドワード・アンドリュース
1964年

フラバァ・デラックス

  • 1964年8月8日(土)公開
  • 出演(Prof._Ned_Brainard 役)

「うっかり博士の大発明 フラバァ」の続編。監督はロバート・スティーヴンソン、サミュエル・W・テイラーの原作をビル・ウォルシュとドン・ダグラディが共同脚色、撮影はエドワード・コールマン、音楽はジョージ・ブランス、編集はコットン・ウォーバートンが各々担当。出演はフレッド・マクマレイ、ナンシー・オルソン、キーナン・ウィン、トミー・カークなど。71年「新フラバー」の邦題で再封切。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ナンシー・オルソン キーナン・ウィン トミー・カーク
1963年

パリよこんにちは!

  • 1963年10月12日(土)公開
  • 出演(Harry_Willard 役)

ウォルト・ディズニー製作。監督は「ムーン・パイロット」のジェームズ・ニールソン、原作はメリジェイン・ヘイスとジョセフ・ヘイス。脚色はビル・ウォルシュ、撮影はウィリアム・スナイダー、音楽はポール・スミスが担当している。出演者には、「ボクはむく犬」のフレッド・マクマレイ、「ポリアンナ」のジェーン・ワイマン、「コルドラへの道」のマイケル・カラン、「汚れなき瞳」のケヴィン・コーコラン、「ムーン・パイロット」のトミー・カークなど。

監督
ジェームズ・ニールソン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ジェーン・ワイマン マイケル・カラン デボラ・ウォーリー
1961年

絞首台の決斗

  • 1961年11月17日(金)公開
  • 出演(Ben 役)

ジョン・リースの、原作を映画化した西部劇。監督はネイサン・ジュラン。脚色に当たったのはダニエル・B・ウルマンとモーリス・ジム。撮影はヘンリー・フロイリッヒ。出演するのはフレッド・マクマレイ、マギー・ヘイスなど。

監督
ネイサン・ジュラン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ マギー・ヘイス ロバート・ヴォーン ジョーン・ブラックマン

うっかり博士の大発明 フラバァ

  • 1961年7月29日(土)公開
  • 出演(Ned_Brainard 役)

健忘症の化学教授が発見した「フラバァ」なる物質をめぐる喜劇。サミュエル・W・テイラーの原作を「サーカス小僧」のビル・ウォルシュが脚色、「海賊船」のロバート・スティーヴンスンが監督。撮影監督はエドワード・コールマン、作曲はジョージ・ブランス。出演は「ボクはむく犬」のフレッド・マクマレイ、「黄色い老犬」のトミー・カーク、ほかにキーナン・ウィン、エド・ウィン、フォレスト・ルイス、ジェイムス・ウェスターフィールドなど。ビデオ化の際カラー化され「フラバー うっかり博士の大発明」と改題された。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ナンシー・オルソン トミー・カーク キーナン・ウィン

ララミー砦

  • 1961年7月9日(日)公開
  • 出演(Harris 役)

開拓時代のアメリカを舞台に、アメリカ、イギリス両国のオレゴン地方境界紛争を描いた西部劇。ルイス・ヴィッテスの原作をルイス・ヴィッテス自身とジーン・ファウラー・ジュニアが脚色。監督に当たったのは「大海戦史」を作ったジーン・ファウラーの息子であるジーン・ファクラー・ジュニア。撮影を担当したのはTV出身のケイ・ノートン。音楽はポール・ダンラップ。出演するのは「アパートの鍵貸します」のフレッド・マクマレイの他グロリア・タルボット、ウィリアム・ビショップ、ジョン・キャラダインなど。製作はリチャード・エンフェルド。

監督
ジーン・ファウラー・ジュニア
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ウィリアム・ビショップ ニナ・シップマン グロリア・タルボット
1960年

アパートの鍵貸します

  • 1960年10月8日(土)公開
  • 出演(J._D._Sheldrake 役)

ビリー・ワイルダーが「お熱いのがお好き」につづいて製作・監督したロマンチック・コメディ。脚色は前作と同様、ワイルダーとI・A・L・ダイアモンドの共同。撮影監督はジョセフ・ラシェル、音楽はアドルフ・ドイッチェ。出演は「お熱いのがお好き」のジャック・レモン、「恋の売り込み作戦」のシャーリー・マクレーン、「ボクはむく犬」のフレッド・マクマレイのほか、レイ・ウォルストン、デイヴィッド・ルイスほか。製作補佐をドーン・ハリソン及びI・A・L・ダイアモンドが務める。

監督
ビリー・ワイルダー
出演キャスト
ジャック・レモン シャーリー・マクレーン フレッド・マクマレイ レイ・ウォルストン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フレッド・マクマレイ