映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョナサン・シェック

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2019年 まで合計10映画作品)

2019年

デス・ショット

  • 2019年2月9日(土)公開
  • 出演(Gabriel 役)

ブルース・ウィリスと「スカイライン 奪還」のフランク・グリロ共演によるクライム・アクション。全米を震撼させる正体不明の連続銀行襲撃事件が発生。容疑をかけられた銀行員ジェイコブは、隣家に住む元警官のジェームスに協力を求め、独自に捜査を開始する。脇を固めるのは「キング・ホステージ」のジョナサン・シェック、「レスラー」のワス・スティーヴンス、「ストレンジャー・プロジェクト」のコリン・エッグレスフィールド。撮影は「ネイビーシールズ:チーム6」のピーター・ホランド。音楽を「リメインズ 死霊の棲む館」のジオナ・オスティネッリと新進女性コンポーザーのソニヤ・ベロウソワが担当。監督は「コードネーム:プリンス」「デッド・シティ2055」のブライアン・A・ミラー。

監督
ブライアン・A・ミラー
出演キャスト
フランク・グリロ ブルース・ウィリス オリビア・カルポ ジョナサン・シェック
2018年

ジャッカルズ

  • 2018年1月6日(土)公開
  • 出演(Andrew Powell 役)

「ソウ」シリーズのケヴィン・グルタートによる80年代の実話に基づくスリラー。カルト対策の専門家ジミーを雇い、カルト教団に入信した息子を山荘に監禁したパウエル一家。しかしその夜、カルト集団ジャッカルズが山荘を包囲し、ゆっくりと攻撃を開始する。出演は、「サイレントヒル」のデボラ・カーラ・アンガー、「ブレイド」のスティーヴン・ドーフ。未体験ゾーンの映画たち2018にて上映。

監督
ケヴィン・グルタート
出演キャスト
デボラ・カーラ・アンガー スティーヴン・ドーフ ジョナサン・シェック ベン・サリバン
2017年

キング・ホステージ

  • 2017年7月26日(水)公開
  • 出演(Mikey 役)

「パシフィック・ウォー」のニコラス・ケイジ主演の犯罪アクション。裏社会を牛耳るキングは街の成功者J・Pの兄のチンピラを誘拐し、35万ドルの身代金を要求する。J・Pは友人のサル刑事を通して警察に相談するが、狂言誘拐だと取り合ってもらえない。出演は、「セル」のジョン・キューザック、ドラマ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』のエイドリアン・グレニアー、「デッド・シティ2055」のジョナサン・シェック、「マローダーズ 襲撃者」のリディア・ハル、ニコラス・ケイジの兄で「プレデターX」監督のクリストファー・コッポラ。カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2017にて上映。

監督
スティーヴン・C・ミラー
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ジョン・キューザック エイドリアン・グレニアー ジョナサン・シェック

マローダーズ/襲撃者

  • 2017年6月24日(土)公開
  • 出演(Mims 役)

「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス主演のクライムアクション。銀行強盗が発生し、FBI捜査官モンゴメリーが駆けつける。さらに他の銀行でも強盗事件があり、両現場から同一人物の指紋が採取される。しかし、その人物はすでに命を落としていた。出演は、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのデイヴ・バウティスタ、「マン・オブ・スティール」のクリストファー・メローニ、「プラダを着た悪魔」のエイドリアン・グレニアー。監督は、「エクストラクション」のスティーヴン・C・ミラー。

監督
スティーヴン・C・ミラー
出演キャスト
ブルース・ウィリス クリストファー・メローニ デイヴ・バウティスタ エイドリアン・グレニアー
2015年

コードネーム:プリンス

  • 2015年1月12日(月)公開
  • 出演(フランク 役)

「ダイ・ハード ラスト・デイ」のブルース・ウィリス、「スピード2」のジェイソン・パトリック、「マップ・トゥ・ザ・スターズ」のジョン・キューザック、「スピード・レーサー」のRAIN(ピ)が共演したノンストップ・ハード・アクション。妻子を殺された組織のボスとその犯人の殺し屋が、事件から10数年を経て対峙する。

監督
ブライアン・A・ミラー
出演キャスト
ブルース・ウィリス ジェイソン・パトリック ジョン・キューザック チョン・ジフン
2004年

舞台よりすてきな生活

  • 2004年12月11日(土)公開
  • 出演(Adam 役)

英国の才人ケネス・ブラナーが、売れっ子劇作家に扮して七転八倒の熱演を披露。子作り問題で悩む夫婦と隣家の孤独な少女の交流をつづるハートフルなコメディだ。

監督
マイケル・カレスニコ
出演キャスト
ケネス・ブラナー ロビン・ライト・ペン スージー・ホフリヒター リン・レッドグレーヴ
2002年

ヴァンパイア・ハンター

  • 2002年4月13日(土)公開
  • 出演(Kit 役)

ハリウッドで注目のヤングアクターたちが集結したホラー・アクション。砂漠で暴れまくるパンクなヴァンパイア軍団と、それに挑む若者たちの血みどろの死闘を描く。

監督
ジェイ・エス・カードネ
出演キャスト
カー・スミス ブレンダン・フェア イザベラ・マイコ フィーナ・オルーシェ
1998年

沈黙のジェラシー

  • 1998年10月24日(土)公開
  • 出演(Jackson Baring 役)

妊娠を機会に息子を盲愛する姑に追いつめられていく若妻の姿を描いたスリラー。監督は本作が長編劇映画デビューとなるジョナサン・ダービー。脚本はジェーン・ラスコーニ。撮影は「英国万歳!」のアンドリュー・ダン。音楽は「コピーキャット」のクリストファー・ヤング。出演は「シークレット 嵐の夜に」のジェシカ・ラング、「スライディング・ドア」のグウィネス・パルトロウ、「すべてをあなたに」のジョナサン・シェックほか。

監督
ジョナサン・ダービー
出演キャスト
ジェシカ・ラング グウィネス・パルトロウ ジョナサン・シェック ニナ・フォック
1997年

すべてをあなたに(1996)

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 出演(Jimmy 役)

64年、1曲のヒットを残して消えたロックバンドの若者たちの成功と挫折を描いた青春映画。俳優トム・ハンクスの初監督作で、「フォレスト・ガンプ 一期一会」「アポロ13」と当時のアメリカの世相を反映した映画に出演した彼が、音楽の世界からアメリカ近代史の変革にアプローチしている。劇中の楽曲は全てオリジナルで、ビートルズなど当時のヒット曲のニュアンスを完璧に再現し、ファッションや風俗なども含めたディテールの細かさが楽しい。ハンクス主演、ジョナサン・デミ監督の「フィラデルフィア」の作曲家ハワード・ショアの原案を、ハンクスが脚色。製作はジョナサン・デミ(映画監督役で出演も)、彼とクリニカ・エスティコを主宰するゲイリー・ゴーツマンとエドワード・サクソンの共同。撮影は「羊たちの沈黙」などのデミ作品や、「ジャイアント・ピーチ」のタク・フジモト。音楽もデミ組の常連ハワード・ショアがスコアを書き、ハンクスが挿入歌の作詞・作曲と共同プロデュースも担当。主演は「キルトに綴る愛」のジョナサン・シャーチ、映画初出演のトム・エヴェレット・スコット、「リアリティ・バイツ」のスティーヴ・ザーン、「白い嵐」のイーサン・エンブリー、「魅せられて」のリヴ・タイラーらの若手キャスト。ハンクス夫人で「ジングル・オール・ザ・ウェイ」のリタ・ウィルソン、「ア・フュー・グッドメン」のケヴィン・ポラック、そしてハンクス自身らが脇を固める。

監督
トム・ハンクス
出演キャスト
トム・エヴェレット・スコット リヴ・タイラー ジョナサン・シェック スティーヴ・ザーン
1996年

ドゥーム・ジェネレーション

  • 1996年7月6日(土)公開
  • 出演(Xavier Red 役)

殺人に引き込まれた三人の男女の、奇妙な三角関係と彼らの逃避行を描く異色ロードムービー。クィアー・フィルム(同性愛映画)の第一人者とされるグレッグ・アラキが、初めてメジャー資本(仏UGC)からの出資を受けた“ヘテロセクシャル(異性愛)ムーヴィー”、製作はアラキの前作「トータリー・ファックト・アップ」に引き続きアンドレア・スパーリングとアラキ自身が担当し、エグゼクティヴ・プロデューサーはニコル・アルビブ、パスカル・コーシュトゥー、グレゴリア・ソルラ、UGCからのプロデューサーはジム・スタークとシェリー・サーピン。アラキは初の35ミリ作品にあたって撮影はジム・ファーリーに任せているが、脚本と編集は例によって自ら担当している。美術はテレーズ・デプレス、衣裳はキャサリン・クーパー=トマン。出演は「トータリー・ファックト・アップ」のジェームズ・デュヴァル、CMモデルなどを経てこれがデビューとなるローズ・マクガワンほか。

監督
グレッグ・アラキ
出演キャスト
ジェームズ・デュヴァル ローズ・マッゴーワン ジョナサン・シェック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョナサン・シェック