映画-Movie Walker > 人物を探す > ハラム・クーリー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1932年 まで合計28映画作品)

1932年

フリスコ・ジェニー

  • 1932年公開
  • 出演(Willie_Gleason 役)

かつてパラマウントに在社して「素晴らしい嘘」「激流を横切る女」等に主演したルース・チャッタートンがワーナーに入社して後の作品で、「母」「つばさの天使」「餓ゆるアメリカ」等と同じくウィリアム・A・ウェルマンの監督したものである。原作はジェラルド・ボーモン、ウィリー・ヘイワード、ジョン・フランシス・ラーキン3氏の合作した小説で、これを「拳闘のキャグネー」「餓ゆるアメリカ」と同じくウィルソン・ミズナー、ロバート・ロードの2人が脚色した。助演する人々は「紅唇罪あり」「ジェニイの一生」のドナルド・クック、「絶対の秘密」「春なき二万年」のルイス・カルハーン、「スーキー」のヘレン・ジェローム・エディーー、「狂恋のつばさ」のジェームズ・魔令、そのほか、ロバート・エメット・オコナー、パット・オマリー、ノール・フランシス、等である。カメラは「母」「天晴れウォング」等と同じくシッド・ヒコクスの担任。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ルース・チャッタートン ドナルド・クック ジェームズ・マレイ ルイス・カルハーン
1931年

男性の血潮

  • 1931年公開
  • 出演(Ludeking 役)

「踊るカレッジ」「青空」のフレデリック・ハズリット・ブレナン執筆になる小説から「ハレルヤ」「ビリー・ザ・キッド」のワンダ・タショック、「マダムX」「ウォール街の女將」のウィラード・マックの二人が協力してシナリオを作成し、「緑の処女地」「肉体の呼ぶ声」のチャールズ・ブレイビンが監督に当たったもので主なる出演者は「無冠の帝王」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブル、「戦う隊商」「燃ゆる海原」のアーネスト・トーレンス、マッジ・エヴァンス、「間諜X27」のルー・コディ、「希望の星」のマリイ・プレヴォー、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「ルンペンの天国」のハラム・クーリー、ジョン・ラーキン、ユージン・ジャクソン等。カメラは「マダム・サタン」「南方の放浪者」のハロルド・ロッソンが担当。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル アーネスト・トーレンス マッジ・エヴァンス ルー・コディ
1930年

アパートの女

  • 1930年公開
  • 出演(Bunch 役)

「男・女・妻」「北欧の海賊」のポーリン・スターク、「危険大歓迎」「足が第一」のバーバラ・ケント、「感傷の秋」「青春の夢(1929)」のベン・ライオンが主演する映画。原作は「底抜け騒ぎ」のワーナー・フェビアンで「海魔」のドロシー・ヨーストと、ジャック・クライマーとが脚色台詞を担当し、「氷原の侠児」「踊り子フェリス」ノエルンスト・レムレが監督し、撮影は「ロモラ」「ネル・ギン」のロイ・オーヴァーバウ。その他助演者には「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス、「デパート娘大学」のカーメリタ・ジェラティ、「おしゃれ哲学」のハラム・クーリー等が顔をそえている。

監督
エルンスト・レムレ
出演キャスト
ポーリン・スターク ベン・ライオン バーバラ・ケント ロバート・エリス

ルンペンの天国

  • 1930年公開
  • 出演(Throckmorton 役)

「1930年フォックス・フォリース」「ハッピイ・デイス」と同じくベンジャミン・ストロフ監督作品で、漫画家として名あるルーブ・ゴールドバーグが原作、台詞を執筆し「友愛天国」「ドノヴァン」のハワード・J・グリーンが脚色した。主役は米国ヴォードヴィル界の一方の雄たるテッド・ヒーリーが演じ、「キング・オブ・ジャズ」「有頂天時代(1930)」のスタンリー・スミス、ニューヨーク喜劇女優のフランセス・マッコーイ、「曠原の血煙」のルシル・ブラウン、舞台俳優チャールズ・ウィニンジャー等が助演している。カメラは「ハヴァナから来た女」「紐育萬華響」のジョセフ・ヴァレンタインが担当している。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
テッド・ヒーリー フランセス・マッコーイ スタンリー・スミス ルシル・ブラウン
1929年

開放娘

  • 1929年公開
  • 出演(Wilfred_Meadows 役)

「マネキンの夢」「高速度尖端娘」と同じくウィリアム・ボーディン氏監督作品で、アーネスト・パスカル氏作の小説を「野球王」「青春狂想曲」のレイ・ハリス氏が脚色した。主演者は「医者の秘密」「情炎の美姫」のH・B・ワーナー氏、「世話女房」「ローンウルフ」のロイス・ウィルソン嬢、「ギャング・ワー」「寝巻」のオリーヴ・ボーデン嬢で、ハラム・クーリー氏、ジェームズ・フォード氏、キャスリン・ウィリアムス嬢、アイリーン・マニング嬢等が助演している。キャメラは「愛の曳綱」「闇の巷」のアーネスト・ホーラー氏担当。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
H・B・ワーナー ロイス・ウィルソン オリーヴ・ボーデン ハラム・クーリー

今夜12時

  • 1929年公開
  • 出演(Bill_Warren 役)

「アンクル・トムス・ケヴィン」「ショーボート」のハリー・ポラード氏が監督した映画でオーウェン・デヴィス氏の原作から「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏が撮影台本を作ったものでキャメラは「暇の時」のジェローム・アッシュ氏が担任した。主役を演ずるのは「母どよく知る」「地の極みまで」のマッジ・ベラミー嬢、「青春ジャズ大学」「大学生活」のジョージ・ルイズ氏で、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィンクストン嬢、「ブロードウェイ・メロディー」のメアリー・ドーラン嬢、ヴェラ・レイノルズ嬢、マデリン・セイモア夫人、その他が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョージ・ルイス ロバート・エリス マデリン・セイモア

特だね記事

  • 1929年公開
  • 出演(Fancy 役)

「土曜日の乙女」「處女の危期」のグランド・ウィザース氏が主役を演ずる映画で、ジェームズ・エイ・スター氏が書下した物語を「恋に身を焼く」のジョセフ・ジャクソン氏が脚色し、「男装女キャプテン」のジョン・G・アドルフィ氏が監督したものである。助演者は「赤い唇」「愛欲の絆」のマリアン・ニクソン嬢を始め、「やんちゃポーリン」「マネキンガール」のポーリン・ギャロン嬢、「娘一人に婿百人」「娘乱暴記」のエドモンド・ブリーズ氏、「懐しのアリゾナ」のフランク・キャムボー氏、「名物3羽烏」のクライド・クック氏、等である。

監督
ジョン・G・アドルフィ
出演キャスト
グラント・ウィザース マリアン・ニクソン エドモンド・ブリーズ ポーリン・ギャロン
1927年

おしゃれ哲学

  • 1927年公開
  • 出演(Art 役)

「雲晴れて愛は輝く」「タイタニック」等出演のヴァージニア・ヴァリ嬢の主演する映画で、「風雲のゼンダ城」「結婚前」等を監督したヴィクター・ヒアマン氏が自ら原作を書きしかして監督したものである。脚色したのはレジナルド・モリス氏。ヴァリ嬢の相手役は「踵の魅惑」「電話姫」等出演のローレンス・グレイ氏で、その他「モガ地獄」のアール・フォックス氏、「蠻婚崇拜」のハラム・クーリー氏、新進のナンシー・キャロル嬢などが助演する。

監督
ヴィクター・ヒアマン
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ ローレンス・グレイ ナンシー・キャロル ハラム・クーリー

グリフィスの婚礼屋

  • 1927年公開
  • 出演(Tom_Milbank 役)

「ペンキ塗り立て」に続いて製作されたレイモンド・グリフィス氏主演喜劇で、グローヴァ・ジョーンズ氏、キーン・トンプソン氏、ロイド・コリガン氏合作の映画台本によって「奥様お耳拝借」「弱虫大手柄」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督したもの。グリフィス氏の相手役は新進花形アン・シエリダン嬢が勤め、ハラム・クーリー氏、アイリス・ステユアート嬢、ブイヴァン・オークランド嬢などが助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
レイモンド・グリフィス アン・シェリダン ハラム・クーリー アイリス・スチュアート

恋せよ乙女

  • 1927年公開
  • 出演(Tom_Warren 役)

「想い叶えて」「娘新奮両面鏡」に次いで製作されたコリーン・ムーア嬢主演喜劇でハワード・アーヴィング・ヤング氏作の物語に基いてジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し、「桃色女白浪」「恋愛大拡張」「芝居の世の中」と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督した。助演者は「鉄條網」「喧嘩友達」等に出演したラリー・ケント氏、「男見るべからず」「蠻婚崇拝」等のハラム・クーリー氏、「想い叶えて」のグウェン・リー嬢等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コリーン・ムーア ラリー・ケント ハラム・クーリー グウェン・リー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハラム・クーリー