映画-Movie Walker > 人物を探す > ロブ・モロウ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2008年 まで合計4映画作品)

2008年

最高の人生の見つけ方(2007)

  • 2008年5月10日(土)公開
  • 出演(ホリンズ医師 役)

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン共演の感動作。共に余命わずかの富豪と自動車整備工が出会い、やり残したことを叶えようとする旅の様子を笑いと涙でつづる。

監督
ロブ・ライナー
出演キャスト
ジャック・ニコルソン モーガン・フリーマン ショーン・ヘイズ ロブ・モロウ
2004年

卒業の朝

  • 2004年3月27日(土)公開
  • 出演(James Ellerby 役)

実力派俳優ケビン・クライン主演による学園ドラマ。熱意に燃える高潔な教師がひとりの問題児との確執の果てに挫折を味わい、後年の生徒との再会を経て人生を振り返る姿を感動的に描く。

監督
マイケル・ホフマン
出演キャスト
ケヴィン・クライン エミール・ハーシュ エンベス・デイヴィッツ ロブ・モロウ
1996年

ラストダンス

  • 1996年6月15日(土)公開
  • 出演(Rick Hayes 役)

死刑囚の女性と彼女を救おうとする弁護士の、極限の日々に激しく熱く燃えた愛を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ドライビング・MISS・デイジー」のブルース・ベレスフォード。製作も兼ねるスティーブン・ハフトと、「家族の絆」「眠れぬ夜のために」のロン・コスローの原案を、コスロウが脚色。エグゼクィヴ・プロデューサーはリチャード・ルーク・ロスチャイルド。撮影はピーター・ジェームズ、音楽は「ショート・カッツ」のマーク・アイシャム、美術はジョン・ストッダート、編集はジョン・ブルームが担当。主演は「カジノ」のシャロン・ストーンで、華美な衣裳もなく、ほとんどノー・メイクで難役に挑んで微妙な役柄を演じきっている。相手役に「クイズ・ショウ」のロブ・モロウ。「ザ・ペーパー」のランディ・クエイド、「蒼い記憶」のピーター・ギャラガーらが脇を固めている。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
シャロン・ストーン ロブ・モロウ ランディ・クエイド ピーター・ギャラガー
1995年

クイズ・ショウ

  • 1995年3月25日(土)公開
  • 出演(Dick Goodwin 役)

50年代にアメリカで起こったテレビ・スキャンダルの実話を基に、アメリカの道徳観と、テレピというメディアの持つ影響力の脅威を描いた一編。パワフルかつ繊細な演出を見せた監督は、俳優であると同時に「普通の人々」「リバー・ランズ・スルー・イット」といった秀作を発表しているロバート・レッドフォード。原作は、共同製作にも名を連ねるリチャード・N・グッドウィンの『Remembering America : A voice from Sixties』に所収の一章『Investing The Quiz Show 』に基づいている。脚本は映画評論家出身で「ディスクロージャー」のポール・アタナシオ。製作はレッドフォード、マイケル・ジェイコブス、ジュリアン・クレイニン、マイケル・ノジクの共同。エクゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・ペーパー」のフレデリック・ゾロ、俳優としても活躍するリチャード・ドレイファスと彼のパートナーのジュディス・ジェイムズ。撮影は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のミハエル・バルハウス、音楽は「ショート・カッツ」のマーク・アイシャム、美術は「リトルマン・テイト」のジョン・ハットマン、編集は「トイズ」のステュー・リンダー、衣装は「34丁目の奇跡(1994)」のキャシー・オレアがそれぞれ担当。主演は「バートン・フィンク」「フィアレス」のジョン・タトゥーロ、「シンドラーのリスト」のレイフ・ファインズ、舞台やテレビで活躍するロブ・モロウ。「マイセン幻影」のポール・スコフィールド、「アフター・アワーズ」のグリフィン・ダンらが助演するほか、マーティン・スコセッシとバリー・レヴィンソンの両監督が特別出演し、イーサン・ホークがカメオ出演している。

監督
ロバート・レッドフォード
出演キャスト
ジョン・タトゥーロ ロブ・モロウ レイフ・ファインズ ポール・スコフィールド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロブ・モロウ